今回は白髪染めで部分染めと全体染めどっち使えばいいか分からない!という人に向けての記事になります。

 

白髪に悩んでいる人はたくさんいると思います。例えば、

 

「白髪はあるけど部分的だし全体的には真っ白じゃないから全体染めをするほどじゃないかな?」

「生え際の白髪が目立ち始めた。やっぱりもう一度全体的に染め直したほうがいいのかな?」

「部分染めって洗髪したらやっぱり色も落ちてしまうのかな?」

 

など様々な悩みや迷いがあると思います。極論を言ってしまうとどちらでも構わないと思います。

 

しかし、部分染め・全体染めにはそれぞれのメリットやデメリットがありますのでそれを知ることによって、答えが出るかもしれません。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

白髪染めの部分染めと全体染めそれぞれが適している場合とは?

nattoku01

白髪染めの「部分染め」の場合、白髪の生えている量と白髪の位置を気にするようにしましょう。

 

例えば、一度全体染めをしていて、日が経ち生え際の白髪が目立ち始めた場合は生え際だけを染めればいいので部分染めでいいと思います。

 

また、白髪はあるんだけどそこまで目立ってないといった場合でも部分染めは役に立つと思います。

 

しかし、毎回毎回そうやって染めるのは面倒だ!って人は全体染めを使うかもしれません。また、中には毎回毎回、全体染めをするのはなんか髪に優しくない!そう思う人もいるはずです。

 

現に私も過去に白髪染めを使い真っ黒にしたものの、日が経ち生え際の白髪が目立ち始めた時に全体染めを使いました。

 

その時の私は白髪染めに対してあまり知識もなかったので普通に使いました。

 

しかし、改めて白髪染めを使った際に、日が経つごとに頭皮が痒くなり前よりもフケが増えるといった白髪染めによるアレルギー反応を起こし始めたのです。

 

後々分かったことなのですが、ドラッグストアーなどで販売されている白髪染めは一度でしっかり染めるためにたくさんの化学成分を配合しています。

 

それによって頭皮がアレルギー反応を起こしてしまったのです。(特に全体染めの場合は頭にたっぷりと塗布しますからね)さすがにこの時はヘコみましたね。

 

頭はかゆいしフケは大量に出るので周りからするととても汚らしく見えます><

 

なので当時、私は部分染めと全体染めをする基準を決めました。

 

>>>白髪染めは害がある!?発ガン性物質が入っているって本当!?

白髪の割合が全体の10%!

頭の白髪の割合が10%未満だと部分染め。10%以上だと全体染めをするようにしました。

 

そうすることである程度自分自身で判断が付けれますし、何より白髪染めの染料で頭皮や髪の毛を傷める機会もだいぶ減りました。

 

しかし、今思うと白髪の割合が10%って結構な量ですよね!(笑)なので、察しの通りほとんどの場合、私は全体染めではなく部分染めを使用していました。

 

ちょくちょく部分染めを使用していたことですね。

 

では、部分染めって市販で販売されているものにどんなものがあるか知っていますか!?おそらく多くの方がマスカラタイプを想像すると思います。

 

しかし最近は筆タイプであったりブラシが付いているものがあったりと多くの種類が販売されています。

 

また、部分染めの中でも、一時的に白髪を隠すための白髪隠しもあります。では、結局のところ何を使えばいいの!?ってことになりますのでちょっと表にしてみました。

hyouichirann01

正直、ドラッグストアでもたくさんの種類の毛染めが販売されていますので、どれを使えばいいのかは迷ってしまいます。

 

結局ネットの情報を鵜呑みにして試したところ実際使ってみたけど自分には合わなかった。。。って人も多いです。

 

なので、極論を言ってしまうと一つづつ使っていき自分に最も相性のいいものを決めるしかないんですよね。なんか恋愛に似ているかも。。。(笑)

 

冗談はさておき、そんなことしてたら経済的に良くないし、どれだけ時間かければいいんだよ!って思ってしまうわけです。

 

なので今後使っていくのであれば上の表にもあるように評価のいい白髪染めトリートメント等がいいです。

  • 簡単で使いやすい
  • 頭皮、髪に優しい
  • 使い続けることができる

といったメリットもあるほか、白髪染めトリートメントやシャンプーなどには天然成分を多く配合されているものも数多くあります。

 

これは何お意味するのかというと、白髪を染めていると同時に天然成分により髪や頭皮をケアしてくれるのです。

 

先ほどのアレルギー反応などの話からすると考えられないような話ですが、一つだけ私的に感じるデメリットはあります!

 

それは市販で販売されている白髪染めや白髪隠し、または部分染めなどは安価で手に入れることができるのに対して、天然成分で作られた白髪染めシャンプーやトリートメントは少し金額が高いです。

 

これに関してはそれぞれの金銭感覚もあると思いますのでなんとも言えません。

 

私は「ちょっと高いな〜」と思っていました。しかし、やはり市販のものより高価な分その成分や効果にはとても満足しています。

 

化学成分入りの安価なものを買って将来辛い思いをするより、今きちんとした物を使い、ヘアケアをしておく方で将来のためになるとは思いませんか?

 

そういうこともあり、天然成分で作られた頭皮や髪に優しい白髪染めシャンプー・トリートメントはお勧めできるのです。

 

次のページでは私の独断と偏見で選んだ白髪染めシャンプーとトリートメントを紹介していますので参考にしてみてください。

 

白髪染めによるヘアトラブルに悩まされている人は必見ですよ^^

 

>>>【続き】白髪染めシャンプーおすすめランキング!ベスト3はこれで決定!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ