今回は白髪染めによる私たちの体への影響について紹介してみたいと思います。何やら色々話を聞いていると白髪染めやヘアカラーなどの毛染め成分には発ガン性があるやら何やら。。。

 

これから毛染めをしていこうと考えている人や今までに髪の毛をいじり倒してきた人からすればかなり気になりますよね!?なので今回私も色々調べた上で美容師の友人にも聞いてきました。

 

果たして巷で騒がれている毛染めによる発ガン性物質の真偽とは!?


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

白髪染めは本当に害があるのか!?

白髪染めを始めオシャレ染めをする人って若い人からお年寄りまでたくさんの方が利用されています。しかし、そんな毛染めの成分に発ガン性物質が含まれていると聞いたらどうですか!?躊躇しますよね!

 

答えを始めに言ってしまうと害はあります。(大なり小なり)

 

今やドラッグストアでも手軽に毛染めは買えてしまいますし、10代後半〜20代にかけては髪を明るくしてみたり色んな色にしてみたりと使用用途もバラエティです。

 

そんな手軽に手に入れることのできるヘアカラー剤なのですが、体に害があると聞くと購入するのも迷ってしまいますよね。

 

しかし、加齢により白髪は増えてしまいますし白髪を隠すためにはどうしても白髪染めは必須だと思います。ではそんな発がん性があると言っていますが、どの成分が発ガン性を持っているのでしょうか!?

白髪染めやヘアカラーに含まれる発ガン性物質

白髪染めなどのヘアカラー剤にはいろいろな成分が入っています。その中でも毒性の強いものを幾つか紹介してみたいと思います。

 

  • パラフェニレンジアミン
  • ジアミン
  • レゾルシン
  • アミノフェノール
  • 過酸化水素 など

 

これらは毛を染めるために作られた染毛剤であるために皮膚の延長線上でもある頭皮に付着すると強い刺激を覚えます。中でもジアミンという成分は、国際がん研究機関 (IARC)が認定するほどの発がん性物質ということなのでその成分が人体にあまりいいものではないというのは容易に理解できると思います。

 

白髪染めを使っているとこんなことってないですか!?塗布した時は何も感じることないのだけど、頭に染料をつけている時間が長引くと頭皮がチクチクしたり場合によったら痒くなったり。。。これは先述した成分が頭皮に対して何らかの反応を表しているものなのです。

 

また、頭皮についた毒素というのは体外に排出されることなく、逆に蓄積されてしまうことからアメリカのガンの調査機関でもヘアカラーをしている女性はリンパ腫を患う可能性が50%以上も増加するとまで言われています。その他にも、

 

  • 頭皮や顔のただれ
  • 再生不良性貧血
  • 貧血
  • 腎臓障害
  • アナフィラキシーショック
  • 発ガン性

 

などの危険性があるとも言われています。そして回数が増えるとその分、人体に及ぼす危険性も増えてしまいます。

 

体内の毒素を分解してくれる肝臓も上記の毒素(化学成分)に関しては分解できないですので、日に日に蓄積されていくことになります。

 

そんな恐ろしいものを頭に塗っていたのか!?と恐怖すら覚えそうですが、白髪の多い人からすると白髪染めはしなくてはいけませんよね。

 

ってかヘアカラー(白髪染めを含む)を何十年も定期的にしているけど体は元気だしガンになんてなってないよ!?って人もいると思います。

 

もちろんこれらを使ったからすぐに病気になったりガンを発症するわけではありませんが、そのリスクは軽減したいですよね!?そこで、少しでもそれらのリスクを軽減するためにも白髪染めなどのヘアカラーを使う際には頭皮に染料がつかないように塗布するようにしてください。

 

ただこれを実践するだけでもかなり軽減できます。実際、美容室で髪の毛を染めたりする場合もベテランの美容師は頭皮に染料を付着させません。

 

美容室で毛染めをしている人は比較的まだ安全な方法で毛を染めているということになります。

 

なのでドラッグストアなどで手軽に購入出来る市販の毛染め剤は、安価で手に入れることができ、自分で手軽に施術出来る分、上記のリスクも伴っていると言えます。

 

「んじゃ、どうすれば安全に白髪を染めることが出来るんだよ〜!」

 

って人にお勧めしたいのが、天然の植物成分のみで作られたヘアトリートメントです。その中でも「ヘナ」や「ルプルプ」、「利尻ヘアカラートリートメント」などはかなり人気でリピート率もかなり高いです。

 

次のページではそんな髪や体にも優しい天然素材のシャンプーやトリートメントをランキング形式で紹介していますので、1度目に通しておくといいかもしれません。

 

>>>白髪染めシャンプーおすすめランキング!ベスト3はこれで決定!

 

そして、トリートメントは時間もおかなくちゃいけないし、中には面倒を感じる人もいるかもしれません。そんな人には「いつも使っているシャンプーを変えるだけ!」でお馴染みの「利尻ヘアカラーシャンプー」を強くお勧めします。

 

もしかすると「あ!それ知ってる!でも本当に染まるの!?」って人もいると思いますので、次のページではその真偽について追求してみました。

 

>>>【続き】利尻カラーシャンプーは染まらないって本当?


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ