本州と四国を繋ぐ大きな連絡橋の一つとしても有名な瀬戸内しまなみ海道ですが、このしまなみ海道は自転車で横断することが可能なんです!そう!サイクリングができます!

 

そこで今回はサイクリングビギナーに向けて色々と解説してみました。この夏にしまなみ海道をサイクリングで横断しようと思っている方は服装や持ち物、参考にしてみて下さいね^^

瀬戸内の名物「しまなみ海道」

私は四国に住んでいながらもここ最近までしまなみ海道をサイクリングしたことがありませんでした。しかし健康の一環として去年からサイクリングを始めたのですが、これが意外にもハマっちゃったんです(^^♪

 

健康やダイエットをする人が最も取っつき易いのがウォーキングだと思うのですが、私には自転車で汗をかくことの方があっていたようです。ではでは早速しまなみ海道でサイクリングをする際の注意点服装などのチェックをしていきましょう!

 

しまなみ海道サイクリング時の服装

サイクリング時の服装は主に2パターンに分かれます。

パターン1

ゆったりのんびりサイクリングを楽しむ場合ですが、普段着に近い服装でも問題ないです。例えばハーフタイプのジーンズにTシャツなどのごく普通の格好ですね。

 

しかし、夏の場合は非常に暑く紫外線も強いので長袖を着るか、日焼け止めを塗る事を忘れないようにしましょう!海の上と言う事もあり日焼けが物凄いです!!

 

それと帽子(キャップ)は必須です!あと私がサイクリングした時、女性の方でツバの大きいハットで横断している方もいました。

 

その方は「ちょっと本州までサイクリングよ^^」って感じで気軽にサイクリングを楽しんでいましたw(途中でリタイアしたみたいですが。。。w)

パターン2

そしてもう一つのパターンはサイクリングスポーツとして楽しむ場合ですが、ジャージTシャツです。サイクリング用のウェアなどもありますが、初心者の方であればジャージで問題ないと思います☆

 

自転車って、結構な運動量なのでとにかく動きやすい格好が良いんです!この場合も帽子(キャップ)日焼け止めは必須ですね^^

 

しかも、しまなみ海道のサイクリングロードは四国~本州まで約70kmほどありますので真夏だと汗で全身ビショビショになります!その為、着替えも必須になります^^

 

sponsored link

是非持っていきたい必需品

水分(最低500mlは必要)

○着替え

○日焼け止めクリーム

○保険証のコピー

○湿布

○財布(小銭入れの様な物でもOK)

○ヤッケ(急な天候悪化も考えられますので持っていた方が無難です)

○上記を入れるバッグ(管理人はメッセンジャーバッグで間に合わせました^^)

 

とにかく自転車をこぐわけですのでごちゃごちゃ色んな物を持って行くよりは軽装が良いです!そして熱中症と橋の強風には注意して下さい。

 

サイクリングは楽しむことを意識して!

夏は特に汗をかいてしまいますのでスポーツ飲料などの水分を適度に摂り、疲れた場合は無理せずに休憩をとる様にしましょう。あと、橋の上はたまに強風が吹きますので倒されてケガをしないように気を付けましょうね!

 

初心者もそうでない人も一緒ですが、まずはサイクリングを楽しむように心がけましょう!想像してみてください!海の上を自転車一つで駆け抜けるわけです。

 

爽快な気分と開放感、さらにはスッキリした気分でサイクリングできそうですよね?また、自分自身の体力アップやダイエットにも効果的だと思いますのでいろんな人にお勧めしたいスポーツです。

 

次のページでは、しまなみ海道でかかる料金や所要時間、距離について紹介してみましたので、想定外だった!と思ってしまわないためにも知っておきましょう!

 

⇒しまなみ海道をサイクリング!距離、所要時間、料金は!?


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ