最近は女性の社会進出も大きく進み、共働き世帯もかなり増えてきました。

しかし、

一方では全国的に離婚も増えていてその原因として今回の共働きが原因とも言われています。

当然、

共働きにはメリットも大きいですがデメリットもあります。

そこで今回はそんな共働きが上手く行く秘訣やコツについて行くつか紹介できればと思います。

【注目記事】
▶︎子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!?◀︎

Sponsored Link

共働き夫婦ってどんな生活スタイルなの!?

まず気になるのは共働き夫婦の生活スタイル。

我が家は共働きではないので、実際に友人の共働き夫婦の生活スタイルをリサーチしてみました。

ご存知の通り共働き世帯でも、

「子供がいる場合」「いない場合」ではかなり違ってきます。

まず、「子供がいる共働き夫婦の場合」です。

【妻】

1:朝一番に起きて、朝食と夕食の準備

2:身支度をしてから子供と夫を起こす

3:出勤

4:夕方、子供を迎えに行く

5:夕食の仕上げをしながら子供をお風呂に入れたり、翌日の準備をし、夕食

子供を寝かせつけると、家事を行い、12時までに寝れれば良いそうです。

この友人の家庭では帰宅後の子供のお世話の途中で、旦那さんの食事の準備等が入るそうです。

【夫】

1:準備された朝食をとり、子供を送迎しながら出勤

2:帰宅後は準備された夕食をとり、自分の時間

お友達のスタイルですが、明らかに妻の家事負担が多いですよね!

続いて、子供がいない共働き夫婦の場合です。

こちらは子供のお世話や送迎などがありません。

でも、

基本食事の準備は妻の担当。

洗濯、掃除も大体妻が多いようです。

共働き夫婦が抱きやすい不満の原因とは?

お友達の生活スタイルでしたが、子供がいてもいなくても、家事のほとんどを妻が負担しているようです。

これでは妻の不満が爆発するのでは?と思いますが、不満を抱いているのは妻だけではなく、夫側にもあるようです。

夫の場合

  • 仕事の忙しさは夫の方であるのに、家事を妻と同じ様に分担するように言われること。
  • 積極的に家事に参加しているつもりなのに、一つ一つ妻からのチェックが入ること。
  • 「なんでできないの」「なんでやってくれないの」という言葉を投げかけられること。
  • お互い疲れてしまって険悪な空気が漂っていること。

妻の場合

  • 夫は「手伝ってあげている」と思っていること。
  • 家事も育児もすべて他人事であること。
  • 忙しそうにしていても気付かないのか、夫はくつろいでいること。
  • 一度やっただけで、満足して続かないこと。

夫側も妻側もそれぞれ言い分があるようです。

このような状況が毎日続けば離婚につながるのも分からなくはないですね。。。

sponsored link

共働きで上手くいく5つの秘訣やコツ

それでは、共働き夫婦の生活スタイルや、不満が分かったところで、共働きで上手くいくための秘訣やコツをご紹介したいと思います。

(1)しっかり話し合う

コミュニケーションは大切です。

共働きであることで険悪になっているのなら、お互いが働く理由を納得し合うことが当然大切ですよね。

また、

そうなる前に共働きをする意味を話しておき、家事分担などを決めておくのも良いかもしれません。

そうすることで仕事と家庭、そして育児が両立できるはずです。

不満は溜め込まず、小出しに伝えていくと良いのでは?とも思います。

(2)夫には具体的な指示を出す

よく聞く声として、妻は言わなくても夫に空気を読んで欲しいと思っているようです。。。が、夫は言われればできるのにということが多いようです。

そのため、

夫にして欲しいことは事細かに指示を出してあげると上手くいくと聞きます

お友達のご家庭では、分刻みで何をして欲しいかと指示を出すとしっかりこなしてくれるそうです。

でも、

今日やってほしいことをまとめて言うと全くできていないとか。

(↑これは当然と言えば当然ですよね)

夫は察してはくれないと割り切って指示を出すことで家庭が上手くまわることが多いそうです。

(3)感謝の気持ちを大切にする

これはお互いにですね。

でも、

夫に対しては大袈裟に感謝すればモチベーションがあがり、次も頑張ってくれるのです^^

(4)相手に依存しない

共働きはお互いの協力がなければ成立しません。

そのため、

相手がどうにかしてくれるだろうという考えはやめましょう。

理想は譲り合いですよね。

とはいえ、

一人で抱え込むのもよくはありません。

困ったときはお互いに頼り合えることも大切ですね。

sponsored link

(5)完璧を追求しない!

共働き夫婦は完璧を求めすぎないこと!

  • 買出しは夫婦の休みに揃ってまとめてする
  • 一緒につくりおきをしておく
  • 掃除は毎日しなくても大丈夫

等可能な限り揃った休みに行うと良いですね。

また、

新三種の神器といわれる、

  • 食器洗い乾燥機
  • ロボット掃除機
  • 洗濯乾燥機

などを利用することでも、家事の負担が減るかと思います。

買い物はネットスーパー、料理は調理するだけの物を利用したりするのも随分楽だと思います。

最近は「魅せるミールキット」などを利用している家庭も結構多いようですので、負担を軽減しようと考えている方は利用してみては!?

▶︎魅せるミールキットとは?話題の食材宅配で自宅の食事が変わる!?

また、

家事代行を利用している共働き夫婦もいるようです。

夫婦だけではなく代行を利用することが家事負担の軽減につながり、結果上手くいくということもありますよね。

時代は常に変化していますので、その変化の波にうまく乗ることで自ずと体の負担は減ってくるはずです。

共働きで仕事する時間は今まで通りなのに、これまでと同じことしていたら身体はもちません。

出来るだけ負担を軽くすることを考えていきたいですよね。

まとめ

いかがでしたか?共働き夫婦を見ていると、本当に大変そうに見えます。。。が、手を抜けるところは抜くことで、専業主婦より働いているほうが楽というお友達も結構いたりしますよ。

仕事に育児も加わると大変ですが、最近は子育て支援も充実してきているようです。

私の住んでいる地域でも、小学生の場合は地域のおじいさん・おばあさんが学校の施設を利用して、放課後1時間ほど宿題を見てくれたり、見守りをしてくれます。

そのため、

学童などを利用しなくても、校内で1時間、その後学校周辺の習い事に通わすことでお母さんの仕事から帰宅して夕食までの時間にゆとりが出ると言っていました。

なかなか環境によって難しいこともありますが、何より共働き夫婦が楽しく過ごせることを第一に考えてみましょう♪

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ