この記事では立冬にかぼちゃが食べ物になった理由とは?について解説しています。冬の訪れを感じさせてくれる「立冬」ですが、この時期に食べる物として南瓜(かぼちゃ)という文字が目立つのですが本当でしょうか!?

 

今回は二十四節気の一つ「立冬(りっとう)」と、その時期の食べ物について注目してみました。

立冬とは

立冬が近づくにつれて我が家も模様替えを始めます。リビングの机にはこたつ布団が敷かれ、ベッドには毛布を用意するようになります。身に付ける衣服などにも変化が現れる時期ですし、寒さ知らずの子供達も長袖長ズボンへとモデルチェンジします(^^♪

 

そんな立冬ですが、二十四節気の第19番目にあたる日で、2016年の立冬は11月7日になります。そして、この日から次の節気でもある「小雪」までの期間が立冬になります。(因みに2014年の小雪は11月22日なのでこの日までの15日間が立冬になります)

 

「ってかそもそも二十四節気って何よ!?」って事ですが、日本には「春夏秋冬」と言われる4つの季節がありますが、この季節を更に6つに分けたそれぞれの期間の事を二十四節気と言います。

 

そして「立春・立夏・立秋・立冬」の様にそれぞれ「」という字が付いていますが、 主に季節の変わり目の時に「立」と言う字が付きます よね^^

 

ということもあって、「立冬」とは秋から冬へ変わる時期だという風に理解出来ますね(^^)

 

風邪やインフルエンザなどが気になってくる時期もこの頃ですので、合わせて健康に留意する事はもちろんの事、食事も栄養価の高い物を摂取していきたいものですよね^^

この時期の食べ物は南瓜(かぼちゃ)でいいの??

立冬と聞いて思い出される食べ物は何ですか?と聞いたところ、結構多くの人が「南瓜(かぼちゃ)」と答えますが、南瓜に由来のある日は「冬至」なんですね。では何故カボチャなんでしょうね~。

 

実際、うちの奥さんも南瓜を使った料理が食卓に増えてくるのもこの時期ですしかなり気になりますよね。

 

私の考える限り この時期に獲れる野菜や果物の中に南瓜が入っているから ではないかと思いますし、10月はハロウィンの時期で、南瓜のお化け「ジャック・オ・ランタン」のイメージもあるからかもしれませんね。

 

では、この時期に採れる野菜や果物を少し紹介したいと思います。

 

sponsored link

この時期に採れる旬な野菜・果物・魚類たち

野菜

・キノコ類(えのき、エリンギ、マッシュルーム、椎茸、なめこ)

南瓜(かぼちゃ)

・銀杏(ぎんなん)

・ごぼう

・人参

・白菜

・ブロッコリー

・ほうれん草

・レタス

・春菊   等

果物

・柿

・キウイ

柚子(ゆず)

・みかん

・りんご

魚類

・ハマチ

・鰻(ウナギ)

・カマス

・サケ

・サバ

・ヒラメ

・ボラ

11月は沢山の食材たちで恵まれますが、特にキノコ類は多いですね。なめこ汁とか特に体に良さそうです!こういった旬な食材にはその時期の体に起る体の不調を食い止め、予防する力があるとされています。

 

野菜や果物にはビタミンミネラルも豊富に含まれているのでこの時期に摂取する事で健康面にもかなり効果があり予防する事が出来ると考えられます。

 

その中でも南瓜(かぼちゃ)にはビタミンに加え、カロチンやカリウムや食物繊維なども豊富に含まれることから、この時期にはピッタリの野菜なのかもしれませんね。

 

個人的にはお風呂に沢山の柚子を「ポンポンポン」って浮かべて柚子風呂の中で一杯するのが好きなんですが(笑)

 

そして、豆知識的な事になるのですが中国の北京や天津地方の食文化として餃子(水餃子)を食べる習慣があるのだそうです。中国では昔から立冬は重要な日として根付いている様です。

 

確かに餃子の中には肉や野菜を入れる事が出来ますし、体を温める食べ物としては理に適っていると思います。

 

あとがき

そんなこんなで色々と紹介してみましたが、2016年の立冬は11月7日になります!そして、この時期には是非栄養価の高い旬の食材を食べて心も体も冬へと備えていきたいものですね(^^)v

 

[関連記事]

⇒12月の師走とは!?その意味と語源由来について考えてみた!

⇒冬至とは!?南瓜(かぼちゃ)や柚子湯に入る理由


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ