今回は子供の早寝早起きにはメリットと驚くべき効果がたくさん!について紹介してみたいと思います。「早起きは三文の得」というように、早寝早起きは良いということは誰もが何となくご存知ですよね。

 

最近は大人でも「朝活」が流行っているという話を聞きます。出勤前に習い事に行ったりする人も多いようですし、早く起きることで一日を有意義に使えますよね。

 

もちろん、早起きは子供にとっても良いことなのです。

 

いくら早く起きても睡眠時間が短ければあまり意味はありません。小学校に入るまでの子供はお昼寝も含めて10〜12時間の睡眠時間は必要と言われていますし、小学生になっても9〜10時間の睡眠は取りたいと言われています。

 

早く起きてこれくらいの睡眠時間を確保するためには早く寝ることも大切なのです。そして早寝早起きをすることは様々なメリットがありますよね。

 

そこで今回は、子供の早寝・早起きにはメリットと驚くべき効果と題してご紹介したいと思います。

【注目記事】
>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!?<<

Sponsored Link

子供の早寝のメリット

hayane

 

寝る子は育つとよく言われるように、寝ている間に「成長ホルモン」が分泌されていることはご存知ですよね?この成長ホルモンは21〜23時に作られて、22〜2時の間に最も多く分泌されます。

 

さらに眠ってから2時間くらいの間にも大量に分泌されると言われています。

 

そのため、出来れば20時までに眠ると良いですよね。ということは、やはり早寝が重要です。この成長ホルモンは、体を大きくするだけではなく、脂肪分解の働きもあるので、肥満や生活習慣病の予防にもつながります。逆に睡眠不足であると、

  • 交感神経が優位になったり
  • 肥満になってしまったり
  • 免疫機能が低下してしまう

これらの不安を招いてしまいます。では早起きのメリットについて紹介してみたいと思います。

 

子供の早起きのメリット

hayaoki

 

早く寝ると自然と早く目が覚めるものです。我が子も小さい頃は日が沈むと共に眠りに入り、日が昇ると共に起きていたものです。元々、人の体は太陽と共に生活をするように出来ています。

 

さて、メリットとして早起きをすることで朝日を浴びることができますよね?

 

すると「セロトニン」というホルモンが分泌されるのです。

 

このホルモンは簡単に言えば人の精神を安定させる働きがあります。

 

朝日を浴びましょうなんて、昔はよく言われたものですが、このホルモンを分泌させ、安定した精神状態にするためだったんですね。また、「メラトニン」というホルモンがありますが、このホルモンは太陽の光を浴びてから15時間前後に分泌されます。

 

このホルモンが分泌されることで適切な時間に眠気がやってくるのです。

 

例えばお昼頃まで太陽の光を浴びなければ子供にとって適切な時間に眠気がやってこないので、夜なかなか寝れない、寝れないから朝早く起きれないという悪循環が生じてしまいます。

 

このホルモンをきちんと分泌させるためにも早起きは必要なのです。また、先程大人の朝活が流行っているというお話をしましたが、子供も早起きをすることでまず朝ごはんをゆっくり、しっかり食べることができますよね?

 

時間にゆとりがあることで、便秘等も防げますし、幼稚園や学校での腹痛が減るのです。また少し大きくなると、朝錬等もあります。

 

私が学生の頃、朝練は自由参加でしたが、でも少しでも練習を多くすることでレギュラー獲得につながりました。これもやはり、早起きが重要だったということですよね。

 

sponsored link

子供の早寝・早起きによる効果とは?

‰îŒì

早寝と早起きのメリットをそれぞれご紹介しました。早寝早起きすることで生活リズムが整います。

 

規則正しい生活をしている人は、1日はみんな同じ24時間のはずなのになぜだか有意義な1日を送れているように思いませんか?

 

遅寝遅起きだと、寝ても寝ても疲れが取れないし、ずっと眠い感じが続いてしまいます。その結果、結局1日ダラダラと過ごしてしまう場合が多いです。これは大人に限らず子供でもです。

 

我が子も年末年始などはどうしても親戚が集まり、生活リズムが崩れてしまいます。その結果、ずっと欠伸をしているし、新年早々体調を崩してしまうことが多いのです。

 

また、早起きのメリットとして朝食をしっかり食べることができることを先述しました。

 

朝食をしっかり食べることは脳を活性化することができると医学的にも言われています。

 

最近では、朝食を食べた子供とそうでない子供の学力に差が出ているなんて報告もありましたよね?

 

朝食でパンやご飯などの炭水化物を含んだものをバランスよくとることで、脳の唯一の栄養分であるブドウ糖が脳までしっかり届き、脳が活性化するのです。

 

そして朝バタバタしないことで、心にゆとりも生まれます。ゆとりがあると精神的にも落ち着きますし、何事にも集中することができるのです。

 

子供の場合はやはり学力に影響が出てくるわけですね。

 

まとめ

いかがでしたか?子供に限らず大人も早寝早起きは重要ですが、成長期の子供には学力の面でも大きく影響が出てきます。また、キレやすい子供が増えたなんて悲しいニュースも聞いたことがありますが、早寝早起きは精神を安定させることもできるのです。

 

子供が早寝早起きをすることで、実はママにとってもメリットはあるんですよ?

 

子供を20時に寝かせてしまえば、そこから数時間自由時間ですよね!ドラマを観るも良し、趣味の時間に当てるも良し。または子供と一緒に早く寝るのも有りですよね。

 

私は今更成長しないから。。。」なんて思わないで下さいね。

 

成長ホルモンは脂肪分解の働きもありますし、肌の調子を整えてくれます。私は子供ほど長い時間は寝れないので、早く寝れば5時前には目が覚めてしまいます。

 

そこで起きて出来る限り家事をしてしまうと家族が起きてくるまでに夕飯の準備までが出来ていたりしますよ。

 

そうすれば家族を見送ってからはほんとに自由です。

 

ぜひ、あなたも子供のためではありますが、自分の自由時間を増やすためにも早寝早起きをさせてみてくださいね!

 

我が家では早寝はできるのですが、早起きがなかなかできないんですよね。その理由なのですが、子供の寝起きがとてつもなく悪いんです!そんなこともあるので我が家ではいろいろと試行錯誤して、子供が気持ちよく起きれるような施策をしてみました!

 

そして効果的面なものがいくつかあったので、次のページで紹介してみたいと思います。

 

⇒子供の寝起きが悪い時の上手な3つの起こし方!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ