今回は幼稚園は何歳から入園させるべき?気になる費用の相場について紹介してみたいと思います。随分暖かくなってきて、春を感じますね。春と言えば新生活

 

まだまだ赤ちゃんだと思っていてもあっという間に「幼稚園入園」というビッグイベントがやってきます。ところで、あなたは幼稚園は何歳から入園させるものかご存知ですか?

 

私が幼稚園だった○十年前は年中からの2年保育が主流でした。

 

年中ということは5歳になる年ということです。

 

最近は年少からの3年保育や2歳児からの4年保育、または1歳児からの5年保育なんて幼稚園も聞きますね。

 

保育園なら生後半年〜というのは分かりますが、幼稚園で5年保育!?って驚きです。でも5年保育として入園しているところに、年少から途中入園って大丈夫!?って親なら心配になりますよね。

 

そもそも、1歳児が毎日幼稚園で何をするんだろ?ってついつい笑顔になりながらも、気になります。

 

そこで今日は「幼稚園は何歳から入園させるべき?」と題してまとめてみました。また、在園期間が長ければ長いほど費用もかかりますよね。そのため、その費用の相場についても紹介したいと思います。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

幼稚園は何歳から入園させる?

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

先程幼稚園の入園年齢は様々ですよ〜とご紹介しましたが、実は法律で定められていることがあります。実は学校教育法の第三章には幼稚園についてかかれています。その第二十六条には、

「幼稚園に入園することのできる者は、満三歳から、小学校就学の始期に達するまでの幼児とする。」

とあります。そうなんです、幼稚園に入園できるのは「満三歳」からなのです。

 

日本の幼稚園や学校は4月1日から新学期が始まりますよね。つまり、満3歳ということは年少さんから入園ということになります。年少からだと3年保育ということになります。

 

ただし、地域や園によっては3年保育が主流だったり、2年保育が主流だったりします。近所の公立の幼稚園は年少で少しだけ募集がありますが、ほとんどは年中からの入園だそうです。

 

私立の幼稚園は年少からのところが多いようですね。

 

そして、年中や年長での募集は全くしないというところも多いようです。ただし、引越しなどによるものは別。途中入園の募集しない園は、3年保育のカリキュラムがあるようです。では、4年保育や5年保育というのは一体どういうこと!?ってなりますよね?

 

一つは、昨春の子育て新制度によって幼保連携型「認定こども園」ができたことによるようです。この制度によって、1歳児や2歳児の受け入れもするようになった園が増えたと聞きました。

 

また、満3歳からの入園ということなので、お誕生日が来た翌月から年少とは別の満3歳児クラスに入園できるという幼稚園もあるようです。

 

他は、園側に受け入れ体制があれば2歳児クラスなど募集をかけているところもあるようです。

 

sponsored link

幼稚園の費用の相場

souba

 

気になるのはやはり幼稚園費用ですよね?最近公立中学へ入学する際の初期費用が高額過ぎる!などというニュースを見かけました。公立中学に入学する際も、制服や体操服、その他備品などで数万から十万円を超えることもあるそうですね。

 

では、幼稚園入園、その後かかる費用ってどのくらいだと思いますか?

 

幼稚園は公立と私立がありますので、これによってもかなり変わってくるのです。

公立幼稚園の場合

私の住んでいる地域の公立幼稚園は制服がありません

 

指定品は帽子かばん体操服だけです。あとはお道具箱などを初めに購入です。これらにかかる費用は1万円前後です。その他面接料や入園金などがありますが、自治体によって一律でびっくりする金額ではないと聞きました。

 

そして月々の保育料は所得に応じて異なるそうですが、月々2〜3万円程度です。あとは遠足や写真代など、その都度徴収金などはあります。それでも3年保育で通園したとしても100万円以下で収まりそうですね。

私立幼稚園の場合

まず制服があるかどうかで変わります。我が子の場合は夏・冬の制服や体操服などで初めに10万円弱かかりました。(全て新品を揃えた場合です)お下がりをもらえる場合や、幼稚園主催のバザーで出品されているともっとこの費用を抑えることはできますよね。

 

また、我が子の場合、4年保育で入園させたため、2歳前に制服採寸をしました。さすがにそのサイズで卒園まで着れませんよね(笑)そして結構やぶれたりもするので、途中で買い足ししたので、それなりの費用がかかっています。

 

そして入園までにも私立の幼稚園は費用がかかることが多いのです。まずは申し込みのための願書を購入しなければならないところもあります。

 

願書が有料!?と驚きでしたが、書く際はかなり慎重になりますよね。そして、いまだに面接のために費用が発生するところが多いようです。名目は色々ですが、確か我が子の時は「入園準備金」などと書かれていたような気がします。

 

そしてこれらは大抵、入園を辞退しても返金できませんと書かれています。

 

そして入園が決まると、入園金がありますよね。これは園によって異なりますが、この辺だと5〜15万円と非常に幅が広かったです。そして月々の保育料ですが、これは私立幼稚園でも認定こども園であれば公立と同じ保育料になりますよ。

 

認定こども園でなければ園が定めた保育料です。2〜5万円といったところでしょうか。ただし、認定こども園の私立幼稚園ではこの公立と同じ保育料のほかに別料金が発生する場合が多いようです。

 

例えば保育時間内に英語や体操の時間があればその分の授業料がプラスされるのです。

 

また、バス送迎があればバス代など追加保育料が多いようです。そのため、3年保育だと最低でも150万以上はかかるようです。近隣にセレブ幼稚園があるのですが、噂によると保護者会費というものがあり、学期ごとに10万円単位で納めるそうです。

 

これらは子供たちへのご褒美などに使われるそうですが、この会費だけでも3年保育で90万円ですものね。(高い。。。)

 

まとめ

いかがでしたか?よく先輩ママに幼稚園時代は出費が多いのでそれまでに貯金をしておく、そして公立小学校に入学すれば一気に支出が減るのでまた貯金できると聞きます。

 

まずは幼稚園時代を乗り越えることが大切ですね!幼稚園って、意外と出費がかさむものなのです

 

そして時間もあるので習い事をしているご家庭も多いのではないでしょうか?私の周りでは2つ以上習い事をしているご家庭が結構多くって、そのお月謝でも結構ですよね・・・それでもかわいい子供のために親たちはがんばっているのです(笑)

 

幼稚園は地域によっても入園時期が異なりますが、私立は3年保育、公立は2年保育が多いです。

 

また、私立の幼稚園は公立幼稚園より年間の費用が1、5〜2倍かかるようですから、それが2年保育か3年保育かでも変わってきますよね。

 

そして制服があるかどうかでも初期費用が大幅に異なります。幼稚園の募集は秋が多いので、今から通園可能範囲の幼稚園を調べておくのが一番の得策かもしれません!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ