今回は結婚式でのご祝儀に関するマナーについてご紹介したいと思います。

大人のマナーとしてこれは知っておきたいですよね!

その中でも、「新札」と「ピン札」は何が違うのか!?についても合わせて紹介しますね。

結婚式ではなぜ「新札」を使用するの?

ご祝儀に入れるお札は「新札」ということはご存知だと思います。結婚式のご祝儀が新札を使用することに関しては色々諸説があります。例えば、

・「お祝い事に誰も使っていない新しいお札を用意するという気持ちを込める」

・「新しい生活には新しいお札をお祝いとして渡すべき」

・「結婚式を心待ちにしていたので前もって準備しますという意思表示をする」

などと言われています。結婚式は前もって招待状が送られてくるので、十分に新札のご祝儀を準備することができますよね。

ちなみに、葬儀などでは新札はタブーとなっています。

不幸なことを前もって準備していたという意思表示になってしまいますからね。

「新札」と「ピン札」は何が違うの?

結婚式のご祝儀には新札ということでした。

ところで、新札とピン札の違いって知っていますか?見た目には新札もピン札も違いがあまりまりませんよね?

新札・・・銀行で発行された未使用の新券のこと。

ピン札・・・使用はしているけれど折り目などがないお札のこと。

新札を用いる理由には先ほどの「結婚式を心待ちにしていたので前もって準備しますという意思表示をする」などがあります。

その為、基本的にはご祝儀に新札を準備する方が大人のマナーとして良いですよね。

ただ、ご祝儀を数えていく上で、新札とピン札の見た目上の違いはほとんどありませんので、ATMなどで新札またはピン札が出てきた場合は念のために保管しておくのも良いかもしれませんね。

ちなみに新札は土日祝であってもATM以外の場所でゲットする事は出来ます^^

また、ご祝儀の相場については把握していますか?

もし、曖昧な部分があるようでしたら次の記事を参考にしてみてくださいね。

>>>結婚式の祝儀の相場【親族・上司・夫婦等】それぞれの金額について!

sponsored link

ご祝儀のマナーについて

さて、新札を準備する場合、金額はどれくらいが相場なのでしょうか?

当然、ご祝儀の相場は年齢関係によって変わってきます。基本は無理をしない範囲で、常識のある金額を決めることが重要です。

一般的な相場も紹介しておきますね。(1人で結婚式に出席する場合)

あなたが20代の場合

あなたの兄弟・姉妹・・・5万円

その他は3万円が一般的です。

あなたが30代の場合

◯上司、先輩・・・3万円

◯兄弟・姉妹・・・5万円

友人や親戚、後輩などは親密さによって3万円または5万円が一般的です。

あなたが40代以上の場合

◯友人、仕事関係・・・3または5万円

◯身内、親戚関係・・・5〜10万円と幅広いです。これは普段からの付き合いの深さがポイントになります。

ここで、ご祝儀に入れる金額で気をつけなければならないのが、割り切れない奇数の金額であることです。

奇数は縁起がいいのです。

割り切れないのは昔から言われていますが二人の中が分かれないようにという意味が込められています。

しかし、最近は2万円はマナー違反ではないという考えもあります。

「2」は夫婦やペア等と考えられるようになって、2万円を包むことも珍しくありません。そしてお財布にも優しいですよね^^

とはいっても、縁起を担いで偶数を気にする新郎新婦もまだまだいますので、そういう場合は、一万円札と五千円札二枚入れると良いですよ!

HAYATOHAYATO

逆に、4や9は縁起が悪いというイメージが強いため避けたほうが良いです。

また、ご祝儀袋の中袋にお札を入れる際、中袋の表とお札の人物が描かれている側を合わせるのがマナーですよ。

そして、ご祝儀袋と包む金額は格が釣り合うようにしましょう。

お店に並んでいるご祝儀袋の表と裏には大体目安の金額が書かれているので参考にすると良いかもしれません。

基本は包む金額の100分の1くらいの値段のご祝儀袋となっています。

金額が少ないからせめてご祝儀袋は豪華にしたい!というのは実はマナー違反になってしまうので気を付けましょう。

そして、夫婦で出席する場合は、これまた事情が変わってくるのでご注意下さい!

夫婦の場合はまとめて贈るため、どうしても偶数になってしまいますよね?そのため、大体5万円が相場となっています。

ただし、とても親しい間柄で5万円は少ないと感じた場合は7万円を包むか、5万円のご祝儀プラス1万円程度の贈り物を渡すと良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?知ってそうで、いざご祝儀袋を目の前にすると、あれ?と思うこともありますよね。

我が家では新札とピン札はいつもストックしています。

ご祝儀は気分的にも新札ですが、何かの支払いなどに新札を使うのはちょっともったいない気がして、ピン札を利用しています。

別々に見ると違いはないのですが並べると新札のほうがやっぱりきれいですよね〜。そのため、ご祝儀袋には新札をおススメします。

また、ご祝儀の相場も色々ですね。

今回紹介した中だと大体3〜10万円が相場になります。

ご祝儀を渡す相手との関係性によっても金額が変化しますし、親戚にはやはり多めの金額となりますよね。

しかも子連れだと若干変わってくることもあります。

親戚が多いと結婚ラッシュの時なんて経済的に苦しんでしまうこともありますが。。。(苦笑)

今回紹介したことを知っておくことで、ご祝儀関係で悩んでしまうことは無さそうですね。知っているようで以外と知らないことって日常の中で結構あるものです。

是非こういった豆知識は普段から取り入れておくと良いかもしれませんよ。

また、友人から結婚式の招待状が届いたもののあまり行きたくない。。。そんな時の断り方も知っておくといいかもしれませんね。

>>>友達の結婚式に行きたくない時の上手な招待状の断り方

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ