子育て

赤ちゃんの奇声はいつまで続くの!?5つの原因と効果的な対処法!

赤ちゃんの奇声っていつまで続くのでしょうか?

「キャー」とか「ギャー」といった赤ちゃんの奇声ですが、家の中ならまだしも、公共の場でのいきなりの奇声はドキッ!としますよね。

しかも、

それが長ければ長いほど疲れます。。。

「もしかしてうちの子、自閉症か発達障害!?」

こんな心配までしてしまいます。

そんな赤ちゃんの奇声なのですが一体いつまで続くのでしょうか!?

この記事では、赤ちゃんの奇声はいつまで続くのか!?

そして、

赤ちゃんの奇声にはどんな意味があるのかについて紹介しています。

赤ちゃんの奇声はいつまで続く!?

婦人科の先生曰く、

一般的に赤ちゃんは生後3ヶ月、4か月頃から発声の練習を始め、遅くても2歳頃までには落ち着いてくると言っていました。

初めは「アーアー」や「ウーウー」などから始まり、ムニャムニャした声を出すようになります。

 

そしてどんどん声のボリュームもあがり、生後5ヶ月頃になると奇声を上げ出す赤ちゃんも多くなります。

この頃の赤ちゃんは聴力が発達してきていますので、自分の声が分かるようになっています。

 

つまり、

自分の出した声が聞こえてくることに楽しさを感じて、奇声を発するのだそうです。

また、

赤ちゃんはまだ言葉が話せない為、自分の気持ちや欲求をこの奇声で表現していることが多いわけです。

なので、

伝えたいことが言葉や行動で表現できるようになると、この奇声も落ち着いてくるわけですね。

 

年齢でいうと、幼稚園に入る3歳頃には落ち着いている場合がほとんどです。

赤ちゃんの奇声がいつまで続くのか!?という断定的な答えはないものの私の経験上、1歳後半から2歳になるくらいまでには落ち着いていましたよ。

 

また、

奇声がいつまで続くのか?というのも気になりますが、赤ちゃんが何故奇声を上げるのか!?を知っておくと子育てが楽しく感じることもあります。

>>>赤ちゃんが可愛い!子育てが楽しいと感じる5つの瞬間とその為の秘策

赤ちゃんの奇声には意味がある!

riyuu

赤ちゃんの奇声は気持ち欲求によって大きく分けて5つのタイプに分けることが出来ます。

そこでここでは、5つの奇声の原因と奇声をあげたときの効果的な対処法を紹介しますね!

1)赤ちゃんの奇声:楽しいとき

ƒvƒŠƒ“ƒg

赤ちゃんは楽しかったり,嬉しいときでも奇声を発して,この気持ちを表しています。

この時は笑顔で手足をバタバタさせて喜んでいること多いので一目で分かると思います。

 

さて、

このときの対処法ですが、自宅と外出先の場合で対処はちょっと違ってきます。

楽しんで奇声を発しているとき,赤ちゃんは自分の声が大きく出ていることを楽しんでいますので、その時は、

「大きな声が出たね~」

と褒めてあげるといいですね。

 

でもこれが外出先、特に電車やバスなど公共機関だと周りに迷惑になってしまいます。。。

赤ちゃんは楽しくて興奮しすぎても奇声を発します。

大好きなお出掛けで「キャー」となってしまうことも少なくはありません。

 

だからといって、

家では褒めてるのに外出先では奇声を発したらいい顔されないと赤ちゃんも混乱してしまいます。

そこで日頃から、楽しんで奇声をあげてるときでも、

「大きい声が出たね~」

と褒めながらも笑顔で「シー」と口に指を当てて奇声は良くないことを教えてあげると良いのです。

 

それを繰り返しているうちに赤ちゃんも「キャー」という大きな声はあまり良くないのだということが意識的に分かって、徐々に静かにすべき場合を理解するようになります。

ご機嫌で奇声をあげているときは,褒めて,シーと教え,そして他の遊びに変えてあげると,赤ちゃんのご機嫌を損ねることはありません。

 

例えば、

手足をバタバタさせながら喜んでいたら、足を持ってあげて屈伸運動のようにしてあげるとか、こちょこちょして笑わせてあげるのもいいですね(^^♪

こういう時、

赤ちゃんって本当に可愛いよな〜って思ってしまいますよね!

 

また、

大きな声を出した瞬間に、ママの手を赤ちゃんの口に当てて,「アワワワ~」となるようにしてあげても楽しめますよ。

そうすることで、楽しいときや興奮したときの大きな声が奇声の「キャー」ではなく、笑い声やアワワワに変えていくことが出来ますよ。

この方法はかなり効果があって、以前何かの子育て番組でも紹介されていました。

 

つまり、

楽しいときの奇声はやめさせるのではなくって、他の表現の仕方に変えてあげることで赤ちゃんもストレスを感じにくいのではと思います。

2)赤ちゃんの奇声:怒っているとき

okooru

思い通りにならないときって、誰でもありますよね。

それは赤ちゃんも一緒です。

例えば、

ご飯を出すと「ギャー」、お風呂に入れようとするといつもはニコニコなのに「ギャー」なんて泣いたことありませんか?

1 2 3
ABOUT ME
HAYATO
四国ミカンの国で活動しています(^^)v 2児のパパなので子供ネタも多いですが、個人的に気になった話題を中心に記事にしています!是非読んでみて下さいね☆
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!