さかむけ、ささくれの違いって何?原因と予防法について!

健康雑学

この記事ではさかむけ、ささくれの違い。

そして、

その原因や予防法について!も紹介しています。

冬によくできてしまう逆剥け(さかむけ)やささくれ。

出来てしまうとちょっとした事で「痛い!」ってなりますよね。

この厄介な逆剥け(さかむけ)やささくれの原因や対処法、そして予防法について紹介しますね。

「逆剥け(さかむけ)」と「ささくれ」の違いは?

まず「さかむけ」と「ささくれ」の違いなのですが、実は意味としては同じ意味を指しています。

状態としては指の爪の周囲や、根元に出来る皮膚がむけた状態。

同じ意味を指しているのですが、

西日本では・・・「さかむけ

東日本では・・・「ささくれ

と多く使われているようです。

よく、

「親の言う事を聞かないから出来るんだよ!」

と私は小さいと時に言われましたが、これは「不摂生しているからささくれができた=親不孝」という説によるものらしいですね。

そもそもささくれの原因は何なのでしょうか。

逆剥け(さかむけ)・ささくれの原因

ささくれの原因として言われているのが、

  1. 日常生活における手肌の乾燥
  2. ネイル・ジェルネイル
  3. 栄養不足や栄養の偏り
  4. 体調不良・血行不良
  5. ストレス

などが原因とされています。

1)日常生活における手肌の乾燥

日常生活の中では手肌の潤いを奪う機会がたくさんあります。例えば、

  • 乾燥した空気
  • 洗剤使用する水仕事
  • 手洗い
  • 入浴時のシャンプーやボディーソープの使用

色々ありますよね。

つまり水仕事ならゴム手袋の使用や、こまめにハンドクリームを使用する事で手肌を乾燥から守る事が最も大切なのです。

2)ネイル・ジェルネイル

指元のオシャレも実は関係している事があります。

  • マニキュア・ジェルネイルなどのリムーバー
  • ネイルケアの一環としての甘皮除去
  • アルコール消毒

なども原因となってしまい、ささくれができる事があります。

リムーバーの使用は爪以外の皮膚には付着しないようにしたり、過度な甘皮除去もしないように気をつけるようにしましょう。

3)栄養不足や栄養の偏り

  • 皮膚の原料にもなっている「タンパク質」
  • お肌の状態を健康に保つ「ビタミン類」
  • ミネラル

これらが不足すると、ささくれができやすくなってしまいます。

タンパク質は人間の皮膚や筋肉を形成する為には必須の栄養素です。

また、

ビタミン類(A,C,B2,B6,E)は皮膚の粘膜や健康に関わってくる重要な栄養素でもあります。

そして、

ビタミンをきちんと吸収する為には「ミネラル」が必要になってきますので、これらをバランスよく摂取する必要があります。

4)体調不良・血行不良

そして体調不良であったり運動不足などによる血行不良も原因となり得ますので、適度な運動は心がけたいですよね。

5)ストレス

お肌は心の鏡と言われるほど、ストレスは肌にでやすいです。

ストレスが溜まると体内の血管が収縮し、皮膚に取り込まれる酸素が減少してしまいます。

そして、

ストレスによって皮膚の細胞が入れ替わる”ターンオーバー”の周期が乱れがちになってしまいます。

すると、

  • 肌のバリア機能や免疫機能が低下
  • 肌荒れを起こしやすくなる

そしてそれらが治りにくい状態となってしまいます。

また、さかむけだけでなく、

  • シミ
  • くすみ
  • シワ
  • たるみ
  • 乾燥
  • 小じわ

などの症状も現れることがあります。

そして、ストレスは自律神経のバランスを崩したり、ホルモンバランスにも影響を与えます。

やはりストレスはなるべく溜めない様にしたいものですね。

関連記事:白髪にストレスは関係ない!?

さかむけ、ささくれが出来てしまったら・・・・

では、出来てしまったささくれ・逆剥け(さかむけ)はどうすればいいのでしょうか?

ついつい引っ掛かったりするので、皮を剥いで痛い思いをした事ってありますよね。

ささくれは、決して引きちぎったりしてしまってはいけません。

また、

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました