ひつじのショーンを観てみるとまず始めに気になるのがあの人形たちなのですが、とっても表情豊かですよね!?言葉こそ話す事は無いのですがその身振り手振りで何を伝えたいのかが良く分かると思います^^

 

つい最近ショーンを観ていて息子に質問されました。

 

「ねぇ、お父さん!この人形ってどうやって動かしているの!?ラジコンなのかなぁ??」

 

って聞かれたのです。正直私もどうやって作っているのかが分からなかったので「ごめん!分からないから調べてみるよ!」と言って調べる事になったんですね。

 

そういうこともあって今回の記事は「ひつじのショーン」は何処でどうやって作られているのか?と言う事に着目してみました。

【注目記事】
>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!?<<

Sponsored Link

ショーン達はどうやって作られている!?

色々調べていると実に様々なことが分かってきました。正直私はショーン達はプラモデル的なものなのかと思っていたわけですが、粘土で出来ていたんです。しかもかなり精度の良い粘土です。

 

粘土の中には実際の動物のように可変させる為の骨組みが仕込まれていて、様々な動きを可能にしているんです。しかも、この「ひつじのショーン」はとても撮影に時間が掛かる様で、約6秒のシーンを撮影するのに1日を費やすこともあるようです。

 

それを沢山のスタッフで複数のスタジオにて並行に撮影しているようです。1話が約7分くらいですから1つのスタジオで撮影したと考えると単純計算で約70日もかかってしまう計算になります。

 

これは大変です!さすがにこれは分担して撮影しないとオンエアに間に合わないですね。

ストップモーション・クレイアニメーション

ひつじのショーンはストップモーション・クレイアニメーションと言われていて、ショーンの様に粘土を使用しているものはクレイアニメーションという技法になるようです。

 

私の知っているクレイアニメの中でカペリートなども結構有名かもしれません。

 

カペリートもNHKの教育番組で度々放送されていていますし不思議な魅力あるクレイアニメですね。何故か鼻を「パフパフ」させる事で、頭のキノコの笠の部分が色々な物に変形してしまうんですよね(^^)

 

とても可愛いですね^^

 

このアニメを作るのにもかなりの時間と手間が掛かっていると思うと自然にアニメの細かい色んなところを注視してしまいますし、これを作っている人のカペリートに対しての想いや心の温かみまで感じてしまいますよね^^

 

人間は凄いです(^^)

ショーンが撮影されているアードマン・アニメーションズとは!?

Aardman Animations Ltd

Aardman01

本社所在地・・・イギリス(イングランド・ブリストル)

設立・・・1972年

事業内容・・・ストップモーション/クレイアニメ製作

引用元:wiki

 

スタジオの中を紹介している動画を発見しましたので載せておきますが、とっても広いですよ!この会社!しかもとてもアットホームな感じで皆仕事をしています。観ているこっちも制作側の気分になってしまいます。

 

こんな職場が日本にもあるといいなぁと感じてしまう動画です^^

 

 

上の動画を観てみると分かるのですが、改めてショーンを撮影するのにはかなりの時間が要されているんだなぁと感じます。しかも、ショーンのアニメは他のクレイアニメと比べてとても細部に職人さんのこだわりが施されていて、映った画面の隅々まで観ていても飽きさせないといった工夫がされています。

 

いやぁ、ここで働いている職人さんの顔はとても生き生きしていますし、本当にこの仕事が好きなんだなぁって感じます(*^。^*)

 

私が以前働いていた会社もそこそこ社員の意欲や向上心は高かったと思っていたのですが、アードマン社と比べるとまだまだですね。。。アードマンの方が断然良いです^^

 

こんな会社が増えてくればもっと仕事に生きがいを感じる人が増えるのかもしれません。アードマンは素晴らしい会社です!!

 

sponsored link

ひつじのショーンが映画化!(観ました!最高でした!!)

そんな素敵な会社で制作されている「ひつじのショーン」ですが、何と2015年の7月4日に映画化です!!

 

映画の内容はショーンとその仲間と牧羊犬のビッツァーが牧場主を救う為に都会に乗り込むといった設定になっています。もちろんCGなどは一切使わずに今まで通りのストップモーション・アニメーションの手法で制作されているようですので、莫大な時間が費やされているのでしょう!!

 

この映画、子供達と実際に見に行ってきました!!いや、マジで楽しいですし、テレビでは観る事の出来ない羊たちのアグレッシブな行動には瞬きすら許されないぐらいの展開の速さです!

 

もちろん笑いあり!貴重なショーンの涙シーンもあり!と本当に楽しむことが出来ました!

 

これぞストップモーション・クレイアニメーションの極意とも言える作品になっていますので、是非まだ観ていない方は「ひつじのショーン 映画」で検索してみて下さいね^^

 

現在はDVDでも借りることができますので、ぜひ視聴してみてくださいね。(2016年現在)

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ