sponsored link


子供も大人も喉が乾くと水分補給をしますよね。

特に子供(赤ちゃん)は、

大人よりも体温が高い上に、外遊びが大好きな子供は毎日汗だくですよね。

幼稚園に通い出すと水筒を持って行きますが、その中身はだいたいお茶なはず。

そもそも子供にお茶っていつから頃から飲ませていますか!?

また、

当然のことながら赤ちゃんも水分補給が必要ですよね。

白湯やミルクは飲ませるけど、お茶っていつから?とふと疑問に思います。

そこで今回は子供(赤ちゃん)にお茶っていつから飲ませてOKなのか?についてです。

【注目記事】
>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!?<<

Sponsored Link

子供(赤ちゃん)にお茶っていつから飲ませてOK?

いつからお茶を飲ませても良いのか?というと、生後1ヶ月頃になれば「赤ちゃん用」のお茶を飲ませることができるのです。

赤ちゃん用品を扱っているお店やドラッグストアには赤ちゃん用のお茶があり、そこには「生後1ヶ月頃から」と書かれているものもありますよ。

とはいっても、

離乳食が始まる生後5〜6ヶ月頃までは、基本的に母乳やミルク以外の飲み物は必要ないと言われませんでしたか?

母乳やミルクは水分補給もできますし、赤ちゃんは大人のようにお茶を飲まなくても大丈夫と言われています。

ただ、

外出時想像以上に汗をかいてしまい、

  • 水分補給したいけど授乳ができない!
  • ミルクを作れない!

という場合もあかと思います。

そんな時は、

赤ちゃん用のお茶なら生後1ヶ月から飲ませることができると知っていると安心ですね!

お茶を飲ませる際の5つの注意点

さて、生後1ヶ月からでもお茶を飲ませることができるのですが、注意しなければならないことがありますよ。

(1)ノンカフェインであること

お茶と言っても、

  • 麦茶
  • ウーロン茶
  • 緑茶

と種類はたくさんありますよね。

赤ちゃんにお茶を飲ませる場合、カフェインが含まれているものはNGです。

そのため、

カフェインが入っていない麦茶がオススメなんですよ。

逆に、緑茶は健康に良いと言われていますが、カフェインが含まれています。

コーヒーに比べると少ないのですが、でも、体の小さい赤ちゃんには十分刺激になるのです。

赤ちゃん用にお茶を選ぶ際は、「ノンカフェイン」であることを確認して下さいね。

(2)濃さは薄め

次に大切なのがお茶の濃さです。

赤ちゃん用のお茶を味見してみると相当薄いです。

赤ちゃん専用のお茶の場合は特に薄める必要もありませんが、大人用のお茶を薄めてあげる場合は、麦茶1に対して水2が良いそうですよ。

薄めるときに使用する水は湯冷ましにして下さいね。

また、

お茶も水出しではなく、煮出したものを使用しましょう。

水は一度沸騰させることで、殺菌やカルキ抜きができます。

ただ、

赤ちゃんも飲めるウォーターサーバーの水ならそのまま使用してもOKです。

(3)量は少し

赤ちゃんにお茶を与える時は、念のためスプーン1さじから始めると安心です。

味に慣れてきたら、少しずつ量を増やしても良いかもしれません。

少し大きくなると、ストローやマグでしっかり飲めるようになります。

親戚の赤ちゃんですが、1歳になる頃には離乳食の時、普通にコップでお茶を飲んでいました。

そんな子もいますからね。

我が子はなかなかお茶の味に慣れなかったので飲ませる機会がなかったのですが、親戚の赤ちゃんをみて、赤ちゃんでもこんなに上手にコップでお茶を飲めるんだ〜と微笑ましくみていました!

(4)温度

さて、飲ませるお茶の温度も注意が必要です。

沸かしたてのお茶は熱すぎるので、人肌程度に冷めてから飲ませてあげましょう。

また、

冷蔵庫で保存している場合、これも人肌程度に温めてから飲ませるようにしましょう。

沸騰したお湯を入れてあげると良いですね。

冷たすぎるお茶は赤ちゃんの体によくありません。

(5)無理に飲ませないこと

親戚の赤ちゃんのようにお茶をグイグイ飲む子もいれば、我が子のように飲みたがらない子もいます。

赤ちゃんの場合は無理に飲ませなくても、基本的に水分補給は母乳とミルクで十分です。

大きくなるにつれ、色々な味を覚えて飲むようになります。

また、

麦茶ではなく、ノンカフェインのルイボスティー、微量のカフェインは含まれていますが、ほぼ影響はないとされているほうじ茶を薄めた物をあげてみるというのも一つです。

そして、

飲ませる際飲みやすいマグやかわいいスプーンを使用するのも子供の興味を引きますのでいいかもしれませんね。

sponsored link

私が選ぶ!子供(赤ちゃん)にオススメのお茶はこれ!

では、私が選んだ赤ちゃんにオススメのお茶を2つオススメします。

和光堂 飲みたいぶんだけ 麦茶 1か月

国産の六条大麦を使用しているので安心です。

もちろんノンカフェインです。

和光堂は離乳食もたくさん出ている点も安心できますよね。

それから、

1包で約100mlのお茶が作れるので、あまり量を飲まない赤ちゃんにも作りやすいですよね。

アサヒ 六条麦茶

よく見かける麦茶ですよね。

どこでも手に入る点もいいですね。

こちらももちろんカフェインゼロで、無添加で六条大麦使用ですよ。

これは大人用ですが、薄めて子供にあげると良いですよね。

赤ちゃん用のものは安心ですが、割高になりますし、兄弟がいれば赤ちゃん専用のお茶より、家族みんなで飲めるお茶をそれぞれにあわせた濃さで飲ませるほうが経済的ですよね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夏に向けて水分補給は必須です。

それは大人も子供も同じです。

基本的に赤ちゃんには無理にお茶を与えなくても良いようですが、飲める赤ちゃんには薄めで人肌程度の少量を与えてあげるとOKです。

麦茶にはミネラルやビタミンも含まれています。

また、

バクテリアの増殖を防ぐ効果があるそうで、虫歯の原因菌のつくる膜が歯に付着するのを防ぐ働きもあるそうです。

こう見てみると麦茶は万能ですね!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ