今回は共働き家事分担のコツ!離婚する人としない人の違い!について紹介してみたいと思います。最近は共働きのご家庭が増えています!という記事を先日ご紹介しました。

 

⇒共働きでの子育ては悩みがつきもの?知っておきたい5つの事!

 

その中で“家事”についてお話しましたが、仕事と家事の両立に加えて子育てとなるともう1日が何時間あっても足りませんよね。自分がもう一人いれば何とかやっていけそう!というママの声もよく聞きます。

 

そう、自分がもう一人いれば家事と子育てもうまくいきやすくなるのです。いますよね、パパが。

 

仕事はパパ、ママそれぞれしか出来ませんが、家事や子育ては十分分担できますよ。

 

子育てに関してはどうしてもママじゃないと出来ないということもありますが、家事に関してはパパでもママでも出来るはずです。そこで今日は共働きの家事分担についてご紹介したいと思います。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

共働きでも家事分担しないとダメなの!?

kaji

 

最近では家事代行サービスや便利な家電製品がありますよね。これだけあるのだから家事はママ担当でいいんじゃないの!?な~んて思っている方いませんか!?

 

でも、ちょっと待ってください!

 

仕事をしているのはパパもママも同じ。「イクメン」という言葉があるように子育ても2人でするのが当然の今では、家事も分担するよう方が色々スムーズにいくのですよ。

共働きで離婚する人としない人の違い

rikonn

 

私のお友達でママの方が労働時間が長いという共働きのご家庭があります。実はこのご家庭、ママが産休・育休中の間は平和だったのですが、ママが仕事復帰後色々大変だったのです。。。ママが休みの間は、育児・家事全般をママが担当していました。

 

まぁ、これは分かりますよね!

 

でも、仕事復帰後もパパは何も手伝わず、ママが育児・家事に加え仕事をしていました。朝は一番早く起きて洗濯に朝食と夕食の準備、その後子供を保育園に送ってそのまま仕事へ。

 

時短勤務だったので、夕方に買い物と子供のお迎え、夕食の仕上げと洗濯物の取り込み、子供の準備に寝かしつけ。

 

。。。これを全部ママが一人でしていたのです。仕事復帰後は何とかがんばっていたママですが、ある時ふと

 

「何で私だけがこんなに忙しいの!?」となり、そこから夫婦喧嘩が絶えない毎日だったそうです。

 

まさに離婚直前だったそうです。。。ママにしたら収入もパパと同じくらいあるのになぜ負担は自分だけが多いのか。。。。そりゃそうですよね。。。でも離婚に至らず今でもバリバリお仕事を続けています!

 

それは夫婦で家事分担の「明確なルール」を作ったのです。

 

共働きで家事分担をするということは体力的な負担を軽減するだけではなく、精神的にも良いのです。

 

共働きで離婚したご家庭はママの収入もそれなりにあるので毎日喧嘩してストレスになるくらいなら、

 

「離婚して家事代行を利用しながら子育てしたほうが色々楽なの~」と言っていましたよ。共働きで離婚する人としない人の違いは、家事による体力的な負担というより、精神的負担があるかどうかなのではないかなと私は思っています!

 

sponsored link

家事分担のルール

ruru

 

それでは共働きで家事分担をする際のルールの決め方はどうしたらいいでしょうか?

 

ルール決めだけでまた一悶着ありそうですよね(笑)でも、私が知っている共働きで円満なご家庭ではしっかり家事分担が出来ているようです。

 

そのご家庭のママは、

 

「感謝すればいいのよ!」

 

と言っていましたよ!!よくよく聞くと、一応どっちが何を担当するかは決めているようです。料理が苦手なパパは掃除や洗濯を担当しているようです。そして料理はママの担当だそうです。

 

でも、食事の配膳や片付けはパパがするそうですよ。もちろんママも洗濯物を畳んだり片付けたりするそうです。そしてその際、お互いに

 

「ありがとう」

 

と言うそうです。最初の頃は早く帰ったほうが洗濯物を取り込むと決めていたそうですが、そうすると何かと理由をつけて後から帰るパパにイラっとしたそうです(笑)

 

そのため、洗濯全般はパパ担当と決めたそうです。でも、急な雨でママが先に帰っているときはママが取り込みますよね。それに対して雨なのだから当然ではなく、感謝の気持ちを伝えることでお互い気持ちよく家事が出来るそうですよ。

 

お互いの担当を決めていれば、

 

「手があいているなら手伝ってくれればいいのに。。。」

 

なんて不満は出ませんし、手伝ってもらえれば嬉しくなりますよね。よくある喧嘩のパターンに、

 

ママ「何で手伝ってくれないの?」

パパ「言ってくれないと分からない」

 

がありませんか?これは共働きに限らず、子育ての場面でもありませんか?これも初めから担当が決まっていればこのようなやり取りが不要ですよね。

 

家事分担のルールをしっかり決めることによって体力的な負担はもちろんストレスが随分と減るそうです。

 

ストレスがないと仕事もはかどるそうですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?共働きのご家庭ではパパもママも条件は同じですよね。子育てだけではなく、家事をしっかり分担することが家庭円満の秘訣ではないでしょうか?

 

分担する際は、どっちが何をするかをきちんと決めておくことが大切ですね。そして、常に相手を思いやる、感謝する気持ちをもつ事でストレスも減り、すべてがうまくまわるのではないでしょうか?

 

そして、私の知人で共働きでそのストレスを買い物で発散していたようです。しかし、そのストレス発散法がかなりエスカレートしてしまい歯止めが効かなくなってしまい大変な状態になったのです。

 

現在は何とか克服したようですが、当時はかなり苦しくて離婚寸前だったそうです。ストレスを買い物で発散している人は要注意です!

 

>>>「子育てストレス」買い物依存を克服する3つの方法

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ