今回は赤ちゃんのミルク用の水は天然水でも大丈夫なの?について紹介してみたいと思います。今現在、市販されている飲み物でも””って多いですよね。

 

ジュースを飲むより体に良い!と購入される方や、家で料理する時は必ず市販の水を使うなんて人も結構増えています。しかし、その水がどこの水でどういったものなのか理解して使用しているのでしょうか?

 

自分だけならまだしも、赤ちゃんに使っても大丈夫なのでしょうか?安全な物を安心して使用したいのは誰も同じですからね。今回はそんな天然水の基本的な事を覚えておきましょう!


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

天然水の種類

mizu

 

一般的に“天然水”と呼ばれている水はナチュラルミネラルウォーターのことです。殺菌処理以外の処理は行っていない、文字通り天然そのままのお水です。特別な処理を行わなくても、十分なミネラル分を含む水が選ばれています。

 

そして、天然水に微量のミネラル分を足したり、いくつかの原水を混ぜて作っているのがミネラルウォーターです。

 

実は人工的に作り出した水です。また、ボトルドウォーターとは特に原水にはこだわらず、殺菌処理や不純物の除去などを行った水です。よくスーパーなどに設置されている水などもこの分類です。

 

そもそも、水道水は、“マズい!”というイメージがありますがどうなのでしょうか?

 

日本の水道水は世界でも有数の安全性を誇っています。その安全性を守るために投入されているのが「塩素」が味を落とすと言われています。

 

また集合住宅に住んでいる方は、運ばれた水道水を貯水タンクなどに貯めてしまうため、カビなどが発生しやすく、さらに水の味を落としてしまうと言われています。水道水には、おいしさを損なう成分だけでなく、微量ですが有害物質が含まれています。

 

中でも気になるのが、トリハロメタンダイオキシン

トリハロメタン

トリハロメタンは、発ガン性物質です。ただし、水道局によれば、トリハロメタンの量は、常に水質基準値(0.1mg/L)以下であり安全性に問題はないそうです。

 

なお、発ガン性物質に対する水質基準は、生涯にわたり水を飲んでも人の健康に影響が生じない水準を基に定められているとのことです。

ダイオキシン

また、発癌性物質でもあるダイオキシンですが、原水となる河川の水などにダイオキシンが含まれていると、水道水にするための一般的なろ過システムでは、ダイオキシンまでは除去できないといいます。

 

こちらもトリハロメタン同様、健康に影響が生じない程度だと言われています。しかし安全とはいえ、赤ちゃんに・・・となるとやはり心配ですね。

 

水の安全性

annzenn

 

安全性ですが、水道水も安全といわれているけれど若干の心配要素もありました・・・。では、市販されている水は大丈夫なのでしょうか?勿論各商品、厳しい基準で検査されてきたものばかりが販売されているわけですが・・・・・。

 

ナチュラルウォーター(天然水)においては、殺菌処理はされていません。

 

ちょっと心配じゃないですか?水道水は消毒されているのに、こちらは無しです。しかし、ろ過、加熱殺菌はされています。物理的化学的処理はされていないという事です。

 

ミネラルウォーターは、食品衛生法に基づく殺菌が必要な物で、しかしこれも天然水と同じく地下水です。ミネラル成分等の微調整が行われているので天然ではありませんね。

 

ボトルドウォーターは地下水以外なので、水道水も同じになります。

 

天然が良いのか、消毒されたものが良いのか・・・これは信じるしかありませんね。勿論、日本の安全基準は世界的にかなり厳しいものです、安全性は保証出来るものだと思います。

 

sponsored link

赤ちゃんの水

honyuubinn

 

よく「ミネラルウォーターで、ミルクをつくらないで」と言われませんか?では、どの水が赤ちゃんには良いのでしょうか?ミネラルウォーターには、軟水硬水があります。

 

ミネラルウォーターでも軟水なら赤ちゃんのミルクや湯ざましに使っても大丈夫です。

 

とはいえ、軟水のミネラルウォーターでも、マグネシウムなどのミネラル成分が入っている商品もあります。ミネラル成分は赤ちゃん胃や腸、腎臓に負担がかかり、下痢になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

現在市販されているミネラルウォーターは、種類も成分も多種多様です。水の種類によっては、ミネラル成分が多く含まれ、調乳に使うとミルク本来のミネラルバランスを崩してしまう心配があるのでこちらも注意ですね。

 

ですので、できれば1日に何回も飲む完全ミルクの赤ちゃんや長期間ミルクを飲用する場合などは、水道水を煮沸して冷ますか、調乳専用の水を使うほうがいいのかもしれません。

 

調乳用の水が手に入りにくい場合は、日本製のミネラルウォーターなどミネラル含量が少ない(硬度が低い)軟水を使用しましょう。

 

まとめ

人間にとって、水分はとても大切な物です。だからこそ、毎日、良い物を摂取したいのですが今現在、サーバー等のシェアも増えて居ます。

 

そこで、一番大切なのは安全性です。

 

もちろん赤ちゃんの水といった赤ちゃん専用の水も販売されておりますが、毎日の事となると出費も大変ですね。ある程度、免疫は必要と思いながら、水道水を加熱殺菌し、よく使いました。

 

別に、何の問題もありませんでしたが、悪い物はからだに蓄積されていくと聞いたことがあります。

 

若い時は良いけれど、歳をとって出てくるのも嫌ですね。出来るだけ、良いとされるもの、体にも、お財布にも負担の無い形で、続ける事が出来るといいですね。蛇口から飲める水が流れている日本はとても安心に優れていますね。

 

天然水も自然のものですし。自然を大切にしていき、健やかに過ごせると良いですね。

 

 お馴染みのウォーターサーバー

最近ドラえもんのCMなどで一気に知名度の上がったウォーターサーバー「うるのん」を私は推薦したいと思います。うるのんの水は口当たりまろやかな「軟水」を使用していて、もちろん天然水ですのでミルクにも使用できますし、サーバーを使用していますので、すぐに美味しい水を提供する事が出来ます。

 

もちろん使用している水は「富士山の天然水」ですし、サーバーの構造も考えられていて小さなお子さんが誤って使用したりすることが出来ないようになっています。ここもお子さんがいる家庭としては安心・安全ですよね^^

 

しかも、美味しいだけではなくお水のお値段もとってもお手頃!

 

もちろん、必要経費はお水代金だけなので計画的に、しかも経済的に使用する事が出来ます。私も実際にウォーターサーバーを利用している一人なんですが、小学生の息子は暑い夏だと学校から帰ってきたら一目散にサーバーの水を2杯ほど飲んでいます。

 

「冷蔵庫にあるお茶を飲めば!?」なんて言った事もありますが、「いや!水の方が簡単だし美味しい!!」なんて言っていました(笑)

 

我が家はサーバーの隣に自分専用のコップを置いているので、それも手軽さに拍車がかかった一員なのかもしれませんね^^子供にイイものを与えたいというのは親心ですし、何より天然水なので安心して子供に飲ますことが出来ますよね。

 

そして、今回ご紹介している「うるのん」ですが、初回限定で12Lのボトルを2つも無料プレゼントしてもらえます!24Lっていうと我が家では約1ヶ月分くらいですね!

 

ハッキリ言ってお得ですね。しかも、最近は朝一でコップ一杯の天然水を飲むようになってからは便秘が改善され体の調子もイイですし、来客時にはお茶を出す際にも手間が大幅に改善されるので正直イイことが増えました^^

 

最近何かと災害の事も言われていますし、水の備蓄にも良いかもしれませんね!私も初めは抵抗のあったウォーターサーバーでしたが、実際利用してみると生活の中ではあって当たり前の存在にまでなってしまいました。

 

それくらい生活に溶け込んでいますし、利便性が良いんですね。そんな利便性良し!健康にも良し!経済的にも良し!のウォーターサーバーを是非試してみて下さいね。

 

きっとあなたもお子さんも満足できると思います。

 

▼▼▼詳しくはこちらから


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ