今回はマヌカハニーの効果・効能がスゴイ!ので紹介したいと思います。

「奇跡のハチミツ」

「天然の薬」

とも言われているマヌカハニーなのですが、その効果や効能には計り知れない可能性があるのです!

特に、

などにも効果を発揮してくれるとのこと!

そしてマヌカハニーの上手な食べ方と選び方についても紹介してみました。

是非、自然の偉大なパワーを知っておきましょう^^

※オススメのマヌカハニーは後半で紹介していますので必見ですよ♪

【注目記事】
>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!?<<

Sponsored Link

マヌカハニーとは!?

bee01

まずは「マヌカハニー」がどんなものなのか?についてです。

マヌカハニーは、ニュージーランド一部に生息するのマヌカの花の蜜からとれるハチミツのことです。

このマヌカはオーストラリアの一部の地域にも生息しているのですが、数が少なく、実は商品化することは難しいのです。

そのため、

現在流通しているマヌカハニーのほとんどはニュージーランド産なんですよ。

そしてマヌカってあまり聞き慣れない言葉ですが、これはニュージーランドの先住民族であるマオリ族の言語のマオリ語になります。

マオリ語でマヌカというのは、

「復活の木」

「癒しの木」

などの意味があります。

そしてマオリ族はマヌカの樹液や葉を薬として使っていたのです。

さて、

そのマヌカハニーの味は、一般的なハチミツと同じ様に美味しいです。

でも、

個人的にはちょっと後味が薬っぽい印象もありますね。

見た目は濃い目の琥珀色(こはくいろ)で、有効成分が濃いものほど色が濃くなる傾向があります。

マヌカハニーの効果・効能

cyekku01

天然のハチミツには「殺菌成分」が含まれるため、昔から世界中で食品としてだけではなく、民間医療薬として利用されてきました。

そして天然のハチミツには過酸化水素という成分が含まれています。

過酸化水素と聞くと「?」と思われるかもしれませんが、「オキシドール」と言うと消毒液などとして馴染みが深いですよね。

そうなんです!

ハチミツにはこの過酸化水素が含まれるので、怪我の殺菌にも有効ですし、体内の悪玉菌にも有効なのです。

もちろん、

マヌカハニーにもこの殺菌成分が含まれるのですが、マヌカハニーが注目されるのはもう一つの殺菌成分である、

「食品メチルグリオキサール」

が含まれているからなのです。

メチルグリオキサールとは?

この食品メチルグリオキサールは、ピロリ菌や大腸菌などの悪玉菌に対して、過酸化水素水を含む天然のハチミツよりも高い殺菌効果を発揮します。

そのため、

「過酸化水素水」と「食品メチルグリオキサール」両方を含むマヌカハニーは最高なのです!

それでは、

実際にマヌカハニーにはどのような効果や効能があるのか!?気になりますよね。

マヌカハニーの効果・効能その1:胃腸疾患の改善

マヌカハニーが日本で注目されるようになったのは、

「ピロリ菌に効果的だ!」

と言われたことが始まりです。

その為、マヌカハニーは、

  • ピロリ菌
  • 大腸菌
  • 腸球菌

などの胃腸疾患に効果的だと言われています。

マヌカハニーの中でも先ほどの食品メチルグリオキサールがより多く含まれたものを摂取することで、腸内で殺菌力を発揮します。

また、

乳酸菌などの善玉菌の活動を活発化させる働きもあるので、マヌカハニーは殺菌作用だけではなく、整腸作用もあると言われています。

マヌカハニーの効果・効能その2:虫歯、歯周病の治療・防止

海外ではマヌカハニーを使用したオーラルケア製品が販売されるほどで、その効果はかなり有効だとされています。

ハチミツと聞くと、砂糖と同じで、甘くて美味しいので、逆に虫歯などを誘発するんじゃ!?と思いがちですよね。

しかし、

マヌカハニーに含まれる糖分は虫歯の原因になりにくいとされています。

また、

マヌカハニーには高い抗ウイルス性効果があるため、虫歯菌であるミュータンス菌など細菌の抑制に効果的であり、歯垢や歯肉炎の減少にも効果的だという研究報告もあります。

マヌカハニーを用いた簡単なオーラルケアとしては、

歯や舌にマヌカハニーを塗布し1分間口腔内に溜めたままにし、その後唾液やマヌカハニーをすべて吐き出します。

その後30分間は飲食やうがいはしてはいけません。

これを続けることで、

ミュータンス菌(虫歯菌)が減少したという実験結果も出ています。

マヌカハニーの効果・効能その3:喉・鼻症状の改善、風邪、インフルエンザの予防

喉の痛みがあるときや咳が出るとき、ハチミツが良い!なんて聞いたことありますよね?

私の実家では昔から風邪の引き始め、咳が出る時は大根のハチミツ漬の汁を飲んでいました。

小さい頃はハチミツに大根!?なんて嫌だったのですが、なかなか止まらない咳でもこの汁を飲むとあっという間に治まるのです。

ハチミツじゃダメなのかな?と思っていたのですが、我が家ではなぜか大根入りです(笑)

こんな経験もあるので、

ハチミツが喉や風邪症状に効果があるということは私が実感していますが、このマヌカハニーには更なる効果があるのです。

マヌカハニーは何度も紹介しているように抗菌効果に優れているのですが、

  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸

を豊富に含んでいる栄養価が高い食材です。

そのため、

日常的に摂取することで、風邪などの予防につながるのです。

また、

インフルエンザに感染した場合、抗ウイルス薬とマヌカハニーを共に摂取することで優れた抗ウイルス相乗作用があるとも報告されています!

マヌカハニーの効果・効能その4:切り傷、火傷の治癒

怪我をした場合、

最近は傷口を乾燥させないことが鉄則となっていますよね。

この時、傷口表面にマヌカハニーを塗布しバンドエイド等で覆うという治療法があります。

マヌカハニーの抗菌作用で、傷口から汚れを取り除き、傷口表面を湿潤状態にしてくれるため、治りが早くなるとのこと。

また、

殺菌作用で雑菌の繁殖を抑えることもできます。

ニュージーランドの医療現場ではマヌカハニーの医薬製品が使用されるほど、高い抗炎症効果があるようです。

マヌカハニーの効果・効能その5:花粉症対策

マヌカハニー自体が花粉症対策になるかどうかは実はまだ定かではないようです。が、マヌカハニーには整腸効果がありましたよね?

  • 腸内の悪玉菌の抑制
  • 善玉菌の活性化

なども期待できます。

そのため、マヌカハニーによって、腸内環境を整え、免疫力を高めることはアレルギー症状を抑制できるのでは!?と考えられています。

もちろん、

一度や二度マヌカハニーを摂取しただけで体質改善することはできません。

日常的に摂取することで、花粉症対策になると期待されているのです。

マヌカハニーの食べ方や使い方

tabekata01

マヌカハニーは食べても傷口に塗布しても効果を発揮することが分かりましたね。

傷口などは治癒力を高める等即効性が期待できますが、体内での効果を期待する場合は長期的に摂取する必要があることも分かりました。

そこで次は、

マヌカハニーの食べ方や使い方についてです。

マヌカハニーの基本的な食べ方

➀マヌカハニーは1日3〜4回、そのまま食べることが基本です。

➁タイミングは食前1時間前と就寝1時間前。(空腹時に摂取すると効果的)

③1回の量は5〜15ml(小さじ1〜大さじ1)。

④口にマヌカハニーを含んで、ゆっくり味わいます。

喉や口内にマヌカハニーが残りますが、洗い流されないようにし、水分をすぐ取ることは控えたほうが良いです。

といっても、

マヌカハニーは日本で好まれる一般的なハチミチとは違って、独特な味や香りがあります。

もしこれが苦手な人は最初はトーストやヨーグルト等と一緒に食べてもOKです。

慣れてきたら少しずつそのまま食べるようにすると効果が高まります。

マヌカハニーの効果を最大限に発揮させるためには加熱しないことも大切です。

食品メチルグリオキサールは熱に対して強いので、その効果は下がらないものの加熱することで、栄養価や酵素が壊れてしまうからです。

また、

マヌカハニーも普通のハチミツと同様、1歳未満の子供には与えてはいけません。

理由は、

ハチミツに含まれるボツリヌス菌によって乳児ボツリヌス症を発症する可能性があるからです。

期待できるマヌカハニーの主な3つの使用用途

1)胃腸疾患の改善

  • ピロリ菌の抑制や殺菌
  • 消化不良の改善

のためなら、

食べ始めは1日4回、1回の量は大さじ1と多めから始めることが推奨されています。

そしてその後、徐々に摂取量を減らしていくと良いと言われています。

2)風邪の引き始め

風邪を引いてしまったときは、1日に数回ティースプーン1杯ほどをそのまま食べると良いです。

ホットミルクに入れて飲むと身体を温める効果もありますのでオススメです。

3)傷口への使い方

怪我や火傷をした場合は、傷口にマヌカハニーを塗ります。

そして清潔なバンドエイドやガーゼなどでラップするだけでOKです。

取替えは1日1回で大丈夫ですよ。

また、

スキンケアにも利用できます。

傷口への処置と同じで、ニキビケアに最適です。

この場合もマヌカハニーをニキビに直接適量を塗ると良いです。

ただしその時、垂れてこないように気をつけましょうね^^

sponsored link

マヌカハニーの選び方

gimon01

市販されているマヌカハニーは、実は商品によって殺菌・抗菌効果や濃度は違ってきます。

そこで選び方について少し紹介します。

市販のマヌカハニーには「MGO」や「UMF」という数値が記載されています。

そして他にも「TA」や「NPA」、「MGS」なども記載されていることもあります。

一見分かりにくいですが一度覚えてしまうと大したことはありません^^

MGO

マヌカハニーに含まれる殺菌成分である食品メチルグリオキサールの濃度をMGOで表しているのです。

MGOマークは1kgのマヌカハニーに何mgの食品メチルグリオキサールが含まれているかを示す規格になります。

例えば、

「MGO100+」とあればこのマヌカハニーには1kgあたり100mgの食品メチルグリオキサールが含まれているということです。

UMF

UMFはマヌカハニー特有の抗菌活性成分が同じ濃度の消毒薬のフェノールと同じ抗菌作用があることを示しているのです。

例えば、

「UMF20+」は20%の濃度のフェノールと同じ殺菌力があることを意味します。

数値が高ければ高いほどマヌカハニーの抗菌力が高いということですね。

MGOとUMFは基準にしているものが違うので、それぞれの数値の比較が難しいですが、それぞれの数値を変換するサイトもあります。

MGOしか記載されていないけど、UMFのおよその値を知りたいときなどは以下のサイトを参考にすると良いです!

参考:https://export-x.com/manuka-honey-umf-to-mgo-calculator/

TA

TAとはトータルアクティビティー検査というハチミツの過酸化水素と食品メチルグリオキサールを合わせた殺菌力の検査のことです。

マヌカハニーだけではなく、他のハチミツにもTA表記されている商品もあります。

ただしこの表記方法はMGOと過酸化水素の抗筋力を合計した数値で表記されるため、マヌカハニー特有の食品メチルグリオキサールが実際どの程度含まれているのかが分かりにくくなります。

NPA

NPAは食品メチルグリオキサールを意味する非過酸化水素のことで、NPA値が高いほど密度が濃いといえます。

NPA規格はUMF規格と同等の効果があります。

MGS

これは2010年に作られた新しい規準です。UMF自体の測定方法は誤差が大きいことなどの理由から出来た基準です。

MGS10というのは10%フェノール溶液と同等という意味です。

選び方

マヌカハニーを選ぶ際、規準とする数値は先ほどのMGOUMFがポピュラーと言われています。

例えば、

UMF10+以上、MGO100+以上のものは「アクティブ・マヌカハニー」と呼ばれていて、ニュージーランドの医療現場で使用されています。

ちなみに病院で消毒・殺菌用に用いられるフェノール水溶液の濃度は1,5〜5%程度です。

UMF10+以上であるアクティブ・マヌカハニーはかなりの殺菌力と言えますね。

健康改善目的の場合は、UMF10+、MGO100+以上のアクティブマヌカハニーを選ぶことがおススメです。

他の規格で表示されている場合はUMFで考えると分かりやすですね。

また、

症状改善のためなら、UMF16+またはMGO250+のものがおススメです。

口内炎や傷を今すぐどうにかしたい!というとき、UMF20+またはMGO400+のマヌカハニーを利用すると良いですが、このクラスのマヌカハニーは希少価値が高いもののため、価格もそれなりになります。

濃度が高くなると飲みにくかったり、クセが強かったりします。

また、効果が高いものほど価格も上がります。

価格と目的、そして続けて摂取できるマヌカハニーを選ぶことが大切ですね。そして、

  • UMFHA発行の品質保証書があること
  • UMFの表示があること
  • ロット番号が打刻された製品

これらが本物のマヌカハニーである証です。

オススメのマヌカハニー商品はこれ!

初めてマヌカハニーを試してみたい方におススメなのがeマヌカの「マヌカハニー MGO200 MGS8+ 250gです。

約2週間分で2300円(税抜)と、お試しするにはお手軽価格です。

ただし、

この製品はMGOマヌカハニーとレワレワハニーとをブレンドしたものなので、マヌカハニー本来の抗菌作用は劣ってしまいます。

また、

キャンディータイプもあります。

マヌカヘルス社が出している▶︎「プロポリス&マヌカハニーMGO400+キャンディー 100g」は携帯しやすく、食べやすいです。

そしてMGOが高めなので、喉症状改善に良いです。

そして比較的購入しやすいマヌカヘルス社の商品「マヌカハニーMGO250+250g」です。

これは天然のマヌカの木から採取されたハチミツで製品化されています。

MGOが250なので、症状改善の効果が期待できる殺菌作用がありますよね。

マヌカヘルス社はキャンディーやMGO値のバリエーションも豊富なので、自分の目的にあったマヌカハニーを探しやすいのでおススメです。

また、

正規輸入なので安心・安全ですよね^^

⇒【マヌカハニーMGO200+/250g】試験分析書&政府標準MGS認定証付き ニュージーランド産

まとめ

いかがでしたか?

奇跡のハチミツ、天然の薬などと最近非常に有名になってきたマヌカハニーについて色々ご紹介しました。

普段良く目にするハチミツ自体も様々な効果がありますし、保存食としても用いられます。

そして化粧品など美容関係でも幅広く利用されていますよね。

でも、

それを更に上回るのがこのマヌカハニーです。

私もネットショップの検索ワードでよく目にしていて気になっていましたが、お手軽に試せるというほど安価ではないですよね(^^;)

種類も様々ですが要は、UMFかMGOの数値が高いものほどその効果が期待できると言うことなんですよ。

でも、数値が高ければ高いほど値段も比例して高額になりますし、味や匂いにもクセが出てきます。

UMF16+やMGO250+あたりのクラスが価格・効果共にバランスが良いとされています。

でもやはり初めて試してみるにはちょっと抵抗が・・・という私みたいな方には先ほど紹介したキャンディータイプのものから始めてみるのもいいですね。

1日3〜4回食前に摂取と考えるとちょっと面倒だなと思ってしまうわけですが、このキャンディータイプなら食べやすいですよね。

マヌカハニーは空腹時の摂取が良いとも言われていますし、ちょっとしたときに口にしやすいかなとも思います!

また私が気になったのはマヌカハニー含有のハンドクリームです。

「MISSHA(ミシャ) Moist 24 Hand Cream Manuka Honey モイスト 24 ハンドクリーム (マヌカハニー) 70g」というものです。

ハチミツ含有のハンドクリームやリップクリームは以前から愛用していて、香りと良い感触といい気に入っていたのです。

マヌカハニー含有ということで、抗菌作用も期待できますよね。

これは感染症が流行りやすい冬場に良いのではないかな!?と思い、早速試してみたいと思っています。

マヌカハニーは非常に素晴らしいことをご紹介してきましたが、ご紹介した以外にも様々な効果・効能はあります。

しかし、

花粉症対策に関しては、確実な効果の報告はまだ確認されていないようですので、マヌカハニーを摂取したから「絶対!大丈夫!」という訳ではないのです。

健康な身体作りを目的として、

毎日決まった量を正しく摂取して、続けることが1番大切

たくさん摂取したから効果が上がるわけではないですからね。

まずは自分の目的にあったマヌカハニーを見つけることから始めてみましょう!

⇒【マヌカハニーMGO200+/250g】試験分析書&政府標準MGS認定証付き ニュージーランド産

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ