この記事ではお彼岸に墓参りはなぜするの?春と秋にする理由とは!?ということで解説しています。恥ずかしながら最近になってお彼岸が春と秋にあると言う事を私は知りました。大人になると知っている様で知らない事って結構あるものです。

 

呼び名は知っていても実際にその期間がいつからいつまでなのかというのは知らない方も結構いると思うので、今回はそんなお彼岸の期間なぜ墓参りをしなくてはいけないのかについて説明してみたいと思います。

お彼岸に墓参りはなぜするの?

naze

お彼岸とは日本独自の仏教文化で、春と夏の二つの時期に行われることで知られています。(春分の日・秋分の日を中日とし、その前後の3日間を合わせた7日間を言います。)

 

そしてお寺で法要やお墓参りをし、亡き人へ思いをはて感謝の気持ちを伝える意味もあります。

【悲願の意味】
彼岸とは、「彼の岸」すなわち「悟り、涅槃の境地」を意味し、その語源は、サンスクリット語「パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳語「到彼岸」からきています。

 

煩悩と迷いの世界である「此岸」から悟りの世界「彼岸」へ到達するために、「六波羅蜜」の修行を行ないます。彼岸はその修行をするための期間でもあります。
※六波羅蜜(ろくはらみつ)とは
布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧という六つの実践徳目。
引用元:曹洞宗近畿管区教化センター

上記の意味を分かりやすく説明すると、春分秋分って太陽が真東から昇って真西に沈みますよね?この二つの日は昼と夜がほぼ同じ時間になるとされていて、お彼岸の風習はこれが密接に関係しています。

 

仏教では生死の海を渡り到達した悟りの世界を「彼岸」と言います。そしてその逆で私たちのいる煩悩と迷いの世界(現世)の事を「此岸(しがん)」と言います。

 

そして「彼岸」は西、「此岸」はとされ、昼と夜の時間が同じとされる春分の日と秋分の日は「彼岸」と「此岸」が他の日と比べ最も祖霊が通りやすいと考えられた為、先祖供養を行うようになったと言われています。

 

要はあの世とこの世が最も近づく日がここでいう「お彼岸」ということです。

 

そして悟りを拓く為修行している先祖の為に供養としてお墓参りに出かけるようになったのです。

 

今年のお彼岸はいつ?(2014年・2015年・2016年)

2014年(春・秋のお彼岸)

【春】
3月18日~3月24日の7日間

(中日である春分の日は3月21日)

【秋】
9月20日~9月26日の7日間

(中日である秋分の日は9月23日)

2015年(春・秋のお彼岸)

【春】
3月18日~3月24日の7日間

(中日である春分の日は3月21日)

【秋】
9月20日~9月26日の7日間

(中日である秋分の日は9月23日)

2016年(春・秋のお彼岸)

【春】
3月17日~3月23日の7日間

(中日である春分の日は3月20日)

【秋】
9月19日~9月25日の7日間

(中日である秋分の日は9月22日)

 

sponsored link

お彼岸とお盆の違い

お彼岸もお盆も現代ではお墓に赴いて先祖を供養しますが、一体何が違っているのでしょうか!?
簡単に説明すると、

 

<お彼岸>・・・太陽信仰と祖霊信仰の風習に仏教思想が合わさったもの。
<お盆>・・・月への信仰と祖霊信仰の風習に仏教思想が合わさったもの。

 

ということですが分かりますか?私は「彼岸」はこちらから先祖に会いに行き、「お盆」ご先祖様が戻ってくるのでこちらへ迎え入れるといった感じで理解しています。

 

この考えの方が現代の人には理解しやすいですよね!

 

お萩(おはぎ)と牡丹餅(ぼたもち)の違い

ohagi01

意外と知られていないお萩と牡丹餅の違いについてですが、実はこの二つの食べ物は同じ食べ物なんです。

 

「え!?見た目違うじゃん!?」

 

と思いますが、早速違いを述べてみましょう。

 

春のお彼岸・・・お萩(おはぎ)
秋のお彼岸・・・牡丹餅(ぼたもち)

 

といった感じに分けられます。同じような食べ物ですが、二つの一番の違いはあんこの違いです!そう!「粒あん」「こしあん」かの違いですね。

「粒あん」と「こしあん」に分けられる理由

秋のお彼岸は萩の花が咲くのでお萩(おはぎ)という呼び名に!この時期は小豆が取れた物が使えるので皮ごと使える粒あんとされています。

 

春のお彼岸は牡丹の花が咲くので牡丹餅(ぼたもち)と言う呼び名に!この時期は小豆の収穫時期から日にちが経っているので固い皮を捨てたこしあんとされています。

 

理由は分かったけど、じゃ、何故お彼岸に「おはぎ」や「ぼたもち」をお供えするのかって事ですが、

・小豆の赤茶の色が邪気を払うとされている。

・御餅は大地に感謝する意味があり五穀豊穣に通じると言われる。

・江戸時代初期から甘いものは高級品として扱われていて、特別な日に振る舞われるものとされていた為。

といった理由ですので、「お萩」や「牡丹餅」はお彼岸には最適だったということです。

 

まとめ

いかがでしたか?私も昔、田舎で彼岸法要をしたことがありましたが、線香って祖霊からすると食べ物になるそうですね?そしてお墓参りで飾られる「しきび」の葉は霊界では通行料(お金)として扱われるのです。

 

そのことを知ってからは、いつも線香と「しきび」は必ず忘れずに持って行くようにしています!ちなみにお供えするものは故人が好きだったものをお供えするのでも全く問題ないです!

 

お墓参りは何回しても構わないので、お彼岸、お盆に関わらず「最近線香あげてないな。。。」と思ったら近況報告の意味も込めてお墓参りをしましょうね^^


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ