この記事では2017年のお盆休みの期間が一般的にいつからいつまでなのかを紹介しています。

1年間の休みの中でも気になる存在の「お盆休み」!!

  • 自宅でゴロゴロするのも良し!
  • 帰省してお墓参りするのも良し!
  • 地域のイベントやお祭りに参加!
  • プールやキャンプ場に行ったり
  • 近場の海外に旅行に行ったり!

など、いろいろ出来そうですよね( ^∀^)V

今年のお盆休みはいつからいつまでなのでしょうか!?

今年のお盆休みの期間は一般的には8月11日(金)〜8月16日(水)となっています。

ただ、全員が当てはまる訳ではないと思いますのでこの記事で詳しく紹介していますのでぜひ、参考にしてみてください。

また、年末年始がいつからいつまでなのかも知っておくと予定も立てやすいですね。

>>>年末年始はいつからいつまでの期間!?in 2017~2018年

【注目記事】
>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!?<<

Sponsored Link

お盆休みの「お盆」とは!?

プリント

「お盆休み!お盆休み!」と言っても「お盆」が何かを知っておかないと始まりません^^

お盆の由来(歴史)を簡単に紹介しますね。

お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)、または盂蘭盆(うらぼん)と言います。

また、「お盆」というのは日本特有の行事で、一般的にはご先祖様・亡くなった人たちの霊を祀る(まつる)行事のことを指します。

【日本のお盆】の期間

  • 8月13日 迎え火(ご先祖様を家に迎える)
  • 8月16日 送り火(ご先祖様を送る)

この8月13日~16日4日間のことを一般的にお盆と呼んでいるわけですね。

(ただ地域によっては、違う日の場合もあります。)

詳しくは▶︎【お盆】お供え物・迎え火・送り火などの仕方で紹介しています。

つまりこの【お盆の期間】というのは祖先の霊を崇拝する期間なので、多くの企業ではお盆休みを取るようになっています。

2017年の「お盆休み」の一般的な期間はいつからいつまで!?

では2017年の「お盆休み」、一般的な期間はいつからいつまでなのでしょうか?

実は地域によってお盆休みの期間が異なります。

東京などの都心部では、

お盆の期間は7月13日~16日までの4日間なのですが、今年は17日が海の日で休祝日になるので、5連休になる人も中にはいるかもしれませんね。

そして地方(一般的)では、

お盆の期間は8月13日~16日までの4日間なのですが、昨年度から8月11日が山の日になりましたよね。そのため、

  • 8月11日(金)山の日(祝日)
  • 8月12日(土)土曜日
  • 8月13日(日)日曜日 【お盆】
  • 8月14日(月)【お盆】
  • 8月15日(火)【お盆】
  • 8月16日(水)【お盆】

8月11日〜8月16日までの6連休になる人も中にはいるかも♪

この13日や16日は前後することがありますが、「15日」を含むことには変わりません。

そして旧暦のお盆の15日というのは満月の日という意味があるそうです。

※旧暦で年中行事が行われていたころには7月15日が中心になっていましたが、現在では新暦の7月13日から15日まで、ないしは8月13日から15日までというのが一般的になっています。

企業によって「お盆休み」は違ってくる!?

では、銀行や郵便局・病院などはお盆休みがどの様に関係してくるのでしょうか!?

働いている人も利用者も気になるところ!

お盆休み中、銀行は営業してる!?

bank01

お盆休み中の銀行(金融機関)などの営業はどうでしょうか?

実は銀行の休みは「銀行法施行令」で定められているんです。

そしてこれによると銀行が休みになるのは、

  • 祝日
  • 土曜日
  • 日曜日
  • 12月31日〜翌年の1月3日(年末年始)

です。つまり、世間はお盆休みでも、カレンダー通り銀行の窓口は営業しているんですね。

もちろんATMも同じですので本当に助かります。

お盆期間中に結婚式などで新札が必要でも何とかなりそうですね♬

お盆中の郵便局は!?

yuubinn

お盆中の郵便局もいつも通りの営業になっています。

そのため、窓口業務及び郵便配達、ゆうパックも暦通りですね。

ちなみに郵便配達の中で速達、書留がありますが、こちらも年中無休で配達しています。

不在で書留やゆうパックを受け取れなかったりした場合は、ゆうゆう窓口が設置されている郵便局であれば24時間受け取る事が出来ますので安心です。

ちなみに本人以外の人が書留などを受け取る際は、

  • 不在票
  • 代理人と受取人本人の住所が同じであると証明できるもの
  • 印鑑

があれば受け取ることが出来ます。

お盆期間中の医療機関は!?

kusuri

そして、お盆期間中は銀行などは営業していますが、医療機関(クリニック)はお休みであることがほとんどです

救急はありますが、混雑具合が凄まじいです。

子供がいる場合は、お盆前は体調をできるだけ整えておき、予備として薬をもらえるのであれば、かかりつけからもらっておくと良いでしょう。

そして、帰省先や旅行先の救急情報を出発前に調べておくことも大切です。

私も皮膚が弱いので湿疹などの薬は事前にもらっておきます。

そして鼻水程度のお薬や解熱剤ももらっておきます。あるだけで安心ですからね。

あとはお薬手帳母子手帳もあれば準備万端です!

あとがき

いかがでしたでしょうか!?今回はお盆休みの期間はいつからいつまで!?【2017年版】ということで紹介しました。

我が家は今年もお盆休み期間中は両実家に顔を出してあとは家族でのんびりの予定です。

全国では各処で盆踊りも開催されていますね。

私は最近、盆踊りの起源(由来)について理解しました。

昨年から8月は山の日も制定されましたので、人によったら大型連休にもなるかもしれませんね。

しっかりとご先祖様を供養して残った時間は有意義な時間を過ごしたいですね!

そしてそれぞれのお盆休みがあると思いますがあなたはどんなお盆休みの過ごし方をしますか!?

もし、お盆休み期間中に海へ行く場合はくれぐれも注意してくださいね!

>>>お盆期間中の海は幽霊がいっぱいで危険って本当!?

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ