夏にはお中元、冬にはお歳暮。

当たり前といえば当たり前なのですが、この違いって知っていますか!?

今更この二つの違いを人に聞くのは少し抵抗がある人も中にはいますよね?

そこでここでは、人には聞きにくいお歳暮とお中元の違いについて紹介したいと思います。

また、

この二つの送る時期についても紹介してみましたのでちょっと人には聞きにくい一般常識を再確認しておきましょう!

【注目記事】
>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!?<<

Sponsored Link

お歳暮とお中元の違いって一体何!?

oseibo01

お歳暮とお中元といえばどちらもワンセット的なイメージが強いですよね!?

実は決定的な違いがあります。

  • お中元・・・半年間(1月~6月まで)の感謝と相手の健康を願う
  • お歳暮・・・一年間の感謝と翌年への引き続きのお付き合いを願う

意味合いは”感謝の気持ち”でほぼ変わりありません。

決定的な違いは時期です。

しかし、

来年の付き合いのことを含めるとお中元よりもお歳暮の方が一般的に重要視されています。

「お歳暮」と「お中元」の贈る時期は!?

marubatu

せっかく気を利かせて送ったつもりがその時期を間違えてしまったら恥をかいてしまいます。

基本的にここで言うお歳暮とお中元の時期は届く日のことを言います。

また、

「関東」と「関西」とではその時期も違ってきますので注意しましょうね!

  • 【関東】お中元:7/1~7/15、お歳暮:12/1~12/31
  • 【関西】お中元:7/15~8/15、お歳暮:12/13~12/31

同じ国内なのに送る時期が違うのには驚きですよね。

特にお中元に関しては全くその時期は違いますので間違えないようにしたいですね!

関西の人が関東の人に贈る場合は特に注意したいですね。

※上記の時期をズレて贈る場合はお歳暮・お中元の表書きは変わってきます。

お中元の時期がズレた場合

お中元の時期が少しズレてしまった場合は表記が変わります。

「お中元」➡︎「暑中御伺(しょちゅうおうかがい)」と変わります。

表記は、「暑中御見舞」という表記になります。

立秋以降は、

「残暑見舞い」➡︎「残暑御伺(ざんしょおうかがい)」

表記は、「残暑御見舞」という表記になります。

御歳暮の時期がずれてしまった場合

  • ※松の内 御年賀
  • 松の内以降から「寒中御伺(かんちゅうおうかがい)」

2月4日頃は「寒中御見舞」という形になります。

※松の内というのは、正月元旦〜15日位までの事を言います。

流石にここまで知っている人はいないかも知れませんが、逆に知っているとすれば上出来すぎるくらい立派な日本人です^^

まぁ、

ここまで知っている日本人ってかなり少ないと思います。

sponsored link

お中元、お歳暮を贈る相手ってどこまでの範囲!?

kannsyanokimochi

時期に関してはだいたいわかりましたね。

では、

みんなどれくらいの範囲の人にお中元やお歳暮を贈っているのでしょうか!?

基本的に「お中元」も「お歳暮」も相手への感謝の気持ちの表れです。

かといって「あの人にも〜、この人にも〜」というのはお金もかかって大変だしやめる時期も難しいですよね。

では、

何を基準に決めればいいのか!?

私が意識していることを紹介したいと思います。

  • 今後の御つきあいがあるかどうか!?
  • 続けて贈る気持があるかないか!?
  • 相手の負担にならないか!?

これらを考えて決めるとすんなりまとまるかも知れませんね。

では、

今後の付き合いは無いかもしれない。。。しかし、

「今年はすごく御世話になった。。。」

と言う場合ってどうすればいいのでしょうか?

個人的には、お中元・お歳暮にこだわらず、何処かに行った時に”お土産”を買ってみたりするのもいいかも知れませんね。

その方が、相手にも負担になりませんし素直に受け取れる気がしますよね。

お中元、お歳暮って何を贈るの!?

oseibo001

お中元、お歳暮の相場は大体5,000円~10,000円です。

親戚や友人となると3,000円の所もあります。

「お中元」の定番は夏場ということもあり、

  • ビール
  • ジュース
  • そうめん
  • デザート

この辺りが定番ですよね。

贈る相手の家族にお子さんが多い場合、子供向けのジュースやゼリーなどを贈っても喜ばれますよね。

お歳暮の定番は、

  • ハム
  • ソーセージ
  • お肉
  • フルーツ
  • スイーツ
  • 御酒

ですね。

【お歳暮で人気が高い贈り物】

年末・年始に家族や親戚が集まったときに、みんなで楽しめるものが比較的多いですね。

また、

お中元に比べると、お歳暮の贈り物の方が、若干相場が高いかも知れません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

おっけんみんな知っているような風習のお中元とお歳暮なのですが、掘り下げてみると意外としたなかったこともあったのではないでしょうか?

ただ、

日本の風習だからといってあれもこれもするのは無理ですよね。

失礼のないように、そして自分自身の負担にならないようにしたいですよね。

お中元もお歳暮も「感謝の気持ち」なので、その気持ちさえあれば金額的に安くても全く問題はないと思いますよ

金銭的に負担を感じる場合は、

お中元の場合は「暑中ハガキ」を書いてもいいかも知れませんね。

「お歳暮を送るほどでは無いけど感謝の気持ちは伝えたい!」

そんな時は年賀状に気持ちを込めてもいいわけです。

ぜひ、

自分のスタイルにあった感謝の気持ちを伝えることができればいいですよね。

最近はお中元・お歳暮ともに【早割り】のサービスを利用するかなりお得に送ることが出来ますので利用しましょうね!

また、

年末は年越しそばを食べる人も多いかも知れません。

その年越しそば、いつ食べるのが正しいか知っていますか?

「そんなの年越す前でしょ!?」

と思った方もそうでない人も次の記事で全てを紹介してみましたので、ぜひあなたの豆知識に入れてみてくださいね。

>>>年越し蕎麦はいつ食べるのが正しい!?

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ