今回はしもやけの原因と症状!その治し方と予防法について紹介してみたいと思います。寒くなると手足が冷えますし、しもやけが気になりますよね。私も外で仕事をしていたことがあったのですが特に冬の時期はしもやけに悩まされました!

 

一度出来てしまうと厄介なしもやけですが、今回の記事を参考にして頂いてしもやけ知らずの体にになりましょう!

しもやけとは

しもやけとは正式には「凍瘡(とうそう)」と呼ばれ、気温と皮膚表面の温度が密接に関係しています!

冷えや寒さ、そして水に濡れたりすることで体温が低下して体内の血行の循環が悪くなることで、皮膚表面がパンパンに腫れたり、湿疹が出来、痛みや痒みを伴う症状です。

手足にしもやけが出来やすいのは体の末端部分であり肌が外気にさらされている為でもあるんですね。手足の他にも耳たぶや鼻や頬(ほほ)などにの出来やすいのはその為です。

 

しかし、体を温めたりしっかりとケアしているにも拘らず、しもやけを繰り返してしまう場合は、非常に稀なケースなのですが静脈循環障害と言う病気の可能性も有るので心配な場合は医師の診断をあおるようにした方が良いです。

簡単なしもやけチェックをしてみましょう!

・手足、もしくは鼻や頬が赤く腫れていませんか?

・手足などが赤黒く変色していませんか?

・腫れている場所又はその近くに赤い発疹はありますか?

・暖かい場所では痒みを感じ、寒い場所では痛みを感じませんか?

もしこれらの項目で一つでも当てはまるものがあるのならしもやけの可能性があるので対処するようにしましょう!

 

しもやけの原因

しもやけの原因は先述しましたが、「低温による血液の血行障害」になります。手足や鼻の様な体の末端組織には毛細血管が多くありますが、冷えや寒さで血液循環が悪くなりそこで炎症を起こしてしまう事により、しもやけの症状を発症してしまうのです。

 

また、しもやけは冷えや寒さだけではなく湿度にも関係しているらしく、多湿な場所でも発症してしまう可能性があり、ビタミン(主にビタミンE)が不足している人にも影響がある症状なのです。

しもやけになりやすい人

・子供や赤ちゃん(寒暖の変化に敏感に反応する為)

・血行が悪く、普段から冷え性な人

ビタミンEが不足している人

多汗症の人(汗により体温を奪われる為)

・普段から水に触れる回数が多い人

そしてしもやけは体質的なものもあるのですが、遺伝の関係で身内にしもやけ経験者が居たりする場合も発症する要因になります。

 

しもやけの治し方

taisyou01

しもやけの治し方には二つの種類があります。
一つ目は対症療法(症状に合わせたその場しのぎの治療法)、二つ目に体質改善(根本的な治療法)がありますので、一つずつ解説していきたいと思います。

対症療法その1:温湿布を貼る

これは意外に知られていない治療法なのですが、かなり即効性があり翌日には治っているケースがほとんどです。では何故、温湿布なのか?

 

温湿布には血行促進の作用やその他にも消炎、鎮痛、鎮痒や知覚神経に作用する成分が含まれていて、しもやけに非常に効果的なんです。それを裏付けるかのように温湿布の効能欄には「しもやけ」と書かれている場合が多いです。

対症療法その2:温水と冷水による治療

1:約40度くらいの温水と5度くらいの冷水を用意します。

2:お湯と冷水に患部を交互に浸します。
※ポイントとして約20秒づつ漬ける様にして下さい。良く温めてから良く冷やすという工程です。

3:この工程を5,6回くらい続けます。

この作業をすることによって血行の促進に繋がりしもやけの治りが早くなります。入浴のついでにするのもイイですね^^

 

sponsored link

体質改善方法(予防法)

次に体質改善ですが、しもやけは血行不良により発症してしまうと先述しました。特に冷え性の方は発症しやすいので体中の血行を促進させることによりしもやけになりにくい体質へと変わります。その方法としては、

 

1:適度な運動(縄跳び・30分程度のウォーキング)

2:足湯や半身浴に浸かる(約30分くらいが目安)

3:ビタミンの摂取(特にビタミンE)

 

以上の基礎代謝を上げ有効成分を適度に摂取することで体質改善がかなり期待できると思いますので、冷え性の方・しもやけになりやすいという方はどれか1つの方法でも構わないので毎日少しづつ実践してみましょう。

 

まとめ&あとがき

冬になると特に増えるしもやけの症状ですが酷い場合には手を動かすのも辛いですよね。。。しもやけは腫れの後に物凄く痒くなるのが特徴としてあります。

 

また、ほおっておくと腫れた部位が硬化し「あかぎれ」や「ただれ」にもなりかねませんので早めの治療を心がける様にしましょう。そして痒みや痛みが我慢できない場合は皮膚科などの医療機関に早急に診察してもらうようにしましょうね!

 

そして一番はしもやけにならない為にも自分でも出来る予防法を少しずつでもいいので実践していきましょう(^^)v

 

[関連記事]

⇒ロタウイルスの予防接種費用や感染経路をチェック!!

⇒魚の骨が喉に刺さった時の対処はどうしてる?放置はダメですよ!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ