この記事ではお年玉の相場!小学生・中学生・高校生への適正金額!について解説しています。子供達にとって年が明けてからの楽しみの一つとして「お年玉」があると思うのですが、子の親になってからというものこんなところでも悩まないといけないのか、、、としみじみ思ってしまいます。

 

親戚付き合いも考えると大体の相場を把握しておくことも必要です!恥をかかない為にも、しっかりと理解しておきましょう^^

 

そこで今回はそんな親御さんの為に最近のお年玉の相場事情等も交えてお話していきたいと思います。

お年玉相場とお年玉事情の変化

otoshidama

私が小学生の時は本当にお正月が楽しみでしかたがありませんでした。年末年始は冬休みでもちろん学校も休みでしたし何より、親戚が一度にたくさん集まる場が出来るのでお年玉も沢山の人から貰えますからね^^

 

小学生~中学生の頃って大体こんなもんだと思うのですがどうですか??しかし、自分にも子供が出来、お年玉をあげる立場になるとこんなにも色々考えなければいけないのか。。。と。では、最近のお年玉事情はどうなっているのでしょうか?

 

今回は私独自の集計を元に表を作成しましたので、他サイトとは若干違った相場になっているかもしれないのでその点はご了承ください。

お年玉相場(小学生・中学生・高校生)

otoshidama01

小学低学年(1,2年生) 1,000円~2,000円
小学中学年(3,4年生) 3,000円
小学高学年(5,6年) 3,000円~5,000円
中学生~高校生 5,000円~10,000円

子供会の役員の方や子供の友達の親御さんに聞いてみたところ、大体がこの金額で収まっていました^^(良かった~)ってか、この金額って昔とそんなには変わりませんよね!?相場的にはこんなものかと思います。

 

しかし、最近は核家族も昔に比べてはるかに増えましたしお正月に田舎に帰省したとしても親戚が一度にたくさん集まる機会は、かなり減ってしまったかもしれません。

 

実際私が小さい頃はお正月になると親兄弟とその子供達(いとこ)も集まっていたので、一気に30人くらい集まっていましたので毎年お正月はワイワイガヤガヤしていたのを覚えています。今ではこういった光景をみる機会もほとんど無くなってきましたよね。。。

 

そして沢山の親戚が集まっているので、自然とお年玉もたくさん貰えるんですよね(^^)小学生の時はその日だけで10万円近く貰ったこともありました。今考えると恐ろしいです><

 

私が小さい頃は丁度バブルが崩壊する前だったので、みんな景気が良かったのかな?(笑)

 

sponsored link

お年玉の金額はどう決める!?

nattoku

あと、他のサイトで少し気になった事があるのですが、

 

お年玉の金額は相手の親と相談して決める

 

といった記事を見つけたのですが、実際そんな事している人っているのでしょうか!?少なくとも私の家系ではそのような事をしている人はいなかったと親は言っていました。しかし、これのメリットはありますよね。

 

お互いが思っていた金額が入っていなかったとしたら、ちょっとした蟠りが出来てしまうかもしれませんし、お互いにいくら入っているのかも分かっていますので気分良く渡せられると思います。

 

そして、一番困ってしまうのが乳幼児幼児の場合のお年玉ですよね。これは私も散々経験してきましたが、我が家の場合は完全に「お金」です。

 

他のサイトの記事ではお菓子や普段使える物を御年賀として渡すのもいいかも!?と書かれてありますが、そもそも乳幼児や幼児にお菓子あげるのはまだ歯が生え揃っていない可能性も有りますし気が引けます。

 

特にこの時期は歯が柔らかいので虫歯にもなりやすいですし。。。私は考えすぎでしょうか!?(笑)「お金」だと、お相手の親御さんに使い道を色々考えてもらえるわけですしこちらとしても気分的に楽ですよね^^

 

では乳幼児・幼児の場合のお年玉の金額はどれくらいが良いのでしょうか!?

 

私の周りの友人知人、PTAの知り合いの情報からすると一貫して1,000円という答えが返ってきました。

 

「1,000円くらいだったら渡した方も貰った子供の親御さんも気疲れしないよね^^」

「1,000円だったら子供の為に子供用品(オムツ、オシリ拭き等)も買えるしありがたい^^」

 

まぁ、この頃は子供もお金の価値はまだ分からないと思いますし、子供の為に貯金してあげるか子供用品を買って生活の足しにするっていうのが一般的なようです^^

お年玉(お金)の正しい入れ方

そして、私も最近になって知った事なのですがお年玉には正しいお金の入れ方というものが存在するようです。

tatamikata01

このように三つ折りにしてぽち袋に入れてあげるのが最もポピュラーな入れ方です^^確かに思い起こすと昔貰ったお札たちはこんな感じでぽち袋に入っていました。

 

みんな几帳面だなぁ、なんて勝手な事を思っていました(笑)いかがでしたでしょうか!?

 

お年玉の豆知識として今回の記事を書いてみましたが、まとめてみると意外にも昔と今とでは差ほど金額の幅は変わってはいないようです。

 

そしてもらったお金は通帳等できちんと管理していますか?まだ作っていない様でしたら子供用の通帳を作ることはかなりオススメします。その理由持つ食いのページに書いてみましたので参考にしてみてください。

 

⇒子供名義の通帳を作るとこんなメリットが!?

 

そして、結婚式やお祝い事には新札が常識です。急な新札の入り様にも安心できる様に次のページで詳しく解説してみましたので参考にしてみてください。

 

⇒結婚式があるのに新札がない!土日に新札をゲット出来る意外な場所!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ