7月7日と言えば「七夕」ですね。「七夕」と言えば「織姫と彦星」そして笹の葉に飾る「短冊」「かざり」など実に色々と出てくる行事なのですが、私が今回注目したのは七夕の日に飾る「短冊」と「かざり」についてです。

 

タイトルにもある通り、種類が多いのですが七夕に飾る「かざり」の種類、あなたはどれくらい知っていますか?残念ながら私は2種類ほどしか思いつきませんでした。。。

 

なので今回は「七夕かざり」・短冊の意味に加え日本古来から伝わる「七夕かざり」の種類についてご紹介したいと思います。

五色の短冊の意味とは?

tannzaku001

七夕で飾られる短冊は5色あるのですが、この5色にもそれぞれ意味があるのをご存知でしたか?この5色は「5行思想」という中国古来からの思想がもとになっていて万物を表しています。

 

七夕で用いられている5色というのは「青・赤・黄・白・黒」になるのですが、これは中国からの陰陽五行説「木・火・土・金・水」に由来していて密接にリンクしているようなのです。

 

また、この5色は日本においては如来の精神・智慧(ちえ)を表しています。ちなみに日本の五色は以下の二色は、

 

青  ⇒  緑
黒  ⇒  紫(最上の色という意味がある)

 

で表現されることが多いです。

 

⇒七夕飾りを折り紙で作ろう!簡単な作り方(織姫・ちょうちん・星等)

 

確かに今思うと家を建てる際にする地鎮祭や鯉のぼりの吹き流しなどもこの五色から出来ていますよね^^

 

非常に興味深く面白い思想です。そして孔子の唱えた五つの徳と言われる「仁・礼・信・義・智」(儒教)とも重ね合わせているんですね。その為短冊に願いを書く際には色と願い事を統一させるという人も結構いたりするんですね。

 

この関係をまとめておきます。

五行説の色と意味の関係

緑   ⇒   木   ⇒   仁(人を思う)

 

赤   ⇒   火   ⇒   礼(上下関係で守るべき事をする)

 

黄   ⇒   土   ⇒   信(真実を告げ、約束を守る事)

 

白   ⇒   金   ⇒   義(利欲に囚われずするべき事をする)

 

紫   ⇒   水   ⇒   智(学問に励む)

 

sponsored link

七夕かざりの意味と種類

笹の葉に飾りを付けだしたのは江戸時代頃からのようで、その種類も様々で色とりどりの飾りがあります。

○紙衣
病気災害からの身代わりとしてや、裁縫の腕が上達するようにと願った飾り。

○巾着
商売繁盛を願い、お金が貯まりますようにと願った飾り。

○吹流し
織姫が織る糸に見立てていて、機織が上手になりますようにと願った飾り。

○折り鶴
家族皆が長生きしますようにと長者の数だけ鶴を織り願った飾り。

○投網
魚を捕る網に見立てていて豊漁に恵まれますようにと願った飾り。

○菱飾り
星が連なっている天の川をイメージして作られた飾り。

○ちょうちん
心を明るく照らしてくれますようにと願われた飾り。

○織姫と彦星
二人の様に永遠の愛が続きますようにと願われた飾り。

○笹の葉
邪気から身を守ってくれますようにと願った飾り。

○くずかご
整理整頓ができ、清潔・節約をわが子に願う飾り。

まだまだ調べると出てくると思うのですが、とりあえず今回調べてみて思ったことは、みんな願い事、たくさんあるんだなぁと感じました。

願いを書く時のコツ!

「短冊」に願い事を書く際には、

・「~になれますように~」

・「~になれたらいいなぁ~」

と書くのではなく、断言型で書く方が良いんですね^^

・「僕は~になる!」

・「私は~が出来るようになる!」

といった感じですね^^星に願いをお願いするのもロマンティックで素敵なのですが、是非今年の七夕は星に願いをするのではなく、星達に自分の目標や考えを宣言してみてはいかがでしょうか??

 

何かにコミットメント(宣言)することによって人間は自然とそうなれるように身体が動くんですね^^(←夢がなくてスイマセン><)

 

⇒七夕の由来が知りたい方はこちらも記事をどうぞ^^


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ