リンスやコンディショナー、そしてトリートメントといった髪のメンテナンスには必須のアイテムがありますが、あなたはこの3つのアイテムの違いについて説明をすることが出来ますか!?

 

実は恥ずかしながら私は最近になるまで知らなくて赤っ恥をかいてしまったんです。。。

 

そこで、この記事ではそんな髪のメンテナンスに必須アイテム、リンスコンディショナートリートメントのそれぞれの違いや使い方について説明したいと思います。

 

ドラッグストアなどの量販店に行くと様々なヘアケアの商品があってどれを選ぼうか迷ってしまいますよね。しかし、それぞれの役割を知っておかないとその商品の成分特性を最大限に生かすことが出来ないので、ここは是非理解しておきたいものです!

リンスとは

 [和訳]リンス(rinse)・・・濯ぐ(すすぐ)事 

・髪の表面を油分などでコーティングする。

・シャンプー後の髪の[きしみ]を抑え、指通りを滑らかにしてくれる。

・髪内部の水分の蒸発を抑えてくれる

そういえば私が初めてリンスの存在を知ったのは中学生の頃だったのですが衝撃とも言える感動が走ったのを覚えています。当時は芸能人の影響もあってか髪を伸ばすのが流行っていて、みんなサラサラヘアーに憧れていたんです。

 

私も頑張って髪を伸ばしていたのですが、リンスの存在を知らなかった私の髪はゴワゴワしていて、まさに鳥の巣状態でした(笑)

 

何とかしてこのゴワつきを抑えたい!サラサラヘアーになりたいと思っていたところに友人が、

 

「お前、リンス使ってないの!?」

 

と言ってきたんですね。。。それ以降、リンスを使い始めてからは今までのゴワつきはなんだったの!?と言うくらい抑えることが出来ました。私にとって衝撃的なヘアケア商品だったのを覚えています^^

 

コンディショナーとは

 [和訳]コンディショナー(conditioner)・・・調節など(ここでは整髪と言う意味) 

コンディショナーの役目はリンスとほとんど同じなのですが、髪の毛の表面を整える力が強いものを主にコンディショナーと呼びます。

 

トリートメントとは

 [和訳]トリートメント(treatment)・・・治療、処置(ここでは髪の補修という意味) 

トリートメントもリンスやコンディショナーに似た役割を持つものなのですが、二つとは決定的に違うものがあります。それは、

 

髪の内部に有効成分を浸透させる

 

ということで、主に油成分や髪にとっての栄養素を髪内部に浸透させることが出来ます。その結果、傷んだ髪のケアをしながら健康な髪へと導いてくれるのです。

 

そしてトリートメントの有効成分を最大限に利用する為にも、リンスやコンディショナーの様に付けたらすぐに洗い流すのではなく、10分~15分ほど髪に染み込ませてから洗い流すのがベストです!

 

最近はこういった⇒ミルボン ディーセス エルジューダといったトリートメント商品まで出ていますので髪が傷んでいる人はかなり効果的に補修してくれます(^^)

 

sponsored link

効果的な使用方法

髪の毛を染色したりパーマを当ててたりすると、髪の毛が傷んでいますのでそういった方はトリートメントを使用する方が良いと思います。そこで傷んだ髪の毛の持ち主必見!健康な髪へと導く理想のヘアケア方法を少しご紹介します。

 

私も昔ハイブリーチやデジタルパーマなどを当ててかなり髪の毛をいじめていた時期がありました。。。その時の髪の毛はとても悲惨な状況で見るからにパサパサの髪質で栄養なんて見るからに無さそうだなぁ、といった髪の毛でした(笑)

 

どうにかしたいと思い、美容師の友人に相談したところ「この方法を試して!」って言われた方法があります。

 

まずは普通にシャンプーをし洗髪をします。

続いて軽くタオルで水気を取ったら傷んだ髪の毛にトリートメント剤を塗布します。

その次にトリートメント剤を塗った頭にサランラップを被せます。

その上からドライヤーの[弱]で5分くらい髪全体を万遍なく温めます。

温め終わったら水で洗い流します。

そして最後にリンスまたはコンディショナーで仕上げます。
※この時にリンス・コンディショナーを付けた状態で数分漬け置きすると更に効果的です!

洗い流して完成!

これを3日に1回、約1か月実践したのですが、明らかに1か月前とは違いコシ艶(つや)が戻り、劇的に変化することが出来ました。もし、自分で出来るヘアメンテナンスはないかなぁ?ってお考えの人は是非試してみて下さい。

 

1か月で実感できます☆

 

そして、リンス・コンディショナー・トリートメントを使用する上で気を付けておきたい事が1つあります!それは、

 

直接頭皮や髪の根元には付けない様にする!

 

ということです。どういう事かと言うとリンス・コンディショナー・トリートメントは油分を多く含んでいるので、余計な油分を頭皮に与えてしまうとフケなどの頭皮トラブルなどを招く可能性があります。

 

これを回避する為にもリンス・コンディショナー・トリートメントは毛先から髪の中間辺りに塗布するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はリンス・コンディショナー・トリートメントの各役割とヘアケアについてご紹介しました。髪の毛は人の印象を大きく左右するものです。

 

生涯大切に扱っていきたいものですよね。その為にも正しい使用方法成分を理解し、イキイキとした髪の毛を維持していきましょうね(^^♪

 

[関連記事]

 ⇒美容室と床屋は一体何が違う!?

⇒フケの原因は3つもあった!

⇒ブリーチ・ヘアカラー・ヘアマニキュアの違いって知ってますか!?


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ