子供に自転車の乗り方を教えたい!知っておきたい練習のコツ!

自転車に乗る子供


今回は子供に自転車の乗り方を教えたい!知っておきたい練習のコツ!について紹介したいと思います。

子供のころのエピソードとして、自転車の後ろを父に押してもらって練習した・・・そんな記憶がありますが、子供の自転車デビューと言うのはどの世代の親にとっても一度は通る共通の悩みではないでしょうか?

運動神経の良い子はバランス感覚が良いのでおぼえが早いです。どうしてうちの子は・・・となると焦りますよね。そこで乗り方を伝授したいところですが、実際のところ難しいです。

言葉は伝えにくいので、体で覚えるしかないのですが大きな声で無理やり練習したりしてませんか?

【注目記事】
>>子供が喜ぶ室内ゲーム遊び!特に楽しめる室内遊び17選!<<


子供の練習用の自転車について

cyari

練習する時に、購入する自転車ですが、今は便利なスライダーという物があります。一見、自転車に見えますがペダルがありません。

なので足で地面を漕ぎながら勢いで進み、いつの間にか、バランス感覚を手に入れ自転車にのれるようになるというものです。

自転車の練習で一番の難点が補助輪を外す事です。始めから無ければ恐怖を味わう事もないのですが、補助輪を片方ずつ外していくのは一番困難なようです。

片方のバランスをおぼえ、また、両方外すバランスをおぼえなければいけません。

普通の自転車でも、始めはペダルが取れるものを用意したほうが良いでしょう。

自転車に乗るための練習のコツ

あいてむ_鉛筆_01

スライダーの様にペダルの無いもので練習する場合、子供に特別何を教えることも無いでですが、コツがあります。自転車の向きをまっすぐにすることに集中させなければいけません。

ゆっくり蹴っていたのでは、自転車と言うのは左右に安定しない物です。

必ず、ヘルメットやひじ・膝あてをした方が良いです。若干下り坂で練習してみるのも上達が早くなります。スピードがついて、感覚を覚えやすくなります。

こぐ力を養うには昇り坂を蹴って進む練習をすると良いかもしれないですね。

その往復でかなり上達すると思います。

自転車の練習で気をつけたいこと

tameshitemiru

安全に気を付けるのは勿論の事ですが、練習中の言葉には十分気を付けてください。大きな声で叱ったり、ののしったりはやめましょうね。今日は出来なかった。。。と肩を落として帰るような事はさせないようにしましょう。

「今日は昨日より長く乗ることができたね!」

「まえより足を付けづに出来たね!」

というように必ず褒めて自信をつけさせましょう!暖かく見守るのは親の役目ですあとは、子供自身のやる気を信じましょう!

まとめ

練習のまとめとして、乗るのなら、まずは、補助輪無し・ペダル無し自転車に乗ります。そしてまっすぐ、力強く進めるようになったらその後、補助輪無しの、ペダルあり自転車で練習をしましょう!

安全な場所で、こけても大丈夫なようにヘルメット等を必ず着用し、一日公園で頑張れば、乗れる子はあっという間に自転車に乗れるようになるようです。

親は、それを安全に問題ないか見守り、優しい言葉で励まし、褒めます!そうすると、子供は、くやしいけれど頑張ろうとします。くじけない様に諦めない様にひたすら見守りましょう。

親子で自転車でハイキング!出来たりすると嬉しいものです。そうなれるように私たち親も温かく見守ってあげる必要があります。



お役に立ちましたらシェアお願いします!

関連記事広告



error: Content is protected !!