今回は【子供の日】端午の節句で兜は誰が買う?不要になったらどうするの?について紹介してみたいと思います。3月3日のひな祭りは女の子の「桃の節句」ですよね。

 

男の子の節句は国民の祝日で5月5日「子供の日」の「端午の節句」ですよね。桃の節句はお雛様を飾ってのお祝いで飾り方や飾りに色々意味がありましたよね。

 

もちろん端午の節句にも鯉のぼりや兜、5月人形などを飾ってお祝いをします。そこで今日はこの中でも「兜」についてのあれこれを紹介したいと思います。

端午の節句で兜って誰が買うの?

nazenaze

男の子の初節句と言えば立派な兜に凛々しい男の子のお人形ですが、この端午の節句で飾る兜やお人形って誰が買うものなのかご存知でしょうか?

 

一般的には、お嫁さん側の実家から贈るようです。

 

でも、最近では両家で折半するとか、兜はこっちが買うから、鯉のぼりはあちらから買ってもらってねとかもあるそうです。また、男の子はその家の跡取りという意味合いから旦那さん側の実家から兜も鯉のぼりも一式贈るなど、そのご家庭ご家庭で良い様に決めることができるものなんです。

 

つまり、これといった決まりは特になくなってきているんですね。でも、注意も必要です!地方によっては、その地方のしきたりがはっきり残っている場合もあるようですので、しっかり調べてからにしましょう。

 

また、脇飾りとなる人形などは、仲人、親戚、友人などによって贈られることもあるそうです。

 

sponsored link

兜が不要になった場合はどうすればいい!?

兜って、男の子の健やかな成長を願うために飾るいわゆる「お守り」ですよね。基本的には「一人に一つ」贈るものとされていて、毎年端午の節句の頃には大切に飾り、お祝いをするものですよね。

 

でも子供が大きくなるにつれて飾らなくなる場合もありますよね。実家を出てしまうとなおさら飾らず、保管したままなんてことも。サイズにもよりますが、保管にも場所をとるので、どうにかしたいと考えてしまうこともありますよね。

 

その場合はどうしたら良いかを紹介しますね。兜や鯉のぼり等は元々は子供のお守りとして贈ったものなのでいくら不要といっても買い取ってもらうことはあまりよくありません。

 

が、元々高価なものだったので、一応買い取りという手段もあります。でもおススメの方法としては、全国各地の神社やお寺などで行われる「人形供養」に納めるのが一般的なんです。

 

お守りやお札、絵馬なども自分で処分せず神社などに納めますものね、それと同じです。また、寄付するという方法もあります。NPO法人や国内の児童養護施設、発展途上国の支援を行っている企業・団体などへの人形寄付を行っている会社や団体がありますよ。

 

我が子のよく行っていた児童館にも立派な兜や鯉のぼりそして雛人形が寄付されていて、その時期に合わせてきれいに飾られていました。

 

また、子供の幼稚園でも兜や鯉のぼりがたくさん寄付されていました。

 

これだと兜や人形たちも子供達の沢山いるところで毎日過ごせるわけですし、人形的にも押入れの奥にしまっとかれるよりは全然良いですよね^^そして、人によればオークションという方法もあるようです。

 

実は外国には日本のものを骨董品としてコレクションにしている人が多いのです。そういう人には好評のようですね。ただし、高価なものなので、詳細をきちんと知らせたり、細かな交渉をしなければトラブルに発展しかねませんので、これはあまりおススメできません。。。

 

ってか私の場合、実は子供の日ってあまりイイ思い出が無いんですよね~、初節句の兜も見た事なければ人形も家で見た事ないんですね。

 

元々私の両親自体が末っ子だったからかもしれませんが、祖父祖母からこれといったお祝いをしてもらった記憶がありません。。。兜、そして5月人形なんて保育園でしか見た事ありませんでした(笑)

 

私が大きくなって20歳を過ぎたくらいに両親に言われたことがあります。(確か成人式の時だったかな。。。)

 

「初節句に兜を買ってやろうか迷ったんだけど、やっぱり買わなくて良かった!(笑)処分に困るからな~。ハハハ」って、

 

「は~。」

 

子供からしたらそうじゃないんですよね。確かに処分には困るかもしれませんが、そういった人形や兜などの形あるモノがある事で、大きくなった時にお祝いしてくれたんだな!って思えるわけですよ。(経済的にも貧しくなかったみたいなのでなおさらテンションダウンです)

 

そういう事もあり、自分の子供達には同じ思いをして欲しくないので初節句は奮発しちゃいましたし、お祝いをしている写真も何枚も撮っています。

 

親の心子知らず」と言った言葉もありますが、「桃の節句」に「端午の節句」は気にせず親バカになっています(笑)

 

あとがき

いかがでしたか?子供のお守りとして贈られた兜、毎年大切に飾ることが贈った人にとっても兜にとっても一番良いことですよね!そして不要になってしまったとしても、贈ってくれた人の気持ち、そして兜・人形の気持ちも考慮して適切な方法で処分したいものです。

 

[関連記事]

⇒【子供の日】端午の節句の意味と由来!チマキと柏餅どちらを食べる!?


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ