新年になって「あけましておめでとう!」と行った後にする行事として【初詣(はつもうで)】があると思います。

何気なく行なっている初詣なのですが、その意味や由来について知っている人って少ないかもしれません。

ぜひ、

ここで初詣の意味や由来について理解を深めみてください。

【注目記事】
>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!?<<

Sponsored Link

初詣の意味や由来についてわかりやすく説明してみると。。。

imiyayurai01

まず、

「初詣」の意味なのですがその名の通り、

「新年に初めて神社やお寺に参拝する」

ことを言います。

では、

初詣の由来として、なぜ新年に神社やお寺に参拝するようになったのでしょうか!?

これは日本古来の風習が関係しています。

その昔、日本には「年籠り(としこもり、としごもり)」という風習がありました。

これは家長(今でいう世帯主にあたる人)が一年の平安のために、大晦日(12月31日)の夜から元旦の朝にかけて、氏神の社(今でいう神社)に籠るものでした。(何で籠るの!?っていう質問はナシで(笑))

しかし、

時代が流れていくうちに、この年籠りは大晦日の夜に詣でる「除夜詣(じょやもうで)」と、元日の朝に詣でる「元旦詣(がんたんもうで)」に分かれました。

この内の元日詣(がんたんもうで)が、現在の「初詣」の原形となったのです。

そして時代はさかのぼり、江戸時代末期までの「元日詣」は、氏神(うじがみ)に参詣したり、その年の恵方にある神社に参拝するものでした。

そのため、恵方参りとも言われていたんですよ。

※氏神とは同じ地域の人が共同で祀る神様のこと

また、

明治時代初期頃の鉄道普及によって、地域の神様に参るだけではなく、徐々に有名な神社やお寺にお参りする現在のスタイルになってきたのです。

そして、

明治時代初期の話なのですが、この頃、神仏分離が行われました。

※神仏分離とは神道と仏教との区別を明確にしようとする、明治初期における維新政府の宗教政策

神社とお寺、つまり神様と仏様という区別が現在ではハッキリしていますが、初詣はこの神仏分離が行われる以前に定着した風習なので、初詣は神社でもお寺でもどちらでも良いのです。

そして、

現在では初詣に限らず、寺社仏閣への参詣は神道、仏教の区別はないまま定着しているのです。

 まとめ

いかがでしたでしょうか!?

少しわかりにくい言葉もありましたが、

年が明けてから初めて参詣するのが「初詣」。

元日詣(がんたんもうで)が、現在の「初詣」の原形。

ということが分かりましたね。

正直な話、

ここまで知っている人って現在の日本に半分もいないかもしれませんね。

ぜひ、

これらのことを頭に入れて初詣に行ってみてください!

また自分家の近くにはお寺しかない。。。そんな場合は次の記事が役にたつかもしれません。

>>>初詣は神社と寺どっちに行くといい?正しい参拝作法とは?

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ