ライフスタイル雑学

小学校のPTA役員で楽な仕事は?選出方法はどうやってる!?

今回は今話題の小学校のPTA役員についてご紹介したいと思います。

 

小学校に限らず、保育園・幼稚園、中学、高校と『役員』という仕事はあると思うのですが、話題になるのは小学校のPTA役員ですよね!

 

そして、正直あまりいい話って聞きませんよね。でもやっぱりPTAがいないと行事が成り立たないことも確かです。

 

実は私も次年度PTAの本部役員を打診されています!今まで、

 

「PTAって大変そうだな〜」

 

と他人事のように思っていたのですが、実際私がその立場になるかも知れず、今更ですが小学校のPTA役員について事前調査をしてみました。

 

また、PTA役員で楽な仕事や選出方法についてもご紹介したいと思います。

小学校のPTA役員の必要性って何!?

そもそも、PTA役員をやりたがらない人が多いのになぜPTAはあるの?って思いませんか?

 

小学校によっても、PTA活動が盛んであったり、ほとんどなかったりするようですが、全く無いという小学校って無いですよね?

 

そして任意加入と言いつつも、小学校からの引落し名目に『PTA会費』ってありませんか?(笑)

 

先日、ママ友と「これじゃぁ、全然任意じゃないよね、強制だよね〜」と話していました。

 

さて、そのPTAの正式名称は『Parents and Teacher Association(ペアレンツ アンド ティーチャー アソシエーション)』の略で、保護者と教師の団体という意味です。

 

つまり、児童の保護者と先生が協力して児童の健全な成長を図るための組織ということなんですよ。

 

例えば、入学式や卒業式、そして運動会などPTA会長のお話ってありますよね?あと、PTAからの記念品贈呈など。

 

記念品を贈呈するためにPTA会費を徴収して、PTA役員を選出するわけではありませんが、式典の準備、運動会などの行事の手伝いはPTA活動の一つなのです。

 

PTA活動がなければ、これらは教師の仕事となり、負担軽減のため多くの行事がなくなるかもしれません。

 

そして、これらのPTA活動をまとめるためにはPTA役員が必要となるのです。

 

もちろん、行事のほかにもみなさんがよくご存知のベルマーク集計や古紙回収、安全パトロール、広報誌の発行など様々な活動がありますよね。

 

これらはすべて子供たちのための活動で、それを行うためには保護者の協力が必須となります。よってPTA役員が必要となるのです。

小学校のPTA役員の種類と内容

それでは、小学校のPTA役員にはどのような種類があってその仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

 

これは地域や小学校によっても異なりますが、今回は一般的なものを挙げてみようと思います。

 

まず、私が打診されているPTA本部というものがあります。ここには、

ー役職ー ー仕事内容ー
会長 PTAの代表且つ対外的な仕事が多い
副会長 会長の補佐、その他学校内の雑務の取りまとめの仕事
書記 総会やその他の会議等で記録をつける
会計 PTAに関係する金銭の取りまとめ役

本部役員は学校内はもちろん、地域の行事や学校同士の行事など多くのことに関わっていきます。

 

本部役員とは別に、クラス役員と言われるものがあります。これは各クラスから毎年数名選ばれる役員です。

 

このクラス役員は基本的にはそのクラスや学年のことを担当する役員です。

 

小学校や地域によって活動は様々なので、どのような仕事内容があるかは一概には言えませんが、

  • 学年委員長
  • 副委員長
  • ベルマーク委員
  • 広報委員
  • バザー委員
  • 運動会委員

など、行事毎の係りに当たることが多いようです。また、6年生になると、卒業委員などがあり、謝恩会の担当というものもあります。

小学校のPTA役員で楽な仕事は?

では、気になるPTA役員の中でも楽な仕事です^^

 

1 2
ABOUT ME
HAYATO
四国ミカンの国で活動しています(^^)v 2児のパパなので子供ネタも多いですが、個人的に気になった話題を中心に記事にしています!是非読んでみて下さいね☆
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!