今回は【妊活】サプリでマカや葉酸は摂るべき?飲み合わせは?について紹介してみたいと思います。赤ちゃんを産んだ証ともいえる妊娠線。証と言われてもやっぱり妊娠線はあるよりはないほうがいいですよね。

 

妊娠中のケアによって妊娠線ができにくいと聞きませんか?我が家の奥さんもしっかり妊娠クリームを使ってケアしていたのですが、妊娠線がしっかり残っています。

 

産後すぐは赤ちゃんのお世話で精一杯で、自分のお腹まで手がまわらないのですが、少し落ち着いてきて、ベビースイミングに通おうと思ったとき、急に気になりだしたみたいなんです!

 

妊娠線」に。。。

 

産後にケアしたらどうにかなるのかな~と色々情報を集めてみました。同じく妊娠線の産後ケアを考えている方はぜひ参考にして下さい。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

そもそも産後の妊娠線とは?

nazenaze

そもそも妊娠線とは?というところからですが皮膚というのは、

 

・表皮(ひょうひ)

・真皮(しんぴ)

・皮下組織(ひかそしき)

 

の三層に分かれているのです。(⇓こんな感じ)

 

hihu0123
出典:フェイシャルコラム

 

妊娠すると徐々にお腹が大きくなりますよね?そのとき、皮下組織の中にある脂肪細胞が急激に大きくなっていくのです。表皮は触っても分かるようにある程度、伸びますよね?

 

でも、真皮や皮下組織はその伸びるスピードにはついていけず、無理矢理引っ張られる状態で断裂してしまうのです。

 

その部分から毛細血管が透けて見えるので、赤紫色の妊娠線なのです。また、妊娠中はホルモンバランスが崩れることはご存知ですよね。

 

ホルモンの影響で肌の新陳代謝が悪くなり弾力が失われるので断裂もしやすくなるのです。

 

sponsored link

産後にできた妊娠線は消えるの!?

妊娠線ができるメカニズムは分かりましたよね。奥さんは妊娠後期に先生もびっくりするぐらいお腹が大きくなったので、急に妊娠線ができました。皮膚が裂けていたのかと思うとちょっと怖いですね(笑)

 

さて、気になるのはこの妊娠線が消えるかどうかですよね?

 

残念ながら、できてしまった妊娠線は完全に消すことはできないのです。

 

「えー」ってなりますよね。。。でも、軽いものなら産後のケアで目立たなくすることはできるのですよ。そして、薄くすることもできます。次に、そのケア方法についてご紹介しますね。

 

産後の妊娠線ケア方法

hoshitu

お肌のお手入れで重要なことと言えば、「保湿」ですよね。これは妊娠線ができたお腹も同じことなんですね。

 

オイルやクリームを利用してお腹の皮膚のケアをしてあげると良いのです。

 

妊娠線は産後しばらくすると消えにくくなってしまうので、出来てしまったらすぐにケアしてあげることが大切ですよ。そして、ケアをしたからといってすぐに効果が出るわけではありません。

 

なっていったって、真皮が裂けてしまっているのですからね。。。

 

最低でも半年はケアを続けなければダメです。また、お肌のターンオーバーを活発にすることで、妊娠線が薄くなることもあります。

肌の新陳代謝や肌の生まれ変わりの事をターンオーバーといいます。

 

お顔のお手入れもそうですよね。美容成分入りなんてちょっとお高めの基礎化粧品を使っていると新陳代謝もあがるのかそばかすが薄くなったり!そんなことありませんか?実は妊娠線にも同じことが言えるのです。

 

ただし、真皮は表皮と異なってターンオーバーが遅いので、なかなか効果が感じられないかもしれません。とはいえ、妊娠線クリームの中にもできてしまった妊娠線に効果のあるクリームをも色々あるんですよ。

 

皮膚のターンオーバーを促してくれる成分配合であったり、ガタガタになってしまった皮膚を押し上げてくれる成分が含まれているものなど色々あります。

 

そして皮膚の表面からのケアだけではなく、皮膚の新陳代謝をあげるために、規則正しい食生活を心掛けることも大切です。

 

また、基礎代謝をあげることで新陳代謝もあげることができます。体を温めたり、適度な運動をすることが効果があります。お風呂のしっかりつかって温まることで、皮膚の血行が良くなります。

 

保湿効果のある入浴剤を使うとさらにいいかもしれませんね^^

 

まとめ

いかがでしたか?最近では妊娠線予防用のオイルやクリームがたくさんありますよね。もちろん、妊娠線ができないように予防することが一番なのですが、どうしても妊娠線ができやすいという人もいるのです。

 

それでも、できてしまったからと諦めないで、それ以上増えないように保湿ケアすることが大切なのです。

 

それでもできてしまった妊娠線は完全には消えませんが、できるだけ薄く目立たなくなるようにケアしてあげると良いですよね。一番のケアは妊娠線用のオイルやクリームを使用することですよね。

 

お腹周りの保湿ってお顔のお手入れほど念入りにしませんよね。でも、毎日しっかり保湿してあげることで少しでも薄くなる可能性があるのです。そして、日頃の食生活も気をつけると内面からも裂けた部分が修復してくるかもしれません。

 

出来た妊娠線によってはこれらのケアでもほとんど効果が得られないこともあるかもしれません。そんなときは最終手段として、レーザー治療というものもあります。

 

できてしまった妊娠線ケアは根気が必要ですが、諦めずにしっかりケアすると必ず効果が得られます!がんばりましょうね!!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ