今回は擦り傷がなかなか治らない!治りかけなのに痛い、かゆいの原因について紹介してみたいと思います。子供なら擦り傷ぐらい日常茶飯事ではないですか?

 

我が子も幼稚園や学校へ行けば、結構な頻度で怪我をして帰ってきますよ(笑)大きな怪我でなければ、擦り傷くらいなんてことないですよね!でも、この擦り傷、なかなか治りにくいことはありませんか?

 

私のように大人になると傷の治りが悪いのは「年のせいか・・・」なんて思ってしまいますが、子供でもなかなか治らないということはよくありますよね。

 

そして、治りかけているはずなのに痛かったりかゆかったりすることもありますよね。

 

そこでこの記事では、なかなか治らない擦り傷、この痛みやかゆみの原因は?についてご紹介したいと思います。また、擦り傷をきれいに治す方法もご紹介します!


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

擦り傷はなぜなかなか治らないの?

ichigennka

 

子供に擦り傷ができたとき、そんなに大きな傷じゃなかったはずなのになぜだかなかなか治らないことってありませんか?我が子はかさぶたも出来てるし、そろそろ治りそうだなと思ってたら、

 

血が出たー

 

なんてよく言います。実は擦り傷がなかなか治らない原因の一つにかさぶたを取ることが挙げられます。あなたも子供の頃、かさぶたを剥がした経験ってありますよね(笑)

 

かさぶたは治りかけの傷を保護する役目がありますから、これを無理に剥がしてしまうと傷の回復を妨げてしまうのです。

 

そのため、なかなか治らないのです。また、昔は傷口はしっかり消毒して、ガーゼを当てておくという感じではありませんでしたか?そして、ばい菌が入らないようにこまめに消毒をしたりしていませんでしたか?

 

実はその処置はあまりよくないという考えが最近はあるそうです。

 

そのため、こまめに消毒することは回復してきた細胞を壊すことになるし、ガーゼを当てることは剥がす時に一緒にかさぶたが取れたりしますよね?

 

そのため良くないし、治りが悪くなると最近ではいわれています。

治りかけの痛みやかゆみの原因は?

nazenaze

 

治りにくい原因は分かりましたか?では治りかけのときに痛みやかゆみが出るのはなぜ?ってなりますよね。かゆいと子供は無意識に掻いてしまって、

 

かさぶたが取れてしまう

治りにくい

痛い、かゆい。。。

 

悪循環ですよね。この痛みやかゆみにはかさぶたが関係しています。保護の役目のかさぶたですが、かさぶたの下はまだ傷が回復中です。怪我から日が浅いうちはまだ傷の痛みが残っていて痛むのです。

 

そして、この痛みがだんだん治まってくると次第にかゆみが出てきます。

 

何故、かゆいかというと、痛みとかゆみの神経細胞が同じで、痛みが治まったかゆく感じているだけなのです。簡単に言うと、「かゆい気がしている」だけなのです。

 

えっ!?という感じですが、かゆみは治りかけの合図だと思えばいいですよ。

 

ただ、子供はここで掻いてしまい、また傷を悪化させたりするので、先程のなかなか治らないということになるのです。

 

sponsored link

擦り傷をきれいに治す方法

mizu

 

擦り傷の治りが悪かったり、かゆみが出たりするのは「かさぶた」があることで、かさぶたがガーゼについてはがれたり、掻いて取れたりすることが原因でしたよね。

 

そもそもこのかさぶたさえなければ治りも早く、痛みやかゆみも出ないのでは?と思いませんか?私も子供の頃、怪我をよくしました。

 

かさぶたが出来るたびに剥がしますよね?そうすると、結局うっすらと傷が残るのです。

 

膝なんて今でも痕が残っていますよ(笑)傷が残っていても困りませんが、できれば子供の傷はきれいに治してあげたいですよね。そこで、きれいに擦り傷を治す方法を紹介します。

最近注目の湿潤療法

先程少しお話しましたが、最近は昔のように消毒やガーゼを当てるという処置はしないのだそうです。そもそも、かさぶたをつくらないように、傷を「乾かさない」ようにするのです。

 

これは「湿潤療法」と呼ばれています。この名前だけだと耳慣れませんが、「キズパワーパッド」ならご存知ではないですか?

 

⇒こんなやつです。

 

傷口の汚れを水で洗い流したあと、傷口に直接はる傷テープです。

 

こまめに貼りかえることで、あっという間に傷が治るというものですよね。私も大人になってから、激しく転んで膝を負傷したことがありました。騙されたと思って初めて使ったのですが、傷ってこんなに早くきれいに治ったっけ?なんて思いましたよ。

 

この「湿潤療法」とは、傷口からジクジクとでる浸出液が傷の回復を促すことを利用しているのです。

 

そのため、傷口を乾燥させたり、消毒するとこの浸出液が出ないため、治りが悪くなり、傷が残ったりするそうです。傷の度合いにもよりますが、自宅で対処できる程度の擦り傷なら、白色ワセリンを食用ラップに塗り、傷口に当てておくだけできれいに治りますよね。

 

もちろん、毎日ラップ交換はしなければなりませんよ。その時、傷の周囲を水で洗って清潔にすることが大切です。

 

夏場だと、一日に数度取り換えたほうがいいそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?擦り傷の処置の仕方も私が子供の頃に比べたら随分変わりましたよね。便利な傷テープを利用するのもいいですし、急な怪我なら自宅にある物でも対処できますよね。

 

要は出来るだけかさぶたを作らないことがキレイに治すためには大切なのです。

 

ただし、今回ご紹介した湿潤療法が必ずどのような場合でも適しているという訳ではありません。あまりにも大きな傷の場合は、病院で診察を受けたほうがいいです。

 

また、かさぶたを取ったり、消毒をしていないのになかなか治らない、それどころかひどくなっているという場合も、病院受診をおススメします。傷の度合いをよくみてから試しましょうね。


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ