この記事では台風一過とは?どんな使い方をすればいいのか!?また、極端な晴天の理由!について紹介しています。

さて、台風のニュースを聞いていると台風「いっか」と言う言葉を耳にしますよね。

誰にでも経験あるかと思いますが、小さい頃はこの「いっか」を「一家」だと思っていませんでしたか!?

一家を家族と思っていて、台風が何個も来ると勘違いしていたんですよね〜。

実際は台風「一過」です。

そこで今日はこの「台風一過」についてです。

そして、台風が去った後、物凄く暑くなったり、今までの荒れ模様は何だったの!?と思わせるような晴天の理由についても紹介したいと思います。

【注目記事】
>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!?<<

Sponsored Link

台風一過とは?台風一家とは違う!?

耳からの情報だと「いっか」=「一家」ともとれてしまいますよね。

台風一過の言葉の意味をまずは調べてみました。

「台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。」(出典:デジタル大辞泉)

台風情報で聞く台風一過の意味は前半の部分ですよね。

後半の騒動が収まり〜という意味は物事の騒動を台風に例えて使う場合の意味ですね。

また、一過と一家それぞれの意味も調べてみました。

「一過」・・・さっと通り過ぎること。(出典:デジタル大辞泉)

「一家」・・・一つの所帯。一つの家族。家族全体。(出典:デジタル大辞泉)

意味から考えると、やっぱり台風一過と台風一家は別物です!

そもそも、台風「一家」という気象用語は存在しませんからね。

台風一過の正しい使い方とは?

台風「いっか」の違いが分かったところで、本来の台風一過の正しい使い方も紹介したいと思います。

『台風一過となった本日、九州地方は高気圧に覆われ、午後から秋晴れとなりました。』

このような文言は、天気予報などで耳にしませんか?

台風が過ぎ去ったあと、いいお天気になった様子を表しています。

『台風一過の空が、格段に澄んでいます。』

これも同じ様に、台風が過ぎ去った後はそれまでの悪天候が嘘みたいに澄んだ空ですよね。

『タイムセールの混雑が済み、台風一過の店内です。』

これは、お天気の様子ではなく、台風一過の意味の後半部分ですね。

タイムセール中はごった返していた店内でも、セールが終わると今までの混雑や騒ぎがなかったかのように静かになる様子を例えた使い方ですね。

sponsored link

台風が去った後の気温上昇と晴天の理由

さて、先ほどの例文にもあったように、台風一過の空は晴天であることが多いです。

そして、外に出るとすごく暑かったりしますよね。

これはなぜでしょうか?

先ほどの「高気圧に覆われ」というのがポイントになります。

台風は反時計回りで回転しながら移動します。これにより、周りの空気を取り込んでいます。

台風が日本の東側を通ると北の冷たい空気を引き寄せます。

また、西側を通ると南の湿った空気を引き寄せることになります。そのため、台風が去った後、気温が上昇するのは、台風が太平洋高気圧を引き寄せた場合ということになります。

逆に北からの空気を取り込んだときは台風のあと寒くなるのです。

また、夏場の台風は、熱帯の暑い空気を引き寄せるため気温の上昇と晴天となるのです。

※台風が去った後、必ず暑くなったり、晴れるという訳ではないのです。

台風の進路などによって変わるんですね。

また、この台風が引き寄せる空気の他にも理由があります。

台風によって空気中のゴミが無くなるのです。

台風の後って空気が澄んでますよね〜。

これによって、太陽光が直接当たりやすくなるので気温が上昇しますし、晴天になるのです。

さらに、夕焼けもきれいなんですよ。

これも空気中のゴミが少なくなっているからなのです。

まとめ

いかがでしたか?台風一過と台風一家、子供の頃の聞き間違い、書き間違い、勘違いですよね^^

台風自体は災害や被害などあまりいいものではありませんが、台風一過という意味はどちらかと言えばいい意味合いで使うことができますね。

また、台風一過は9月の時候の挨拶として用いることも出来ますよ。

台風の接近中と通過中は激しい雨風ですが、台風が過ぎ去ると本当に気持ちがいいくらい晴れることが多いですよね。

もちろん、そのまますっきりしないお天気の場合もありますが。。。

私の住んでいる地域では夏場、台風が去った後、気持ちのいいほどに晴れますが、熱風がすごいんです。

でも、秋になると台風毎に涼しくなっていきます。

これは台風の通り道によります。これから台風の時期になりますが、今年は甚大な被害がないことを祈るばかりです。

近年は台風でなくてもゲリラ豪雨や突風など天気の急変があるので、常に油断できないですね。。。

また、暑がりの人や汗っかきの人は辛い時期でもありますよね。

>>>暑がり・汗っかきの対策と原因について

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ