今回は紫外線を食べ物で対策!シミ・シワに効果的な食品は!?ということで紹介してみたいと思います。夏は色んなイベントが盛り沢山の良い季節なのですが、それに伴って悩みも出てきますよね。

 

紫外線!

 

海水浴やプールでの日焼けはもちろんですが、日常生活においても紫外線は付きものですよね。紫外線を浴びると肌が酸化してしてしまい、シミやシワの原因となってしまうのです。

 

今回はあなたの美肌を紫外線から守る為にぜひ摂取したい食品やその栄養素について考えてみましたので参考にしてみてくださいね。

紫外線による肌の酸化

そもそも紫外線によって肌が酸化してしまうという事ですが、酸化って何なのでしょう?あまりイイ響きではありませんよね。学生の頃、理科の授業で習ったと思いますが簡単に言うと錆(サビ)です!

 

sabi01

 

「え!?肌って錆びるの!?」

 

「はい、錆びます。」

 

紫外線はタンパク質を変性させてしまう為、肌に紫外線が当たると皮膚の繊維にダメージを与えて徐々に酸化させてしまいます。紫外線によって肌の老化を促進させてしまうという事ですね。

 

そして皮膚内で酸化が始まるとそれに伴い、シミの原因ともいえるメラニン色素が生成されます。その結果肌の黒ずみやシミになっていくのです。

 

何か怖いですね。。。

 

そんな美肌の天敵とも言えるシミ・シワを改善できる食べ物(食品)がありますので、今後の生活に少しづつでも取り入れていきましょう!

 

紫外線対策になる食べ物たち!

ビタミンC

赤・黄ピーマン アセロラ(アセロラジュース)
パセリ レモン(果皮含む)
ケール ブロッコリー

※ビタミンCは抗酸化作用があり、シミの原因ともいえるメラニン色素の合成を抑える作用があります。

ビタミンE

唐辛子 アーモンド
抹茶 モロヘイヤ
明太子 ウナギ

※強い抗酸化作用がある他、生活習慣病の予防効果も期待されている。

 亜鉛

生牡蠣 ビーフジャーキー
豚肉 牛肉
のり ごま

※発育を促進し、傷の回復を早める効果がある。これが不足すると紫外線による皮膚の抵抗力が弱くなってしまいます。

β-カロチン

しそ モロヘイヤ
ニンジン パセリ
ほうれん草 カボチャ

これらのどの栄養素もシミやシワには効果的なのですが、一日にこれだけのものを摂取するとなったら大変ですよね。私も上記の食物たちはすべて好きなモノばかりですが、到底すべてを摂取するのは無理があります。

 

しかし、手軽にシミやシワを抑制できるものがあったのです。

sponsored link

抗酸化作用を手軽に摂取できるモノ

コーヒー

これは某大学の教授の実験で明らかになった事なのですが、30~60代の女性をターゲットにした実験結果で、1日に2杯以上コーヒーを飲む人とそうでない人の肌を比較しました。すると、コーヒーを飲んでいる人の方が飲んでいない人よりもシミが少ないという実験結果が出たのです。

 

これには私もビックリ!そういえば昔の職場でコーヒーを良く飲む50代の上司がいましたが、年の割に結構肌がキレイだったような気がしますw

 

コーヒーにはポリフェノールという成分が含まれていて、その成分が活性酸素の除去に繋がるのだそうです。そして、コーヒーは1日に2~3杯くらい摂取するのが理想とのこと(*^。^*)

バナナ

朝バナナダイエットで一世を風靡したバナナですが、なんとシミにも効果があるという事です。バナナには、

・カルシウム

・カリウム

・鉄

・亜鉛

・銅

などの有効的なミネラルが豊富に含まれているんですね。しかも、バナナには脳の栄養分とも言われるセロトニンやドーパミンが含まれていますので、肌だけではなく脳にも栄養を与えてくれるのです!

 

そしてこのドーパミンはタンニンの一種で緑茶並みの抗酸化powerがあるんです!

 

肌の為・脳の為に栄養を与えてくれますので、何を食べようか迷った時には取りあえずバナナを摂取するのが良いかもしれないですね。因みに私も今でも朝バナナは欠かせませんw

トマト

トマトに含まれるリコピンがダイエットに効果的だと世を騒がせた時期がありました。実はこのトマトに含まれるリコピンですが、ダイエット効果だけが期待されるのではなく、

・血糖値を下げる

・動脈硬化の予防

・ガンの予防

・息(臭い)の改善

・美肌効果

などの効果も期待されるので、まさに魔法の果実とも言える食材かもしれませんね。トマトが嫌いだという方も結構いらっしゃるかと思いますが美肌の為に健康の為に今一度摂取してみてはいかがでしょうか?

 

そして⇒こちらの記事にも書いてあるのですが炭酸水も併用すると一層美容に効果的かもしれませんので是非参考にしてみてください。

 

あとがき

5月を境に一気に紫外線が強くなります。今回ご紹介した食物たちを効率よく摂取することにより、いつまでも肌を若々しく保つことが出来るはずです。

 

野菜が嫌いな方もそうでない方も是非前向きに食物摂取を心がけてみてはいかがでしょうか??

 

<関連記事>

⇒子供が夏風邪になった時の対処法!その原因と予防!

⇒子供が熱中症になってしまったら!?応急処置と対策!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ