月が地球に最も接近する「満月」の事を『スーパームーン』といいますが、日本では11月14日22時52分に最も近づくものと思われます!宇宙の神秘を間近で感じることの出来る一大イベントですので、是非ここはチェックです!!

 

さて去年のスーパームーンは9月28日だったのですが、私の住んでいる地域は曇っていて正直良く観えませんでした。。。しかし、場所によったら夜空に大きな「満月」が出ていたと言っている人もいましたので、運もあるのかなぁなんて思ってしまいますが、今年こそは綺麗な「スーパームーン」を拝みたいものですよね。

 

そこで、今回は「最高の満月=スーパームーン」についてちょっとだけ詳しくなりましょう^^

スーパームーンとは!?

月が地球に最も近づいた時に、満月かもしくは新月になった姿やその現象の事をスーパームーンと呼びます。スーパームーンというだけあって、やはり普段より大きく観えるのも特徴の一つなんです。

 

月と地球の距離が最も離れているときは、約41万kmあるのですが、これがスーパームーンの時は約36万kmにまで近づくのです。その差、約5万kmです!

 

5万kmというと地球を1周してさらに日本からロンドンに行くくらいの距離です(地球1周は約4万km、日本からロンドンまでが約1万kmあります)かなり接近してきているのが解りますよね!その関係で、普段の月よりも約13%も大きく見え、さらに30%増しで明るく見えるのです!

 

では何故月が地球に近づいたり遠ざかったりするのでしょうか!?

tuki-kidou01

小学生の時にも習いましたが、月が地球を周回する軌道が楕円の形をしている為なんですね。その為地球に近づいたり遠ざかったりするわけです。そしてスーパームーンは約1年周期で訪れるわけですが、今年のスーパームーンは11月14日22時52分に最も近づくとされてます。

 

この日は月曜ということもあり中々夜空を見る人は少ないかもしれません。しかしこの日だけは夜空を見上げてみてください。いつもより大きな満月が私たちを照らしてくれています。

 

月には不思議な力がある!?

昔から月には神秘的な力があるとされています。例えば、

 

・満月の日は月の引力が最も強くなる為、人の出生率が普段よりも高くなる。
・引力の関係で自然災害や暴動が増える。
・水晶を月の光に当てると水晶が清浄化される。
・満月に願いを込めると叶う。

 

などなど、科学的な裏付けが難しいものばかりですが、私はこれらは有りなんじゃないかなぁって思います。だって、これだけ「満月だ!」、「スーパームーンだ!」と騒がれるわけですから何かしら人体にも微力ながら影響はあるのかもしれないし、科学では解明されないことがあっても不思議ではないですからね^^

 

せっかく「スーパームーン」を観測するなら「何か起こるかもしれない!」と思って観てみる方が楽しいですもんね(*^_^*)

 

sponsored link

世間の関心度

 

スーパームーンの今後の観測予定日

11月14日のスーパームーンは夜中なのでもしかすると見過ごしてしまったりしてしまうかもしれません。。。そんな時の為に1年周期ですが、今後の「スーパームーン予定表」を張っておきたいと思います。

super-moon02・2015年  9月28日
・2016年  11月14日

・2017年  ナシ

・2018年  1月1日(元旦)

・2019年  2月19日

・2020年  4月7日

やはりここで注目すべき日は2018年の1月1日の元旦の日が目玉でしょう!!まだこの日の何時ごろに観測出来るのかは分かりませんが、この日は祝日でもありますしもしかすると日本のほとんどの人が「スーパームーン」を観るために空を見上げているかもしれませんね^^

 

一生に一度あるか無いかの世紀の天体ショーを是非観測しましょうね☆

 

[関連記事]

⇒ペルセウス座流星群が凄すぎる!

⇒十五夜の本当の意味を知っていますか!?

⇒竜巻の原因スーパーセルとは!まさに天空の城ラピュタの竜の巣じゃん!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ