今回はおせち料理の意味や由来について紹介してみたいと思います。年末年始は、縁起物がよく出ますよね。その中でも縁起が良いものがたくさん詰められたのがおせち料理ですよね。

 

そして実はおせち料理にはたくさんの料理があり、栄養バランス・保存性の良さ等も兼ね合わせているのです。

 

一般的におせち料理は重箱に詰められていますが、段ごとに詰める内容が決まっているのです。では早速おせち料理の意味や由来、またいつ食べるのが正しいのかについても紹介してみます。


おせち料理の由来

miyajyuu001

今は誰でもお正月に食べられるおせち料理なのですが、元々おせち料理は、作物の収穫を神様に季節ごとに感謝し、その節目に行う「節供(せっく)」に神様への供物料理として出されたものだったのです。

 

「御節供(おせちく)」、「御節料理」などとも言われていました。これがおせち料理の始まりです。

 

その後、中国から節供行事が伝わり、宮中では元旦や年に5回ある季節の節目の日の宮中行事で振舞われる料理を「御節供(おせちく)」といい、それが略されて「おせち」と言われるようになったのです。

 

そして、庶民が宮中行事を生活に取り入れるようになった江戸時代頃、おせち料理は全国的に広まっていったのです。1年の節目で一番大切なお正月に食べる料理をおせち料理と呼ぶようになったのはこの頃からだと言われています。

 

おせち料理の意味

riyuu001

始まりは神様への供物料理として出されていたおせち料理ですが、元々は日本にある行事食なのです。最近は洋食や中華料理など様々なスタイルのおせち料理がありますよね。

 

でも、一般的に想像するおせち料理といえば重箱に詰められた3段のものではないでしょうか?その料理や素材にはそれぞれ意味があるのです。

一の重

重箱を重ねたとき一番上になる一の重には※お屠蘇(おとそ)を祝うための祝肴(さかな)を詰めます。その中でも、三つ肴と言われる数の子・田作り・黒豆は正月には欠かせないものとされています。ちなみに関西では黒豆ではなくたたきごぼうだそうですよ。

 

これらの食材に人々の願いが込められ、それぞれ意味があるのです。

※お屠蘇(おとそ)・・・日本酒やみりんで生薬を浸けこんだ一種の薬草酒

<数の子>

これ見た目から分かりますよね、子宝に恵まれ、子孫繁栄を願っているのです。また、数の子は卵が多いニシンの子なので、「二親(ニシン)健在」にも通じるのですよ。

<田作り>

イワシは田植えの際、肥料に使われていました。田を作るという意味から田作りと言われていますよ。また、イワシの肥料を使った田んぼは豊作だったので、五万米(ごまめ)とも呼ばれていますよね。そのため、田作りは豊作を祈願する食べ物とされています。

<黒豆>

まめ(まじめ)に働き、まめ(健康)に暮らせるようにと、無病息災を願った食べ物です。また、黒色は道教で魔除けの色とされていますよ。

<たたきごぼう>

ごぼうは、地中深くに根を張るので、家がその土地にしっかり根付いて安泰にという願いが込められているのです。たたいて身を開いて、開運も願っているのです。

一の重にはこの三つ肴のほかに、お正月ならではのおめでたい料理が詰められるのです。

<紅白かまぼこ>

かまぼこの半円状が初日の出に似ていることから、年神様を表し、おめでたいとされています。そして、赤は魔除け白は神聖を表し、紅白で縁起が良いとされているのです。

<伊達巻>

伊達は華やかさを表す言葉で、巻き物が書物や掛軸に通じることから知識や文化の発達を願っているのです。

<昆布巻き>

喜ぶに掛けられています

<栗きんとん>

漢字で金団と書くので、金銀財宝を意味して、蓄財につながる縁起物とされています。

<ちょろぎ>

長老喜と書いて、長寿を願います。

<錦玉子>

黄身と白身が金と銀にたとえられ、二色をにしきとかけているとも言われていますよ。

二の重

縁起の良い海の幸が中心の焼き物と酢の物の重です。一の重煮詰め切れなかったものや煮物をつめることもありますよ。

<紅白なます>

紅白は水引を表していて、平安と平和を願っています

<酢蓮>

レンコンは、仏様のいる極楽の池にあると仏教では言われています。そのため、けがれない植物です。また、たくさん穴が開いているので、将来の見通しがいい縁起を担いだ食べ物です。

<菊花かぶ>

旬のカブを菊を飾り切りにして、紅白の酢の物にしたものです。これは長寿を願うものですよ。

<海老>

海老の姿のように、腰が曲がるまで長生きしますようにと願ったものです。

<ぶり>

出世魚であるぶりにあやかって出世を願うものです。

<鯛>

祝いの席にはつきものですよね!

<うなぎ>

おせち料理にうなぎを入れるようになったのは、ごく最近です。「うなぎのぼり」にあやかって、出世を願っているのです。

三の重

筑前煮や煮しめなど、季節の野菜がたっぷりの煮物が入ります。これらは家族仲良く一緒に結ばれるという意味があります。

 

おせち料理はいつ食べるの?

hinode01

おせち料理=元日という印象があり、実際元日に食べるという家庭が多いのではないでしょうか。でも北海道や東北のほうでは、大晦日におせちを食べるという習慣もあるのです。

 

そもそも、おせちは新年を迎える料理として大晦日の夜に食べるものだったのです。そして、段々重箱に詰めておもてなしをする料理となり、大晦日には年越しそばを食べると言うように変わってきたのです。

 

北海道や東北では伝統にそって大晦日に食べられているのですね。このように、地域や各家庭の風習によって変わるものは色々あります。

 

まとめ

いかがでしたか?おせち料理は元々お正月の料理ではなかったんですね!そして、元日に食べるものでもなかったようです。確かに、私の実家では大晦日に年越しそばとおせち料理を一緒に食べていました。

 

年末が近づくとテレビの料理番組でもおせち料理の特集をしていたりしますよね。それぞれの意味もよく説明されています。おせち料理は縁起物など、願いをこめたものが多いですが、日持ちするものも多いです。

 

お正月の三が日くらいは台所に立たなくても良いようにという配慮もあるそうですよ。これは女性にとっては嬉しい風習ですね!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ