【反抗期】小学生低学年の女子・男子特有の対処方法について

反抗期の男の子

2歳ころから始まる、「イヤイヤ期」もそうですが、子供は小さくても、自立心を身につけて行き、親を悩ませますね。
とはいっても、まだまだ、世話をせずには生活できないのに精一杯反抗してこられると
心に余裕があるときはまだしも、そうでない時は、大人げなく腹が立つこともありますよね。
「イヤイヤ」に対して「ダメダメ」を良く連発してしまったものです。しかしながら小学生へと上がり、口も達者になってきますね。
2歳のころとは違い、どんどん対応も難しくなってきます。一体どんな対応が良いのでしょうか。

中間反抗期

2歳のころの、第一次反抗期の「イヤイヤ期」に対して、小学校低学年では「中間反抗期」といわれる反抗期に入ります。
この反抗期は、第2次反抗期との間にある、主に”口答え”を中心とした反抗期になります。
それまで、親の言うことを素直に聞いていた子どもでも、突然反抗的な態度を取ったり、親の言うことを聞かなかったり、食ってかかったりするので、びっくりしてしまいますね。
小学2年生位になると、脳の発達も大人に近づいてきて、少しずつ大人と同じような、論理的な思考ができるようになり、自分で物事を考えて行動するようになります。
自立心も芽生えるので、それまで絶対的だった“親”という存在から、“友達”や“学校”というところが生活の中心となるので
それまでのように、親の言いつけに従うだけでなく、学校の教えや、友達の教え、自分の意志や、嫌だと思ったこと、間違っていると感じたことを、
親に対してしっかり主張できるようになるのが、この中間反抗期でもあるのです。
言いかえれば、自己主張が出来るようになるほど、心と言葉が成長した、という事です。

対処法

「○○したら、△▼を買ってあげる!」というようなもので交渉するのはよくありません。見返りなしには言うことを聞かない子どもになってしまいます。
親が子供に負けてしまった瞬間でもあります。また、「やれ」と命令されれば誰だってイヤになりますから、お願いしてみれば良いのです。子供は大抵のことは聞いてくれますから。
「○○してくれたら、ママはとても助かるから、△君に手伝ってほしいな。お願できる?」というようにかえましょう。
子供は反抗するときや、口答えする時は「自分はこんな風に思っているのに、どうしてわかってくれないの?」と、思っています。
なので、「△君はきっと、~のように思っているんだね。でも、~した方が○○だから良いと思うんだけど、どう思う?」と提案してみましょう。
反抗的な時は、自分はそうかもしれないと思っても、NO!というかもしれませんが、
心の中でも、そうかも・・と思ってくれたらそこからひどくなることは無いでしょう。

親の心得

反抗期による自発心の成長に伴って、成長は望ましいことなのですが、親は抑えきれなくなりますね。
親が過度に干渉すると拒絶反応を示すこともあるでしょう。
子供の自立心を軽く見て、なんでもかんでも手を出そうとするのは駄目ですね。絶対に子供だけに任せられないこと以外は、自分の力でやらせることが大切です。
間違っていると分かっていても、やらせてみましょう。そうする事で、自然と”責任”というものを覚えます。
思うことを行動して自分でいろいろ試行錯誤し、「これは正しい。これはまちがっている。」と、学んでいくのでしょう。
しかしながら、様子はうかがいましょう。ある程度の口答えは軽く受け流すくらいの余裕を持ちましょうね。
この時期に、子どもがなにも言い返せなくなるまで怒鳴る、やりこめるといった対応は避けましょう。これは反抗の方法を教えているようなものになってしまいます。
この時期は、言葉も行動も、真似ますので、言ったことはいつかかえってきます。親子関係を対立へと向かわせることにも繋がってしまいます。
自分の行動や生活に“責任”を持つようになり、これからの人生はすばらしいものとなりますから、お母さんはそれを見守っていればよいでしょう』

まとめ

親も少し手を離す時期が来たのではないでしょうか。
子供にとって反抗期は自立するためのステップです。自分で自分をどうすれば良いのか分からない、ある意味つらい時期でしょう。
だからこそ、親子の会話を楽しむ事が大切なんだと思います。怖がらずに、恐れずに、逃げずに、子供と真正面からぶつかっていきたいものですね。
最後に、子育てに行き詰まったら、外に出て見る事をお勧めします。一日中家の中でずっと考えていても何も解決できません。散歩したり、お気に入りの店でお茶をしたり、また、動物を飼うのも良いでしょう。
私は、犬1匹ネコ2匹にどれだけ助けられたことでしょう。癒しの原点になります。そして、子供は動物好きだったので、お互い助けられました。
子供と一緒の外に出るのもいいでしょう、綺麗な花を見て「きれいね」って語りかける。かわいい鳥が居て「かわいいね。」って言える、このゆとりが、優しいゆとりのある子を育てる秘訣ですね。
ママののゆとり、安定感が子育てには何より大切です。ママのイライラは伝染しますので、心のゆとりは補充するようにこころがけましょう!

お役に立ちましたらシェアお願いします!

関連記事広告



error: Content is protected !!