最近随分と気温が高い日が続くようになりましたね!天気が悪い日もありますが、雨が降るたびに気温があがってくるので、ちょっと嬉しかったりもします。そしてもう少しすれば「」の開花ですよね!近所の桜の木、早くもつぼみが膨らみ始めていましたよ。

 

ちょっと早くない!?とも思いつつ、あと1ヶ月もしないうちに開花情報を聞くことになるんでしょうね!

 

あなたはお花見しますか?私は子供が産まれる前は友人等と毎年お花見をしていましたよ。子供が産まれてからはそれまでと同じ様にはいきませんが、それでもお花見を楽しんでいます。

 

そこで今日は子連れでお花見に行く場合の持ち物や注意点についてご紹介します!

お花見を子連れで行く時の持ち物

子連れでの持ち物必須品
・ウェットティッシュ
・ティッシュペーパー
・ごみ用のビニール袋
・子供用着替え
・レジャーシート
・アルミシートなどの地面からの冷たさが伝わりにくい物
・ひざ掛けや毛布
・ネームプレート
・子供用の飲み物や軽い食べ物

まず、持ち物です。子供とお出掛けの時は何を持って行きますか?ウェットティッシュティッシュペーパーごみ用のビニール袋は必ず携帯していますよね!子供が洋服を汚す恐れがある場合は着替えなども必要ですよね。

 

お花見も普段のお出掛けに持って行っているものは最低でも必要ですよね。

 

その他に、レジャーシートはお花見の際持っていくと思いますが、大人だけのときより厚めの物かアルミシートなど地面からの冷たさが伝わりにくい物を持って行くほうがいいです。

 

これだと冷え防止にもなるし、地面のゴツゴツ感がマシですよね。それに子供が寝てしまった場合も寝かしやすいですよ。

 

できれば簡単なひざ掛けや毛布などもあれば便利ですよね。それから、万が一迷子になった時のためにネームプレートなどを子供につけておくとよいですよ。 子供はじっと座ってお花見なんてできないですよね。

 

ウロウロしてしまって、人混みに紛れ込んでしまうこともないとも限りませんからね!

 

また、お弁当などを食べる予定ではなくても子供用の飲み物や軽い食べ物はあったほうがいいですよね。子供ってすぐに「喉が渇いた!」って言いませんか?我が子だけなのでしょうか(笑)

 

我が子は家を一歩でたら喉が渇くようです(笑)

 

本当に喉が渇いているのか、お出掛け中にそういうとジュースを買ってもらえると思っているのかわかりませんが、自動販売機を見ただけでも喉が渇くそうです!そのためほんとすぐそこに行く時でも飲み物はかかせません。

 

お花見の場合、飲み物が売ってないことはないでしょうが、人が多いとなかなか買えなかったり、それだけで子供がぐずってしまうこともありますよね。そのために飲み物とおやつなどちょっと持ってると便利です。

 

sponsored link

では、子連れのお花見で注意することは何でしょうか?私が考える注意点は、次の三点です!

1:花見の場所

花見というと大きな花の下でいい場所を取る!という気持ちになりますよね。でもそれは大人だけの場合です。

 

子供がいるとそうもいきませんし、そのような場所はきっと混み合っていますよね。気がついたらお隣さんのシートに進入していたなんてこともあるかもしれません。

 

そのため、花見の場所は人混みから少し離れた広い場所にするとよいです。そうすれば少々ぐずっても周りの目を気にしなくてもすみますよね。また公園での花見なら遊具が近いほうが子供は楽しめますよ。

2:子供のトイレ事情

オムツをしている場合、オムツ替えが必要なときがありますよね。でもその場での交換は絶対ダメですよ!近くには食事している人もいますからね。

 

トイレか車で行っている場合は車で交換してくださいね。また、オムツをしていない場合でも子供ってギリギリまでトイレに行きたいと言いませんから、何回も声掛けをしましょう。

 

そして、花見の場所もトイレの近くにするとすぐに行けるので良いですよ。

3:子供と一緒に楽しむことを忘れない

子連れでお花見に行く場合、子供を中心に考えることが大切です。大人だけなら宴会状態でもOKですが、子連れの場合は本当にお花見を楽しんだり、遊具があればそれで遊んだりしましょう。

 

お花見だからお酒もなんてのは控えたほうがいいですよ。ついつい子供から目を離してしまうようになります。

 

そして子供がぐずったりするとあやしたり抱っこしたりしてご機嫌を取ることも必要ですが、あまり長居はせず切り上げるのも一つです。お花見のシーズンとはいえ、じっとしていると寒いですからね子供が風邪をひかないように気をつけてあげることも大切です。

 

あとがき

いかがでしたか?子供がいるからお花見はやめようというのではなく、せっかくきれいな桜を子供も一緒に楽しめるといいですよね。ぜひ参考にして今年のお花見楽しんでくださいね。

 

そして家族で過ごす、一つ一つのイベントが後にはイイ思い出になりますので、こういった季節もののイベントにはぜひ積極的に参加していきたいですね(^^)v


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ