今回は出産後の仕事復帰はいつからが理想?最短だとこの時期?について紹介してみたいと思います。働くママが増えた今の時代、出産後ももちろん仕事復帰という考えの方が多いですよね。

 

育児と仕事の両立はなかなか難しいこともありますが、最近は子育て支援新制度ができましたし、働きながらの育児が少しは、しやすくなりつつあるのではないでしょうか?

 

我が家の近くの保育園は常に待機児童がいるという状態だったのですが、認定こども園に移行した幼稚園が多いため、待機児童は少し減ったようです。

 

私の勝手なイメージでは共働きの家庭は保育園、ママがおうちにいるという家庭は幼稚園だったのですが、最近は幼稚園のママでもほとんどがお仕事をされているようで、専業主婦というほうが珍しいようです!(これは私の地域のことなんですけどね。)

 

さて、そのママ達は一体いつからお仕事をしているのでしょうか?もちろん、子供が幼稚園に通い始めたからその間にパートという方も多いですが、育休・産休を経て仕事復帰というママも地域柄多いようです。

 

うちはパパと立場が逆なの~」なんていうくらい、バリバリ働いているママもいますが、そういうママは独身時代からの仕事をずっと続けているので、かなりのキャリアがあるようです!

 

そこで今日は今の時代に合わせて、出産後の仕事復帰はいつからが理想なのかについてです!最短の復帰時期についてもご紹介します!


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

産休と育休の違いとは?

naze

日本には「労働基準法」というものがありますよね?この労働基準法によって産前産後の休業いわゆる「産休」について定められているのです。

 

この産休というのは女性労働者に対して母体保護のために出産前後に休業の期間を取ることができるものですよね。

 

休業期間は出産予定日前の6週間の産前休業で、多胎妊娠の場合は14週間となります。また、産後休業は出産の翌日から8週間と法律で定められているのです。

 

産前休業は本人が申請した場合に取得できるので、極端な話、出産直前まで働くことも可能なんですよね。

 

産後休業は本人の意思に関わらず、使用者側が就業させてはならないと決まっています。ただし、医師の許可がおりれば6週間以降から働くことも可能なのです。

 

そして産休と一緒によく聞く「育休」は育児休業のことですよね。

 

これは育児介護休業法によって定められているものなので、産休とはまた別物なのです!育休は子を養育する労働者が取得することのできる休業のことなので、会社などによってこの期間は異なってきます。

 

つまり、産休は妊娠している女性が必ず取らなければならない休業のことです。もちろん雇用形態によって変わることはありません。反対に育休は子供を養育する人なら取ることが出来ます。

 

最近はパパが育休取得なんて話もよく聞きますよね。ただし、これは雇用形態や就業先によって異なります。

 

出産後の仕事復帰はいつから!?

nayami

産休と育休というのはセットのように思われがちですが、実は違うものということが分かりました。我が子のお友達のご家庭でも色々あります。

 

本当に産後最低限の休業のみで仕事復帰されるママもいれば、幼稚園入園まで育休を取得して、その後も時短などの制度を利用して正社員ながらも結構融通が利く働き方をされているママもいます。

出産後の仕事復帰の時期はいつが理想!?

多くの働くママは半年〜1年で復帰しているようです。その理由として、保育園など預かり先が生後半年から可能であったり、勤め先の育休が産後1年であることが多いようです。

 

また、ずっとお仕事をしているママの場合、長期間の休業に「不安」を感じるようです。そのため、1歳を目安に仕事復帰する人が多いようです。その一方で、育休を3年取得できる勤め先の場合は職場の理解もあれば最大限取得するというママも多いようですね。

 

また、最短で復帰するならば、産休のみの出産の翌日~8週間後または6週以降に復帰することも可能なのです。ただ、生後8週間というのはまだまだママのカラダが大変!

 

それに生後2ヶ月から赤ちゃんを預けるというのはなかなか難しいかもしれません。周りのママの仕事復帰時期で多いのは、4月または10月が多いです。

 

特に4月に復帰というのは保育園へ「0歳児クラス」に入れられるからと聞きます。1歳児、2歳児クラスは結構待ちが多いようですが、0歳児クラスならすぐに入れる場合が多いようで、1年以内に復帰するようです。

 

これは地域にもよるかもしれませんが、私の地域ではこのような感じですね。

 

sponsored link

仕事復帰のポイント!

注意

仕事復帰する場合、職場の理解も大切ですが、何よりも母子の体調も大事ですよね。生後2ヶ月から赤ちゃんの怒涛の予防接種が始まりますし、生後半年を過ぎるとママからの免疫もなくなり病気になりやすかったりします。

 

預け先によっては熱があるとこまめにお迎え要請があることもあるので、その場合の対応も考えておかなければなりませんよね。

 

家族のフォローがある場合は良いですが、せっかく仕事復帰したのに頻繁に早退となってはなかなか周りの視線が冷たく感じるという声も聞きます。

 

可能であれば短時間からの仕事復帰が働きやすいかもしれませんよ?

 

まとめ

いかがでしたか?出産後の仕事復帰、早ければ産後6週目以降でも可能なのですね!初めに書いたように今年度からワーキングママに対する支援制度が充実してきているので、預け先などは増えてきていますよね。

 

仕事復帰はママだけではなく、家族や赤ちゃん、そして職場の理解によっても時期が異なりますが、計画的にプランをたてることが重要です!

 

情報収集もしっかりすることで、どこの施設でいつ空きがでるのかで復帰時期が変わったりもしますので、がんばってくださいね!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ