今回は白髪を抜くと増えるって本当?減らすには染める方が良い?のかについて紹介します。

 

白髪って、黒髪の中にあると、結構ギラギラしているので目立ちますよね。

 

だからつい、「え〜い!抜いちゃえ!」って抜いちゃったりしませんか?

 

お出かけの準備をしながら鏡をみて、目につくと抜いてしまう。

 

髪の毛を乾かしながら、思わず鏡を見て抜いてしまう。ふと流しをみたら毛だらけ。。。!なんてこともありますよね。

 

はい!それ私です(汗)

 

でも、白髪を抜いたら、白髪が増えるってよく聞きませんか?

 

誰も増やそうと思って抜いてるわけじゃないんですけどね。。。こんな時、白髪を減らすには何が一番良いのでしょうか?


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

白髪は抜くと増えるって本当なの?

shiraga

まず結果から言うと抜くと増える説は正解か不正解かというと不正解です。

 

髪はメラニンによって黒く見えていますが、老化などの理由により、機能が低下して黒色色素を作れなくなって、白髪となります。

 

髪の毛を抜くという行為は、基本的に頭皮を傷つけ、毛根を痛めてしまいます。

 

黒髪であっても同じく、髪を抜く行為はしてはいけない事なんです。医学的な根拠は未だ証明されていないのですが、噂が今も残っていると言うのは何故でしょうか?

 

徐々に増える白髪ですが、黒髪の中で目についた1本の毛は、光っていてとても目立ちますよね!それさえ抜いてしまえば、いったんは元の黒が見になる!と納得します。

 

しかし、隠れていた別の白髪を複数みてしまい、増えてしまった!と思っている方がほとんどかもしれません。

 

髪はひとつの毛穴(毛根)から、だいたい2~3本集まって生えています。

白髪を見つけるたびに抜き続けると、この毛根を傷つけ、健康に生えようとしている髪の妨害をすることになり、切れ毛や抜け毛、そればかりか薄毛の原因を作ってしまいます。

 

白髪は増えませんが、髪の毛がなくなってしまえば、白髪どころではありません!

 

白髪は減らせるのでしょうか?また、見つけたらどうしたら一番いいのでしょうか?

 

白髪を減らす方法ってある?

houhou

減らす方法というのは、自分の白髪がなぜ増えたかを知るのが大切です。

 

ハッキリ言って減らすというのはとても難しい事です。

 

これ以上増えない様に、また、増え方を抑える事しか現実的には難しいのです。

 

しかし、ストレスによる白髪であれば、まだ、無くなる希望があります!

 

一時的に機能が低下してしまったのであれば、自立神経等が元に戻れば毛根もまだ復活するかもしれません。

 

以前、白髪とストレスの関係性について書いていますので、こちらも参考にしていただければと思います。

 

>>>白髪にストレスは関係ないの?因果関係と改善方法!

 

極論、加齢によるものだと、おそらく自然と増えて行くでしょう!

 

しかし、進行を穏やかにするためには自分の努力で食生活や就寝時間などを規則正しくし、負荷がかからないようにすることが大切です。

 

日光に多く当たると頭皮が痛み、毛根を刺激され栄養がうまくいかなくなるとこれもまた白髪の要因となります。

 

帽子をかぶる事も忘れないようにしたいものですが、汗などで油脂が詰まらない様に清潔にすることも大切です。

 

医学や化学の進歩によって、増毛・育毛の薬品も開発され、手軽に購入出来る様にもなっていますね。

 

そのうち白髪を黒髪に治すような商品も(白髪染めじゃなく)出来るとみんな泣いて喜ぶかもしれません^^

 

しかし、歳をとっても、お肌も髪も綺麗な人も居ますよね。老化や遺伝もあるとは思いますが、諦めたくないですよね~!

 

白髪を無くす!とはいかないけれど、努力次第では減る可能性もあるのですから。

 

sponsored link

髪に必要な物とは?

syokuj

前項でもあるように、自分に白髪があるのは遺伝だからとか、年齢のせいだと諦めてはいけません!

 

確かに両親とも、あるいはどちらかが若いころから白髪があったりすると、遺伝の可能性が高くなります。

 

しかし、医学的に解明されているわけでもなく、あくまでも統計的にはそうなるからだけのことです。

 

また、白髪は加齢による髪の毛の老化現象ととらえるのはもったいないことです。

 

先述した通り実際に、年を重ねても肌がきれいな人もいますし、髪だって黒い人もいます。

 

白髪は、病気や強いストレス、生活習慣や食生活の乱れでも発生することはありますが、そういった原因で増えたものは減る可能性もあるのです!

 

白髪を見つけたからとって、むやみに抜くのは毛根やメラノサイト(髪の色素細胞)を傷つけ、髪の毛が生えてこなくなったり、色素が付かなくなって白髪になってしまいます。

 

では、どうしたらいいのか!?・・・・ということで髪に必要な物をかんがえてみました。

髪に必要な栄養素

よく言われているのは、

  • アミノ酸
  • ビタミン
  • ミネラル
  • カルシウム

です。これらは体に必要な栄養素でもあります。

 

特にミネラルはチロシナーゼのはたらきを活性化させ、髪を黒くするためには必要な栄養素です。

  • ミネラル(海藻類、キノコ類など)
  • 銅(牛レバー、エビ、イカ、タコ、アーモンドなどのナッツ類など)
  • 亜鉛(カキ、レバー、牛肉など)
  • セサミン(黒ゴマ、ごま油)
  • ビタミンA(かぼちゃ、にんじん、ほうれんそうなどの緑黄色野菜、レバーなど)
  • ビタミンB(豚肉、レバー、納豆、チーズなど)
  • ビタミンC(オレンジ、いちご、キウイ、アセロラなど)
  • ビタミンE(玄米、アーモンドなどのナッツ類、オリーブオイルなどの植物油、アボカドなど)
  • カルシウム(乳製品、小魚、大豆、ナッツ類、海藻類)
  • タンパク質(大豆、肉、魚、卵、乳製品)

これらが不足すると、髪に栄養が行き届かなくなり、白髪の原因であるメラニン色素が作られなくなってしまいます。

 

ただし、摂りすぎるのでなく、バランスよく摂ることが大切です。

 

まとめ

白髪の原因は生活習慣大きく関わっています。

 

悪いとされる事、良いとされることを前項であげていますが、白髪を減らす最善の方法としては、規則正しい生活が最も重要です!

 

実際私の知っている方で食生活を改善し、ストレス負荷のかかる事を出来るだけ排除するように心がけたところ数か月後に徐々にですが黒髪が戻って来ていましたので効果があるのは事実です。

 

自然に抜け落ちる前の成長途中の毛を抜くと、毛根が傷つきやすく、毛根が傷つくと細くてカヨワイ毛が生えてきたり、毛穴が変形してしまってうねった髪が生えてきたりしてしまいます。

 

なので、白髪を見つけてしまった時は、

  • 根元から切る!
  • 白髪隠しを使う!
  • 染めてしまう!

という事です。

 

もちろん、伸びてきてしまうのでその都度必要になりますが、髪を傷めない様にもシャンプータイプのものやトリートメントタイプのものをお勧めします。

 

白髪は1本見つけたら10本位はありますからね。

 

でも、焦らない!抜かない!抜いたら増えるのは迷信だけれど頭皮に傷をつけないように自分に最も適した対処法を実践するようにしましょう。

 

そして、この記事を読んでいるあなただけに私が実際に使用しているシャンプーで、効果の高い白髪染め用カラーシャンプーをおススメしたいと思います。

 

当サイトで紹介してからというものの本当にたくさんの方に購入いただいて、実際に効果を感じていただけている非常に納得できる白髪染め用のシャンプーです。

 

中には「紹介してくれてありがとう!」といった心温まるメールをいただくこともありました。

 

もし、白髪のことで悩んでいるようでしたら次の記事で紹介している白髪染め用シャンプーを選択肢に入れていただければと思います。

 

⇒【白髪用】利尻カラーシャンプーが染まらないのは本当?

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ