お花見を子連れで行く方必見!持ち物やその他3つの注意点!

子連れで花見

子連れでお花見を考えている人は色々持ち物とか考えなくてはいけませんよね。

八分咲きにもなると桜の咲いてる場所にはたくさんの人だかり!

もしもの時に備えてもある程度は準備物は備えておきたいところ。

そこで今回はお花見を子連れで行く方へ向けて持ち物やそれ以外の3つの注意点についても紹介したいと思います。

お花見を子連れで行く時の持ち物

子連れでの持ち物必須品

・ウェットティッシュ
・ティッシュペーパー
・ごみ用のビニール袋
・子供用着替え
・レジャーシート
・アルミシートなどの地面からの冷たさが伝わりにくい物
・ひざ掛けや毛布
・ネームプレート
・子供用の飲み物や軽い食べ物

まず、持ち物ですよね。

子供とお出掛けの時って、

  • ウェットティッシュ
  • ティッシュペーパー
  • ごみ用のビニール袋

は必ず携帯していると思います。

子供が洋服を汚す恐れがある場合は着替えなども必要ですよね。

お花見も普段のお出掛けに持って行っているものは最低でも必要です。

その他にも、

レジャーシートはお花見の際持っていくと思いますが、大人だけのときより厚めの物かアルミシートなど地面からの冷たさが伝わりにくい物を持って行くほうがいいです。

これだと冷え防止にもなるし、地面のゴツゴツ感もマシになります。

それに子供が寝てしまった場合も寝かしやすいですからね。

子連れでお花見に行く場合は、当然子供中心に考えていかなければなりません。

お子さんが小学生以上であればある程度融通は聞きますが、赤ちゃん〜園児くらいだと中々そうもいきませんので、子供中心で準備物も揃えていきましょう!

要は、

「いつもの携帯物」+「お花見用の準備物」

ですね。

では次にお花見をするにあたっての注意点についても紹介したいと思います。

子連れでお花見に行く際に注意するべき3つのこと

(1)お花見の場所

花見というと大きな花の下でいい場所を取る!

これは誰しもが思うこと!

でも、

それは大人だけの場合。

子供がいるとそうもいきませんし、人気の場所は混み合っています。

気がついたらお隣さんのシートに進入していたなんてこともあるかもしれません。

そのため、

花見の場所は人混みから少し離れた広い場所にすると良いですね。

そうすれば少々ぐずっても周りの目を気にしなくてもすみますし、公園での花見なら遊具が近いほうが子供は楽しめますからね。

桜が小さくて見えにくくても子供はピクニック気分で楽しめたようですよ。

(2)子供のトイレ事情

オムツをしている場合、オムツ替えが必要なときがあります。

でも、

その場での交換は絶対ダメですよね。

(近くには食事している人もいますから)

トイレか車で行っている場合は車で交換しましょう。

また、

オムツをしていない場合でも子供ってギリギリまでトイレに行きたいと言いませんから、何回も声掛けをすることが大切です。

一番良いのは歩いて1分以内の場所にトイレがある場所!

中々そんな場所はないかもしれませんが、もし子連れで行く場合は頭に入れておくと良いですね。

(3)子供と一緒に楽しむことを忘れない

子連れでお花見に行く場合、子供を中心に考えることが大切です。

大人だけなら宴会状態でもOKですが、子連れの場合は本当にお花見を楽しんだり、遊具があればそれで遊んだりになると思います。

お酒なども飲む機会もあるかもしれません。

お酒を飲むと注意力が特に散漫になってしまいがちです。

子連れで行く場合は、先ほども書きましたが子供中心に物事を考え子供から目を離さないようにしましょう。

また、

お花見のシーズンとはいえ、じっとしていると寒いですので子供が風邪をひかないように気をつけてあげることも大切です。

あとがき

昔からお花見のシーズンはニュースでも取り上げられるほど、桜のある場所では話題になります。

その反面色々問題も抱えてしまうわけですが。。。

基本、お花見は楽しいイベントではありますが、子連れで行く場合は子供中心に考えるようにしましょうね。

そして一番は良い思い出になることを心がけてお花見を楽しみましょう🎵

お役に立ちましたらシェアお願いします!

関連記事広告



error: Content is protected !!