一年の中で一番昼が短く夜が長いと言われている冬至ですが、その時期に南瓜(かぼちゃ)柚子湯に入ると言われていますがその理由って考えた事ありますか??

 

そこで今回はそんな冬至の由来や南瓜(かぼちゃ)や柚子湯に入る理由について考えてみました。

冬至とは

前述したと通り一年の中で最も夜が長いと言われている日ですが、確かにこの日を境に冬の寒さがより一層と深くなる印象を受けますよね。実際我が家でもこたつの中に座っている時間が長くなってくるのもこの時期からになります(笑)

 

冬至は二十四節気の中の第22の日として知られていますが、二十四節気とは一年を24に分けた時期の事を言います。そして、冬至の前は「大雪」、冬至の次は「小寒」と言う風に位置づけられています。

 

詳しくはこちらに書いてあるので参考にしてみて下さいね^^

 

そして朔旦冬至(さくたんとうじ)という言葉があるのですが、聞いたことありますか??

 

巷でも19年に1度しか来ない日として認知されていて、何かと縁起の良い日として知られています。

 

何故縁起が良いのかと言うとやはり、19年に1度しかやって来ない訳ですし、冬至と新月が重なるとても珍しい日なんですね。

古代には、冬至を1年の始まりとしていた。近世語で「唐の正月」というと冬至を意味するが、中国で冬至を元旦としたからである。その名残で、現在でも冬至は暦の基準となっている。中国や日本で採用されていた太陰太陽暦では、冬至を含む月を11月と定義しているが、 19年に1度、冬至の日が11月1日となることがあり、これを朔旦冬至(さくたんとうじ)という 

引用元:wiki

要は太陽が復活するおめでたい日と月が復活するおめでたい日が重なるとても希少価値の高い日なんですよね。そして、その珍しい日と言うのが、2016年の冬至の日。

 

すなわち2016年12月21日に朔旦冬至が訪れると言う事です。

 

因みに朔旦冬至の「朔」とは新月という意味で、「旦」は太陽が昇ってくる時の事、つまり朝や夜明けを指しています。

冬至の日に何故カボチャ??

そして冬至の日には「ん」の付くモノを食べると「運」を呼び込めれるとも言われています。因みに、

 

・「南瓜(なんきん)」
・「蓮根(れんこん)」
・「人参(にんじん)」
・「銀杏(ぎんなん)」
・「金柑(きんかん)」
・「寒天(かんてん)」
・「饂飩(うんどん(うどん))」

 

以上の食べ物たちは「冬至の七種(ななくさ)」とも呼ばれていて、「ん」が二つも付いていることから運が沢山呼び込めると言われているんですね。土用の丑の日に「う」の付くモノを食べる習慣ととても似ていますし、昔の人は色々な事を考えたものですね(^^♪

 

気が付いた方もいると思いますが、冬至の七種の中にカボチャ(南瓜)がありますね^^

 

運を呼び込む七種の神器の一つ、南瓜ですが広く一般的に冬至の日に食べると知られたのは南瓜に含まれる栄養素が豊富だからというところから来ているのかもしれませんね。

 

特に南瓜にはビタミンβカロチンが豊富に含まれていますし、 風邪や脳血管疾患などの予防にも非常に効果的とされています。 しかも南瓜は長期保存が出来ますし、冬に栄養を摂る為にはとても都合が良かったのかもしれませんね。

 

私も小さい時に親から「冬至の日には南瓜を食べるのは当たり前なのよ!」とよく言われ食べさせられていたので、食卓にカボチャが並びだしたら、

 

「もう冬なんだなぁ。。。」

 

としみじみしてしまいますよね(^^♪

 

sponsored link

冬至には柚子湯に入る?

こちらの記事にも書きましたが、冬の寒い日に柚子を浮かべて入るお風呂って何かイイですよね。ですので冬は、たま~に柚子の入浴剤を入れて更に柚子を丸々入れてその香りを楽しみながら入浴したりしています。

 

では何故冬至の日に柚子湯に入る様になったのでしょうか??

 

本来は運を呼び込むために体を清める為の禊(みそぎ)だったんですね。昔は現代のように毎日お風呂に入る習慣がなく、「一陽来復」に備えて入浴していたと言われています。

 

昔から植物から香る強いにおいと言うのは邪気を払うとも言われていますし、冬に旬の柚子は邪気払いにピッタリだったのかもしれませんね(^^)

※「一陽来復」とはこの日を境に運が上昇するとされていて、悪いことが続いていたとしても回復して良い方向に向かうという意味。

 

しかも柚子湯には邪気払いだけではなく、血行を促進し冷え性を和らげたり、果皮に含まれるビタミンCやクエン酸などの効果で美肌効果も期待できるんです。

 

そして何よりも、あの爽やかな香りによってリラックス効果も得られるので、柚子風呂ってほんとメリットだらけなんですね^^

 

まとめ

私は子供達とお風呂に入る習慣があるのですが、柚子風呂に入ると普段ワイワイガヤガヤする子供達もリラックス効果を感じているのかおとなしくなるんですね(笑)

 

冬至を境に一週間くらい毎日柚子風呂にしようかなぁ~なって思ってしまいます。是非今年の冬至は南瓜を食べて栄養を摂り入れ、お風呂は柚子風呂に入って健康的な身体を手に入れ、寒い冬を乗り越えていきましょうね(^O^)

 

⇒12月の師走とは!?その意味と語源由来について考えてみた!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ